24-26  марта  2006

ХАБАРОВСК

ハ  バ  ロ  フ  ス  ク
/24
 もうほんとにすっかり手慣れた!まるで国内旅行のようでお互い確認し合うこともなく、集合(朝の10)した東京駅から新潟空港を経てハバロフスクへ。フライト時間は約2時間。今回のダラビア航空の飛行機は整備不良の心配など一切ないような真新しい機体だったのでまずは一安心!
通関時(夕方の6)も何事もなく、現地で色々とお世話になる通訳の長身 バジム に今回のツアーの面倒見役の地方政府局のとてもチャーミングな(おばさま)ライーサ さん達に出迎えてもらい、空港から30分程のドライブでまずはホテルのチェックイン。移動用のマイクロバスはなんと2年半前に来た時に活躍したものと同じ車だった!
                     
                   通訳の バジム      ライーサ おばさま

 今回のホテルの部屋はとてもキュートでいい感じ! 前回の時の一流感はないもののきれいで清潔な感じはとても良く、今後ハバロフスクにくる人にはオススメです!(ザリャホテル、ロシア名で“ЗАРЯ”)
       

   シャワーカーテンと洗面台     シングルルーム     部屋の扉           ホテル 正面

 
 ホテルに荷物を放り込んでまずは腹ごしらえ。今回は当初の話から打って変わってホテルでの朝食を除いて全てロシア料理を食べさせてくれるとのことでめっちゃ楽しみ!到着日のディナーのその第一弾は、各テーブルに歌(この日はボーカルが二人にギターの三人組)をサービスしてくれるレストラン。私たちのテーブルにもさっそくやって来てくれて歌ってくれたんだがこれがなんと宮川泰作曲の‘恋のバカンス’。サービスとはいえ日本語バージョンとロシア語バージョンで歌ってくれたんだが、通訳のバジムによるとロシア人の殆んどの人はこの曲をロシアの曲と思っているそうです。

 このレストランの料理は過去2回(2003年&2004年)の時のロシア料理より更にロシア色の強い感じで、もちろん味は ハラショー(‘Good’の意味)!お店の感じも百パー ロシアって感じで初日から正直ヤバイです。
                 
         こ !!      ‘恋のバカンス’熱唱後のご挨拶 ♪〜
             

            ご  馳  走  の  数  々           ご当地の地ウォッカ,あて付き
 
 ただ、今回は色んな都合で自分の楽器を持参することが出来なかったので、明日あさってにかけてお借りする楽器がどのようなものかホントに心配で、これまでこのようなケースでまともな楽器だったことが一度もなく、も一つ言えばほかのベースプレイヤー(日本,海外を問わず)の話でも常に最悪だったので、基本‘あきらめ’でという気持ちが頭の中を支配するあまり盛り上がり切れなかった。でも今回も初日から初回(2003年)に匹敵するほどの手厚いもてなしで大変光栄な気分でした。
Я люблю Хабароврск!!
(ヤー   リュブリュー                   ! !
   大 〜 !!

/25
 初日の到着時の気温が−2℃で夜が−3℃。この日は昼間が1℃と道端には少々の雪が残っているもののかなりしのぎ易い感じで、せっかく持参したシャプカ(ロシアの帽子)がぎりぎり要らないかもみたいな気温でほぼ夜用のみって感じ。
   
1年半ぶりの シャプカ           ホ  歩
 この日は2003年の時に訪問した音楽学校へ再度参上して、講師の先生方とのJam Session を生徒達に聞いてもらうという授業の一環に出席。丁度モスクワから今回のハバロフスクミュージックフェスティバルに出演するバンドのドラマーとエレベの奏者も来ていたので彼らに私が加わってのユニークなツインベースのトリオで生徒達に聞いてもらった。モスクワでも指折りのプレイヤーとあって大変面白い中々の演奏がやれたと思ったんだが、どうも先生連中の に比べて生徒の方はやや冷めた感じかなあ、印象的には。これは前回訪問した時にも感じたことなんだが、ロシアのバンドはジャズバンドといっても全国的にベースはエレベ,タイコはペタペタのロックチューニング,ピアノもキーボードといった具合でアーコスティックな Jazz への関心は今一つ。というより を聞いたことが余りないから知らないと言ったほうが正しいかもしれない。実際、学校でのその演奏に生徒達は興味津々。いくら知らないと言っても基本的に音楽を判断する感覚はみんなしっかり持っているので反応は素早く的確!さすがにクラシック王国といった感じの印象は前回と変わらなかった。
  
学 校,まずはセッティングから     エレベはYAMAHAの6弦ベース
 
 午前の授業で生徒達と交流を深めた後は、今回のミュージックフェスティバルのメインスポンサーであるCD&オーディオショップの経営者とのご面会で、お店まで出向いてご挨拶に。このお店の
CDの在庫量はかなりなもんでした。
 
    メインスポンサーのCDショップ   店内:最上段はビートルズのレコード
 
 次に組まれたスケジュールはハバロフスク日本領事館の公邸に招かれて、長内総領事,中谷副総領事との昼食会。そもそも今回はハバロフスク地方政府局からの依頼で、領事館が間に立って橋渡しをして頂き実現したという経緯。2003年の前回も公邸には招かれていたんだけどその時は水道管破裂の為に急遽取り止めになってたんで、今回は是非とのことで招待してくれました。メニューはなんと今朝築地から届いたばかりのトロの刺身にうな丼!とても美味しかった!!
    
      いわゆる 表 札 ですね     前列左は長内総領事,右は中谷副総領事 
 
 この日のスケジュールはとにもかくにも盛り沢山で、足早に公邸を後にし今度は前回の時に宿泊したインツーリストホテルで地方政府局主催の歓迎レセプションに出席したのだがこれがとんでもなく凄かった!! 11人のロシアの娘さん達(全員がティーンエイジャー)が民族衣装を身にまとい、歌うわ踊るわおまけに歓迎のダンスやゲームにも借り出され、それはそれはそう簡単には触れられない代物を拝見&体感させてもらいました。これが今回のツアーのメインメニューと言ってもいいんじゃないかと思われるほどめちゃめちゃ盛り上がり、つい大はしゃぎしてしまいました!! この後に肝心の演奏が控えてるというのに、いい年をして大人げもなくやっちゃいました。

扉を開けるとそこは異国だった! 歓迎セレモニーのはじまりはじまり〜!!
   
娘さん達の歌声はほんとに素晴らしかった!!   ロシア人でさえ中々見れないそうです(通訳 バジム 談)
      
           一 緒 に ダ ン ス !!             条 件 反 射   
一番手前の上下真っ赤の衣装のアコーディオン奏者はかなりの腕前でした!
 

 が、そんな最高に浮かれた気分からものの10分で最悪の状況が待っているとは誰が予測出来たでしょう。このホテルを出る直前にライーサさんから知らされたんです、コンサート会場(ドラマ劇場)にピアノが無いことを!
 この知らせに三人とも完全に固まってしまい、しばらく立ちすくんでしまいました。私自身も久々の絶句でとにかく会場へ行くことに。告知どおり舞台には確かにピアノはなくロック用のエレピが3台置いてあるだけ。一応音は出してみたものの日頃生(なま)ピアノ、しかも殆んどグランドピアノしか弾いていない人間がいきなりキーボードを弾くというのは、ボーリングの選手にカーリングをやらせるようなものでやれる訳がない。当然公演中止を考えなければならない。その間にこちらはお借りするベースを見てくれとのことでチェックしにいったのだが、これがまたエレピ状況に肉薄するほどの楽器で、日常エレキベースを弾いているプレイヤーの持ち物だからメンテナンスは全く行き届いていない。専門的な話で申し訳ないが、弦高(弦と指板の隙間)は殆んどなく指板も波打ちそこらかしこほぼ全域でノイズが発生する有り様で、私自身、今回のツアーの為に都内のJam Sessionに顔を出し、慣れない楽器に慣れておこうと少々の経験を積んで来たのだが、更に上回る想定外の楽器の状態にまたしても立ちすくみ、ピアノがエレピでなければ私の方で公演中止のNGを宣言したいほどだった。こうなるとタイコは勿論ペタペタのロック用。三人共それぞれのポジションで立ちすくんでる姿をちらっと見た時に一瞬笑いが込み上げて来てしまった。でもこの瞬間、後々の思い出話のネタになるだろと思いっきり軽薄に短絡的に考え公演決行を決心したのだ。ステージ上の楽器の配置を決めサウンドチェックを済ませたらもう夜の部の開始時間でリハーサルはなし! 三人共関西人なんで「もう、え〜え〜!!」と捨てぜりふを吐いて楽屋へ。ツアー出発前日に三人でかなり入念なリハをやってきていたのだが全て廃棄処分で全曲代替品。楽屋で口だけで打ち合わせをしてまさにぶっつけ本番。Jazzだからそれでも演奏は可能だけど、とりあえず出番前に公演中止を考えたことと満足な演奏は出来ない事の‘ことわり’をステージ上で通訳を通して聴衆に一言お話をしてから演奏に入っていった。三人共自分の事で精一杯で一曲目の途中まではそれぞれが楽器にあたふたし、私もドラムのヒロシも明らかにてこずってたんだが、開始5分程が過ぎた辺りだろうかリーダー岸ミツアキが突如抜群の集中力とリラックス感の状態に入り始め、このとんでもないハンディーキャップを物ともせずバサリと跳ね返し、まるでいつもの手慣れた楽器を操るかの如く見事なまでにスウィングし、冒頭の‘ことわり’が全くの ウソ のようにほんとに素晴らしいパーフォーマンスをやってのけたのだ!! 私もヒロシも終始悪戦苦闘の連続でどうにもならない50分間だったが、詰め掛けた聴衆はリーダーのグレートなサウンドメイクに瞬時の反応で、割れんばかりの拍手と声援で応え予想だにしない展開で終わってみれば感動的な公演になった。あっぱれ ミツアキ!!

   
   位置決めしかできなかったリハーサル      ( ぶ っ つ け )  本    番  !
 
 娘さん達による歓迎セレモニーで弾け飛び、ピアノなしの宣告で地獄に突き落とされ、ハンディーキャップを乗り越えたスーパーパーフォーマンスで復活し、何ともはやたった2時間半の間で、最高→最低→最高と心中の抑揚は見事なまでに揺れ動き、今回のツアーのスタイルが完全に確立されたと言っても過言ではない様相になってきた。
До ЗАВТРА
(ドゥ−       ザフタラ−      !)
また あした !

/26

 この日からロシアはサマータイム。日本を基準にするとプラス1時間の時差からプラス2時間の時差になる。朝9時にホテルのフロントロビーに集合となると朝食を取ったり用意したりを考えると7時半には目覚ましをセットしなければならないのだが、これを日本時間でいうと早朝5時半起きなのだ。へたをすると寝る時間!でも前日のすったもんだでぐったり疲れ起床は現地時間の8時をやや過ぎた辺り。寝そべった状態でノビをし、ベッドに腰掛け、ようやくのことでねむけまなこでカーテンを開けると、なな、なんと、お、大雪!!!一晩で30Cmほどだろうか。このツアーの起伏パターンにまたしても突入だ。
 この日は、夕方の本番までに市内&市外の観光をプランしていたんだが、この雪ではどう考えてみても両方は無理。そこで前回は少しだけだが市内はうろうろしているので市外のみの観光プランに変更してもらうことになった。目指すは元軍隊の持ち物で今では市民の保養地になっているハバロフスク市より南へ車で約一時間の所へ。車中で、あなた方はラッキーです、今日ならスキーやソリも出来ますよと勧められたのだが、それはさすがにみんなしておことわり!万一ケガをしたりすると洒落にもならないし、第一何より心得がないのが揺るぎない理由。残念ながら関西人は雪には不慣れなんです、ここだけの話。
 それにしても道中の雪景色はほんとに素晴らしかった!三回目にして初めてロシアに来た実感を持てたような感触で、北国ならではの表情に移りゆく雪景色をたっぷり堪能させてもらいました。

      
            車中より   ちなみに左手の一面の白い所はアムール川で、勿論凍ってカチンコチン!
 
 一時間弱のドライブでようやく到着。ゲートをくぐり、車をパークし、シャプカをかぶり、車外に出て歩き始めると、一歩一歩のキュッキュッという新雪特有の足音がとても気持ち良く、まずは敷地内を散歩することにした。とはいえ雪は結構な降りで降り続けているし気温も勿論しっかり氷点下なので、ライーサさんのアドバイスで目的地のレストランにたどり着くまでにこまごまとカフェ,ホテル,スポーツ施設,動物園,そしてレストランと渡り歩いて行った。−6℃〜−8℃辺りなんだが日本の寒さとは種類が違う感じで気温ほどの寒さは感じない。おまけに歩く時のキュッキュッという足音が常に心地良かったので殆んど寒いとは思わなかった。前日の雪解け春近しという所から一転真冬の雪景色で、ホントこのツアーは盛り沢山です
   
    新雪を踏みしめる時の足音を聞かせてあげたい! いやホンマ!!     

 
 ここでの昼食も中々のロシア料理で、ライーサさんが今回のツアーの冒頭でロシア料理を満喫してほしいと言うだけのことはある感じで、三日目になるロシア料理にも飽きることなく食事面は大変充実!

 とにかく大雪なんであまりゆっくりしていられない。明日には帰国なんで土産も今日の内に買っておかないといけないし、夕方にはステージが控えてるのでこの保養地も足早に立ち去る事にした。市内に戻り、お土産を買い込み(驚いたのが2年半前の前回に比べて物価が10〜30%も上がっており、ぶっちゃけ土産代は大変でした)、一旦ドラマ劇場に最低限の確認を取りに立ち寄り、その後ホテルに戻り着替えを済ませ、いよいよ二日目最終日のステージへ。昨日の公演が大ハンディーキャップの中、リーダー 岸ミツアキ の起死回生の大どんでん返しスーパーパフォーマンスの甲斐あってか、昨日の客入りが6割程度だったのに対して噂を聞きつけたのか、この日は9割方のほぼ満席状態で聴衆も私たちの出番を心待ちにしていたようで、メンバー一人一人の紹介が始まるや否や大歓声が巻き起こり、ここまで漕ぎ着けた一つ一つの苦労が少しは報われたかのようで内心かなりホッとしました。われわれの持ち時間は20分。三人共あ・う・んの呼吸で目と目で確認し合いこのステージをサラリと済ませて帰るつもりだったんだが、やはりそうはさせてくなかった。

 まず、一曲目の途中でミツアキ操るキーボードのよく使う音の鍵盤が言う事を効かなくなり、前日のような大スウィングが不可能に。勿論ヒロシも私も前日同様に悪戦苦闘の続きをやってるので、バンドとしてはもう全然サッパリ!(悲し〜!) 次に、我々の持ち時間の後に予定されてた Jam Sessionに登場してくるはずのアルトサックスプレイヤーが知らない間に帰ってしまってて(大ベテランのおじいちゃんなんで分からないでもないんだが)、何処で話が交錯したのかセッションということでフロントプレイヤーが出てくるわ出てくるわ! サックスが5人,ラッパが3人,歌が2人,エレベが2人,ギター1人にキーボードが3人(←確認できた範囲ですが)。曲はFのブルースをやってたんだが、この曲が始まって25分を過ぎた辺りだろうか、こちらとしては国際親善でもあるのでこうなりゃ最後までとことん付き合うつもりでいたんだが、ステージ上に人が溢れかえりあまりの野放し状態になってしまった為、スタッフの計らいで岸トリオは途中でステージを降りることになった。それにしても一曲30分超は滅多に聞けません、ハイ!
    
            20分のみのトリオの演奏  この画面左手の見えない所に大量の管楽器奏者が〜・・・


公演終了後は約1時間ほどを費やしてサインに、握手に、写真に、全く訳の判らないロシア語のお相手をして(稀に英語を喋れる人がいてその人が通訳をかって出てくれるのはいいんだが、この英語がひっちゃかめっちゃかでダイレクトのロシア語とあまり変わらないんです。しかたがないので空気だけを読み取りました、だいたいの勘の範囲で)、ようやくこれにて落着!
 

 外は依然大雪、−12℃。ロシアンレストランでの打ち上げも終わり、いつもより深めにシャプカを被りホテルに戻った。
 
打ち上げ会場のレストラン前の通り、もうひざまですっぽりです!
   
  打 ち 上 げ 〜 ! !  右から2人目は今回の音楽際の実行委員長のヴァレーリさん 最後のシャプカ
 
 いや全くなんという
Up and Down の激しかったことか!!しかも急上昇急降下の連続で、身も心も完全にスクランブル、大グロッキー。まさしく絵に描いたような珍道中だった。これでロシアは3回目。前回の時も散々言ってたんだが、もうこれがホントに最後でしょう!?!
С Н Е Г


/27

 三泊四日の旅も今日の帰国でもって終了。初回→2回目→今回と日程的には見事に半分ずつになっていってるにもかかわらずどうしてこうも毎回濃いんだろう。なんかリアルな夢を見てるみたい。

 長内総領事,中谷副総領事,地方政府局のライーサおばさま,ヴァレーリ実行委員長、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。ありがとうございました!! それと仲間のミツアキ,ヒロシ,みゆき、みんなお疲れさ〜〜ん!!!
       
           ハバロフスク国際空港出発ロビー      終わった、終わった〜!!





     
    歓迎のパン:中央の小皿は塩              市 内 を 走 る バ ス
    
建     物     の     色     々
     
夜  の  ラ  イ  ト  ア  ッ  プ  が  ま  た  素  晴  ら  し  い  !
       
(写真提供は 綾小路ミツマロ氏)
   ミュージックフェスティバルのパンフレット表紙