ほんとに奇跡が起きたとしか言いようがない、昨年に続いてのロシアへの再訪に、まずは今回のツアーのご協力して頂いた全ての方々に心から感謝とお礼を申し上げたい。

 

Здравствуйте!
(ズドラーストヴィチェ:こんにちは)

 

 去年、東京駅に集合した時の緊張感がどこか懐かしかった今年の東京駅のプラットホーム。ツアーのお客さん達共々の集合だが、今からホントにロシアに行くのかなあと思えるほどのリラックスムードについうかれてしまった。 新潟へ向かう新幹線の中,新潟駅から新潟空港へ向かう空港バスの中,そして空港ロビーでの、どこかもうすっかり熟知しているかのようなノリで、一路ウラジオストクへと向かった。今年は去年のメンバーにヴィブラフォンの藤井 寛(かん)さんを迎えてのツアーだ。
 ツアーの方達と駄弁っている間にアッという間にウラジオストクに到着し、さっそうと昨年ゲット済みのロシアの防寒帽子 ШАПКА(シャプカ)をかぶって飛行機のタラップを降りた。その雄姿を写真に撮ってもらおうと、今回荷物持ちで来ていた岸ミツアキのお弟子さんの尾崎君(ニックネームは新幹線の車中で‘コザッキー’と命名された)に頼んだ所、ロシアの空港関係者に撮影を禁じられ、その姿を納めることができなかったのが今回のツアーでもっとも悔いの残るものとなった。
 
ウラジオストク空港ロビー   ウラジオストク空港ロビー
 と、まあ、大げさに言ったものの昨年通訳でずっ〜とお世話になったアリョーナが休みを取ってまで空港に出迎えてくれて再会の抱擁をするや否や瞬時に雄姿の事など忘れてしまった辺り、この世界に長くなったなあとつくづく思ってしまうのであった。

 

 今年の空港からの道は渋滞もなく、まずは10分程走った所のレストランでお食事タイム。去年の国賓級のもてなしと違い、今年は庶民的な食生活を楽しむ予定。それでもやっぱり カニ は美味かった!
 丸尾ウラジオストク総領事に日本センター所長の浅井さんが30分遅れでこのレストランに到着し、いよいよ今回のツアーの始まり。というのは、この‘お二方’のご尽力があっての実現だからだ。今回はウラジオストク一(いち)の高級ホテル(ヒュンダイホテル)に5泊。昨年、実はこのホテルに滞在の予定が満室でベルサイユホテルになったのだが、ロシア的空気感はベルサイユの方が断然良かったなあ。勿論いいホテルなんで不満は一切ないが、このホテルのオーナーがなんと大阪は池田という関西出身の田中さんという方で、一分で馴染めてしまったのは後々大変やり易かった。

 

 二日目の朝、いつもそうなんだが旅の二日目は枕が変わるのでかなりの寝不足状態。それでも朝9時にメンバー全員揃ってホテルでの朝食。
これに別メニューでオムレツをオーダーして頂きました!
 まずくはないが5日間共メニューが変わらなかったので最後はさすがに飽きてしまったが、朝食は全て浅井さんのポケットマネーなんでやっぱりここでも感謝。(浅井さ〜ん、遅すぎますが、ご馳走様でした〜!!)
   
ホ テ ル 正 面   スカイラウンジからの眺め @   そ の A(金角湾が一望)

                     

 この日は夜にこのホテルのスカイラウンジでの演奏。その為のリハを昼の1時から始めたのだが寝不足もあってか、かなり集中力を欠いてしまった。日本でせっかくしっかりとリハをやって、後は軽く流すだけのつもりが全然さっぱりで、去年の‘張り’はどこへ行ったのやらと悲しくなるほど。そして去年もそうだったんだがなにせ大陸性気候なんで日本に比べてかなりの乾燥で、ベースがうっすらと一回りだが膨らんで、弦高が ポン と上がってしまい楽器の調整に時間とエネルギーを取られ、分かっていたとはいえ結構辛かった。ただ一つ、救いは膨らんだベースが何よりいい音を出し始めたことだ。去年は余りの良さのこの状態に逆に戸惑うほどだったが、今年は待ちに待ってた変化で、今回の旅前からの一番の楽しみ! より大きく,より温かく,より鋭く,そしてより遠くに届くという、ベースプレイヤーにとってはこの上ないご馳走のような音。その甲斐あってか、夜の演奏は満員の中、まあそこそこの演奏がやれたんじゃないかなあ。日本からツアーで一緒に来ていた方々に加え、昨年大変お世話に
 
スカイラウンジでの演奏  その @   その A(なんか昨年の続きみたい!)
なった領事館及びロシアの方々がほぼ全員顔を出してくれて、それが何より嬉しかった。(加山雄三ならこの辺で鼻を2〜3回こする感じかなあ。ちと古いか?!)
 
夕食は去年も来たカフェテラス   去年も食べたロシア風水餃子
 ラウンジでの演奏の前に明日playするホールを少し覗いて会場のチェックをしたのだが、昨年セッションで一緒にプレイしたミュージシャン達がそれぞれのバンドでやっていて、まあ何と懐かしいことか! その中で、ロシアで人気,実力ともに No.1の評価を得ているテナーの Butmanカルテット(発音的にはブートマン。バットマンではありません。)を聞いたのだが、流石にいいバンドだった。スタイル的にはモダンでブロータイプ。(注1) ウエイン・ショーターがお好みのようなバンドカラーで、ドラマーもスゥイングしていたし一番いいというのはうなずけた。
 その Butman がその後我々の演奏しているラウンジにやって来て、一曲だがSit In。(注2) このセットでは司会件通訳のオレーシャも唄で二曲 Sit In といい感じのセッションタイムになったのも有意義だった。
   
コンサート会場の海軍将校会館   会館横の掲示板のポスター   岸グループのこんなポスターも 


☆   ☆   ☆   ☆

 そしていよいよ三日目、正直、自身にとっても今年最大の‘日’。前日のButmanのグループを見ていてPAのモニターにやや問題点があるようなのでリハの時にモニターは全て off ってもらい去年のコンサート同様、客席にぐっと近づいた位置にセッティングし、最後の仕上げのリハをした。相変わらず膨大な量のシカケを設けていたので、本番でどこまで上手くやれるか、自信はなかったがミツアキもヒロシも勿論寛さんも、みんなロシアに着いてからは慎重な体調調整をやってきてたので(寛さんなんかはツアー前日も自宅で朝まで猛練習で、2時間だけの仮眠でロシア入り。その後もホテルの部屋で本番当日まで一人黙々と練習を重ねるという、ほんと尊敬できる先輩です!)、準備における不満足感はなく、妙にリハも上手く進み、ちょっぴり嬉しいような、逆に勇み足を踏まぬよう、気を抜かずに本番まで keep できるようにとメンタル面は結構忙しかった。

 

 近くのチャイニーズレストランでみんなで食事をとり、というのもロシアのレストランはオーダーしてから出てくるのにもの凄く時間がかかり、本番前に無駄な時間を取られたくなかったのと、ズバリ安いという重要なポイント基準でオートマチックに決定されたといういきさつ。しかもこちらも東洋人なので口に合わない訳がなく、みんなでがやがや皿をつついての腹ごしらえ。
   
この日の午前中に行われた記者会見   会見後、記事を書いてくれた記者と   その新聞記事
   
ま、どこにでもある中華ですね   コンサート会場内(リハやってます)
 四日間に渡るウラジオストクジャズフェスティバル、三日目のトリに組まれた岸ミツアキトリオ+1。たっぷりめの休憩の後に司会者の紹介でいよいよいざ出陣!一曲目は Undecided。去年は日本に帰ってきてからも何の曲を一曲目にやったのかを思い出せないくらい緊張していたのだが、さすがに2回目ともなれば忘れてしまうような事はなかった。
 入念なリハを日本からずっ〜と繰り返し繰り返しやってきてたので、スタート直後から快調ないい感じで、一曲目が終わるや否や日本だとアンコールで手を叩くようなリズムをいきなりロシアの方々から頂き、それはもう言葉にならないくらい幸せな瞬間が冒頭からやって来た!個人的にもベースソロ後の会場の大多数の方から最大級の拍手と歓声で、そうは味わえない喜びと幸せな時間を過ごさせてもらったと思う。二曲目以降もその快調さはへたることなく、全十数曲殆んど全てに大歓声を頂き、もうたまらなかったなあ!!!(寛さんのアンサンブルワークも練習の甲斐あって、ほんとお見事でした!!)
本 番 の ス テ ー ジ
 
みんな 衣装 は おとなしめ ・・・?   ヒロシもいい感じでスゥイングしてました!
(写真で紹介できないのが残念ですが、岸ミツアキのロシア語トークはもう手慣れた粋でロシア人も大満足!!)  

 

 前日の Butman のグループも素晴らしい評価を得ていたが、一枚350ルーブルの Butman のCDが3枚売れたのに対して、日本から持参していた岸ミツアキの CD「マジカル ジャズ カフェ」(一枚400ルーブル)の50枚がたった10分程で完売したという数字は何よりもの嬉しい証しで、国際試合に勝利したスポーツマンのような気分で、大変なご苦労で今回の公演を Set して頂いた丸尾総領事と浅井さんにこれで何とかお返しが出来たことが何よりも嬉しかった!!
 4月の中頃からこの日の為にありとあらゆる考えられる起こりうる様々なケースを試み、体調面,状態面など、これ以上ない準備をやってきたおかげで今年最大の楽しみを楽しめ、おまけに更なるベースワークのヒント(これは企業秘密です、悪しからず!)もゲットできたし実り多いツアーになったように思う。

 

 コンサート終了後、ツアーの方達はこの日の夜が最後なんで総領事の計らいでしかる場所を設けて頂きみんなで打ち上げをした。が、ここで総領事が先ほどまでいた所でスパゲッティをオーダーしていたので「さっと食べてきます」と出て行ったのはよかったが、ここからが大変なことになったのだ。ウエイトレスがやって来てオーダーを取りに来たのだが、ロシア語をしゃべれる人が一人もいない!! メニューは当然のことながらロシア語。誰一人分かる訳がなく、ここから岸ミツアキが働いた働いた何を喋っても一緒なので、なりふりかまわず日本語とゼスチャー。約20分の格闘の末、ようやく飲み物とヌードルらしきものをオーダーすることができ、料理も出てきてこれで何とかひもじい思いをせずに寝れると思ったその時、「や〜、おまたせ〜!」と外交官らしく実に平和的笑みをたずさえて総領事が戻ってきた。一部始終説明し、散々クレームをなんと総領事に浴びせたが、何事もなかったかのようにウエイトレスを呼び、さっさっさっと追加オーダーをして、その後は落ち着きを取り戻せたのだが、いや〜、ほんま、そんなんなしでっせぇ〜! まあおもろかったからよかたようなものの。
 2次会はヒロシ夫妻の部屋にかなりの人が集まり朝方までぺちゃくちゃ。次の日も予定があるっちゅうのに、やっても〜たなあ・・・・・。

 

 
 街  の  様  子   これ、デパートなんです
 
第3金曜日は広場で市場が開かれます   路面電車(見たらわかるっちゅうね!)
ウラジオストクにもタイガースカラーが?!

        

(注1)ブロータイプ : 荒っぽく、時には力強いスタイル。管楽器奏者
              に多く見受けられる。
(注2)Sit In     : Session で参加するという意味。

HOME 第二話

(c)2003-200
5 Shintaro Nakamura All Right Reserved.