< シリーズ “想い”  その191>

 ♪ 視 野 ♪
【2016.11.26】
  これは見た目の視野ではなく、思考であったり、想像時の造型であったり、内面的な守備範囲であったりの方の視野。

 これまで人生60年生きてきて自分も含め、天才、秀才、凡人の視野領域の容積の個人差はあまりないのではと感じている。
そこで、殆どないであろう多少の個人差が天才と凡人を分けてしまうのか、という疑問が発生しそうだが、この程度の差で決定的になるとはどうも思えない(根拠は全くなし)。
ならば、何故この世には天才と凡人がいるのか。才能と言ってしまえばそれっきりだが、天才を作り上げるのはやはり大半である努力や内面の作られ方が重要なのは言うまでもないだろう。
例えばスポーツの世界ではほぼ体格や身体能力で決まってしまうが、MLBマーリンズのイチロー選手はメジャーの中では体は明らかに小さい方だし、体に恵まれているとは言えない。にもかかわらず、この業績(成績)。このままいくとほんとにMLBの歴代トップ10に名を連ねる可能性が極めて高い所まできている。
何が彼の成績を支えているのか。この一点が実に興味深い。小さい体で足が速いのはまだ頷けるが、あのレーザービームに打撃練習でのオーバーフェンスの連発。これは必ず何かがある。それに加えてのインタビュー時のコメントのユニークさ。なるほど!、と思わせられるコメントをいくつ耳にしたことか。

 ジャズ界でもマイルスのコメントはいつだってド肝を抜かされる。そしてマイルスもまた体格には恵まれてはいない。なのに、このサウンド、このハート。トランペットの技術面で歴代トップレベルとは言えない、むしろごく普通の技術レベル。なのに、とにかくかっこいい!

 もしかしてだが、これって冒頭で述べた 視野 が関係しているのでは、と思えてくる。よく言われる視野の例えは、広く浅くとか、狭く深くとか。でも、この60年ほどのデータだが広く浅くのタイプも狭く深くのタイプも、視野領域の容積的な差はほぼ感じられない(何度も言うが)。もし誰もがこのどちらかで日々視野を巡らしているなら、皆、さほど変わらない状態になるはず。でもこの世にははっきり出来る人と普通の人が存在する(サボってダメな人は論外)。となると、日々の一歩一歩が少しだけ違う状態で歩んで行く積み重ねの中で大きく変わってくる訳だが、一体どんな視野を日頃巡らせて過ごしているのか、という点に興味を抱いてしまう。そこでふと思ったのが、イチロー選手もマイルスもだが、あのコメント、あのサウンドを聞く限り実に広く世の中を見ているのは明らか。なのにとても深い所まで自分の世界を掘り下げている。この二人に限らずいろんな世界にはこのような優れもののタイプは必ずいる。そしてこのような優れものの人に共通して第一感に思えるのが、広くて深い視野。でも、そんな訳はない。容積同等の法則からいけば広いと浅く、深いと狭いのがスタンダード。では容積を変えずに広く深く思考することは可能なんだろうか、と考えた時に思ったのが、浅い部分では世間一般的な広く浅くのタイプの人の基準に対し、気持ちやや狭めに視野を取り、自身の専門分野においてはとことん深く思考していくという視野パターンなのではないだろうかと考えた。これなら広めでもあり深くもある、ということになる。おそらく長けた人はこんな器用に実に特化した形状の視野パターンを巡らし、世界を席巻しているように思えるのだが、皆さんこの視野問題どう思われますか? どう感じますか?もし、この視野問題の定義がアリだとすれば、なる問題はこんな特化した視野パターンを持てるかどうか。いずれにせよ回答は実に難しいが、それでも通常の視野パターンではやはり限界があり過ぎ。では、うあればいいのか。
視野があることで思考(練習方法)→計画(反復練習)→実行(実践)→結果(客観的なジャッジ)とつながってくるのは明白。ならば、結果を導き出すに至るこのおお元の視野の造りが問題(根幹)であるように思えてならない。だとすれば、どんな視野の形状パターンを持っているか、視野領域の形状をどう仕込むかで、サウンドは決まってくるような気がする。。。

んん〜、なんだか最後は仮定ばっかりになってしまったなあ。今回は収集つかずですみましぇ〜ん。


                                               新  太  郎