< シリーズ “想い”  その 98 >

♪  Everyday  I  Have  The  Blues  ♪
【 2008.9.25】


 これは最終的な話ではない。が、ほとんどテン張ってると自分では思っている。

 30前後の頃かな、もちろんそれはかけ出しの頃からも言われ続けていたことなんだが、我々の10才以上の先輩方からよく、「毎日ブルースを弾け!」と言われて、とにもかくにも12小節の繰り返しをくる日もくる日もやった時期がある。しかし、1年経っても2年経ってもまったく良くなる兆しがなく、アドバイスをくれた先輩方の音を聞いてもやはりあまり効果的でないことに気付き、毎日ブルースを弾くのをやめてしまった。それでも週一くらいのペースで練習がてら12小節の繰り返しをやっていたのだが、その繰り返しのやり方にどうも問題があるように思えてきた、まさに単に繰り返しをやっているだけだと。
 先輩方の話からいくと黒人風のブルースをやることに意味があるようなニュアンスだったんだが、それでは単にマネをしているだけに過ぎず、結局必ず行き詰まることになる。そこで、やり方を代えることにした。黒人風はひとまず忘れてブルースの真理を考えてみた。まずは歴史からひも解かなくてはいけないのだが、間をはしょるとブルースは喜怒哀楽をどれだけストレートに表現できるか、それも単純な流れの中で、しかも12小節というコンパクトなサイズでシンプルに言えるかがブルースの真理なんではないだろうかと。もちろんアメリカの黒人には人種差別という歴史があり、それが土台となっているのは周知の通りだが、だからと言ってブルースはうらみ節ではない。ハッピーな言い回しがあれば、キザなふるまいのアプローチもある。悲しい一曲もあるし、シリアスな語りのシーンもある。要は人生の中で起こり得る喜怒哀楽を自分の音で、自分の言い回しで歌うことがブルースなんではないだろうかと思い、黒人風はスパッと手を切り自分流の試行錯誤を始めることにした。(純和風にアプローチを始めるという意味ではなく、あくまで自分流に)

 人の写真を撮ると同一人物でも短時間の間にというかシャッターの回数と同数の様々な表情が現れる。シャッターを切らなければそんな表情に気づくこともなく、次々現れる表情と人は常に付き合ってその人であることを認識していくのだが、シャッターは思わぬ表情も逃さない。ブルースの練習の際に重要なことは、あらかじめ設定した場面に対して自分の言い回しを重ねていくことも十分いい練習方法なのだが、瞬間に現れる感じ,情景,表情の類いを逃さず、‘あっ’とか、‘おっ’とか思ったら即、その瞬間のシャッターを切り、その情景を保持し、そこをさらに広げていく作業をやることだ。そうすると、悲しい始まりの中にも思わぬ展開が発生したり、楽しい中にも哀愁のこもったものになったりするケースが生まれてくる。そしてその日は、時間の許す限りこの12小節の世界に浸って楽器にその答を教えてもらうことだ。後は間違いなく日替わりの世界がやって来るので、日々その世界を受け入れ、自分と楽器とその世界のかかわりの経験値を増やしていくことだけだろう。

 しかし、だからと言ってこの方法で1〜2年でブルースがいい感じになる訳ではない。ただ、1〜2年から数年やり続けると本人にしか分からない所で将来への感触が得られるか得られ始めると思う。が、その感触が得られたからと言ってこれまたブルースがゲットできるようになる訳でもない。それは、ここからいよいよ長い道のりが発生するということだ。それでも確実にその感触が増幅されていくのは感じ取ることができるはず。後は急がず、結果を極端に期待せず、ひたすら自分の喜怒哀楽に忠実に従い続けることで、やがて光は差し込んで来ると思う。ブルースは極めつけなフレーズや極上のラインを目指すものではなく、その日の自分の感触を表現することが本筋。それでも人間の感情というものは刻々と変わっていくので、いまいちハジケるようなことのない日でも突如写真のシャッターを切られたような瞬間に瞬発的なとんでもないフレーズが浮かび上がって来ることもあるので最後まで諦めてはいけない姿勢も何より重要だ。

 日々のトレーニングの際に、コード進行に縛られてはいけない。その表情や感じをもっとも表現できるフレーズやラインを模索していくことだ。ブルースはシンプルな構造なので、コード進行から脱却するノウハウも見つかり易く、許容範囲(バリエーション)も間違いなくプレイヤーの頭数分ある。だからこそ自身の切り口を勇気を持って開拓していくことが重要となる。なぜかこの節を弾くとハッピーになり、こんなようなラインにするとどこかもの悲しくなるような感触とかが分かりかけて来たらしめたもの。そうやって手慣れていくことがブルースをもっとも正しくゲットしていく方法だと思う。
 少々具体的に言うなら、その日選んだテーマから入り、その日の自分の感情や心持ちとタイアップさせながらその日のブルースのピクニックに出かける。そこで一瞬湧き上がって来るものがあればそれをクローズアップし、増幅または発展させ、出来る限りその遊び場を堪能し(この時、フレーズやトーン、それにタッチがその一瞬に湧き上がっている世界観に一致していなければならない)、最後にテーマに戻ってくる。そしてまた次のテーマに入っていく、そんなような具合だ。
 Joe Williams氏の“Everyday I Have The Blues”じゃないが、ブルースに毎日接していくことは生きてる証しでもある。先輩方の話も全ておかしい訳ではない。重要なことは、先人が築いてくれた土台をさらに改善していくことだろう。もちろん後輩達にはさらなる改良を加えていってほしいのは言うまでもない。

 と、ここまでの話をしている当の本人がいつも素晴らしいブルースがやれてるかと問われるとそうじゃないから説得力も怪しいもんになってしまうんだが、天才や巨匠とて毎日納得のブルースを奏でることは不可能なんで、ブルースの出来に関しての話は二の次になるが、なぜここまでブルースに固執するかというのは、何よりジャズは喜怒哀楽表現(=ブルース)が基本になっているからで、即興演奏におけるいいフレーズやいかしたラインは喜怒哀楽表現がいかに出来るかで決まり、湧き出てくるもの。そして、その表現同士をバンド内でキャッチボールし合うことで成立していく音楽だから、それだけに骨子であるブルースの学習は外せないという訳だ。さらに言えば、ブルースの取り組み方=スタイルの形成、と言っても過言ではないだろう。音はワンショット(一音)でストーリーを語れることができるくらい容量がデカく圧縮・凝縮した内容を伝えることができるという伝達能力すらあることが理解できれば、音との接し方もぐっと変化していくはずだ。


 さっ、能書きもほどほどに今日もブルースだ!!今日はどんな話になっちゃうんだろう??
じゃあ、ピクニックに出かけるとするかぁ♪〜。


              S H I N T A R O