Владивосток−лучше всех!
( ウラジバストック ルシェ ヴセェフ )
ウ ラ ジ オ ス ト ク は 最 高 !

 

 四日目、浅井さんが用意してくれた朝食券を無駄には出来ないので頑張って10時ぎりぎりでレストランに滑り込み。さすがに2時間ほどしか寝てないのでそれはもう大変。この日はジャズフェスティバル最終日のフィナーレでのロシアのミュ−ジシャンとのSessionDay。しかし、前日の出し切ったエネルギーが残っている訳がなく、おまけに昨晩の2次会での大盛り上がりでの超寝不足状態。そんな中、セッションの前に4人で3曲ほど演奏したのだが、これが以外にも昨日の勢いを思い出したのか、またしても割れんばかりの拍手喝采を頂き、おまけというか何かこのツアーには神様の御加護でもあるんじゃないかと思わざるをえないような錯覚にまたしても感謝するしかなかった!
 Sessionは当初2曲の予定が、ホーンプレイヤーが当然のことながら7〜8人の列をなし、楽しみに順番を待っているし、他にもギター,キーボード,シンガーなど10人を超えるロシアのプレイヤー達が目を輝かせているので急遽4曲に増量。正直、もう来る事は中々考えられないのでとことん付き合うことに4人全員がステージ上であうんの呼吸で確認しあって、オーディエンスも含め会場内全員で素晴らしいひと時を過ごせたのが、超寝不足というプロとしてはやってはいけない状況下の中、ハートフルなフィナーレを飾ることができ、何より、何よりだった!!
 
寝不足の中、追加ステージ(もう何も出まへ〜ん!)   フィナーレでのセッション
客席は2階席まで超満員!!
 ただ、個人的にはこの日のハイライトはこのフィナーレではなく、会場入りする前に寛さんと二人で食事をするのにカフェテラスに入った時のことだ。(残念ながらあまりのパニック状態でここでの写真がありません) これまで去年のツアーからずっ〜と必ず通訳の方がいての行動だったので、全くの孤立状態に免疫がなく、お店で順番を待っている間、どうゼスチャーすればいいのか、そればっかりを考え、しかもメニューはロシア文字でそれが何であるかは当然のことながら分かる訳もなく、直ぐ前の人のがそこそこなら同じ物を言うつもりが、全然見たこともないないようなのをオーダーしていたので順番が回ってきた時にさらにパニクり、遠く高い位置にあるメニューボードのそれらしきものを指でさして、それをデュバー2つ下さいと言ったら、即英語のメニューを出してくれて結局は事なきを得たのだが、自力はやっぱ面白かった〜!! 今度またロシアに来れるような時にはレストラン用語を少し勉強しておかないとと思ったりはしたが、寛さんとの二人以外は全てロシア人の中にいるのが妙に面白くて、にたにた笑ってばかりの食事タイムが最高だった!!

 

 
ウラジジオストク駅:ここからシベリア鉄道が始まります   駅舎内の天井にも絵が。文化レベルの違いを痛感!
   
かわいいよね!!   ウラジオストク駅のプラットホーム   タクシーはやっぱり黄色でした!

 

 五日目。とうとうこのツアーも残すところ明日の帰国のみとなってしまった。この日の予定は朝食後の市内観光と夕方からの領事館公邸でのレセプション。昨年のウラジオはあっという間の素通りで、ホテルと会場の往復しか体験しておらずこの日はとても楽しみな一日。まずはデパートにスーパーマーケットにとお土産を考慮に散策と物色。ウラジオストク駅に「ホテルヴィーナス」の撮影ロケ地を見学。昨年滞在したベルサイユホテルのすぐ近くを歩き回り、見覚えのあるストリートやビルディングを再確認してるとすっかり夕方になってしまった。楽しい時間はほんと早いよね!
   
ホテルヴィーナス すぐ横のロケ地   ボルシチが美味かったレストランを発見!
 
あ〜、懐かしのストリート   路面電車に乗れなかったのが残念!
 いったんホテルに戻り着替えをしての領事館公邸でのレセプション。去年はここでロシアの方々に涙腺を緩めさせられたなあ〜! 今回は国の行事ではなく総領事のプライベイトレセプションで、それでもウラジオストク市長をはじめ、幾人かのロシアの方々の話を聞き、昨年もそうだったがとても美味しいお料理をご馳走になった。
公邸中庭、紅葉まっさかり!!(左から:ヒロシ,アリョーナ,まさよ,私)

 

   
公邸でのお料理 : オードブル   カ  ニ   お  寿  司 
さすがに日本のシェフの作るお料理はお口に合うんだなあ、これが!! 

 

 ここまで、ロシアに来てから何のトラブルもなく最終日の帰国の途に。去年はウラジオからユジノサハリンスクに飛んだんだが、空港までの途中でバスがパンクし、結構ハラハラしたのをみんなで思い出し、「ここ、ここっ!」とパンク修理現場を確認。それでも何事もなくスムースに空港に到着し、いよいよ出国手続きに入った。が、しかし、やっぱりロシアはただでは帰らせてもらえんかった! なんとここから寛さんのヴィブラフォンを乗せる乗せないで約2時間の押し問答。ようやくの事で高い高いチャージを払わされて通関したが、搭乗まであと僅か。免税店で何も買えずとうとうウラジオストクとお別れ、一路関空(関西国際空港)へ!! 2時間もの間、空港でずっ〜と見守ってくれてた領事館の方々、今回も色々とありがとうございました!!

 

         Досвидания!!  (ダスヴィダーニャ:さよなら)
        
Спасибо !!!  (スパスィーバ:ありがとう)

 

   
にしても、いややっぱマジで疲れたわ〜   でも、そこはやっぱり関西人。最後はキメまっせぇ〜!!
( 関 空 に て )

 

 あ〜、また行きたいなあ〜〜・・・・・・・・

 

 2004.10.14〜19 ウラジオストクにて

HOME

(c)2003-2005 Shintaro Nakamura All Right Reserved.