< シリーズ “想い”  その 97 >

♪  /  ♪
【 2008.8.27】

 8月3日、Bassist Festival 2008 への出演は大変興味深いものになった。

 これまでベーシスト同志で話をするというのは、ほぼ 師匠と弟子 のかかわりばかりで同業者に会うと言ってもジャズフェスとか、どちらかがぶらりと顔を出すかでしかないし、会ったところで近況を報告し合う程度でさほど突っ込んだ話もなく、ではでは と別れていくというパターンくらいなもので、ベースばかり集まって何になるのかなあ?というのがあり、ぶっちゃけこういったタイプのイベントには興味がなかった。

 しかし、楽屋に入るや否や目の前に飛び込んできたのは床に寝っころがったベースの数々。ちょっとした楽器屋さんに来た時のような画面にまずは出迎えられ、瞬時に始まったのが久しくお会いしていない先輩方へのご挨拶にいきなりのベース談議。最初はお互い持ち込んでいる楽器の見せ合いっこに触り合いっこ。(別にやらしい感じではありませんよ) 話は魂柱,駒,弦,指板,テールピース,弓,弓の毛替え,修理屋,うわさの楽器の話,そして昔話に発展。お決まりと言えばお決まりなんんだろうが、先輩達の話は実におもしろい。苦労話に笑い話。全てが濃い!話がはずみ過ぎて自分の出番を忘れるほどだ。そんな中堅,ベテランの中に若手のプレイヤーが入って来るとまた一盛り上がり。さらにアマチュアのプレーヤーが差し入れ片手に入って来て、今度は何故だかレッスンが始まってしまう。そうなると話のポイントは技術・奏法の意見交換に移り、結局自分の出番以外は談議の連続ということになってしまった。

 勿論、それでも一番の収穫は遠山さんとDuoでステージをやれたことだ! リハでは何だかんだテレクレテレクレで、それはそれで楽しいんだが実体がつかめない感じで、後は本番に臨機応変にやるしかない状態(まあJazzは基本いつもそうですが)だったんだが、本番での遠山さんのプレイはこれまでの経験とその歴史が随所に現れ、一時間弱という持ち時間の中で、外してはいけない大事なこと、ふまえておかなくてはいけない大切なこと、それに今後の未知数に向かって行く時の見つめ方のあり方などなど多くのものを学ぶことができた。こればかりはホントに申し訳ないが共演した者にしか分からないこの感触は、今後の音楽人生に大きなプラスと影響力を持つであろうことは間違いない。

 最後のセッションではベースばかり4本による おおぎり で、会長のゴンさんこと 水橋 さんとも共演でき、これまで少々と言うよりかなり消極的に思っていたベーシストの集いを大きく見直すこととなった。ゴンさんも素晴らしいし、ガミちゃんこと 紙上 さんもホントに素晴らしかった!日本のベーシストのレベルの高さがはっきり証明される、そんな位置づけのイベントだったように思える。

 ここで、ベーシストのみ(又はベースに興味を持っている方)に耳寄りな本を紹介したい。これらは 遠山 晃司 さんから紹介して頂いたもので、すでにご存知の方もいるかもしれないが読んでみて必ずいつの日か役に立つ内容のものなので今回ぜひ紹介しておきたい。

       弦楽器のしくみとメンテナンス

       弦楽器のしくみとメンテナンス 2 使いこなし篇  

両巻とも 佐々木 朗 著  音楽之友社    

 この本はヴァイオリン族の話をかなりの領域まで説明・解読している内容で、エレキベースの方には全く無関係だがコントラバスを扱っている方(プレイヤー,修理関係者)には必見の本です。特に中級・上級者にはオススメします。

       コントラバスの歴史(Geschichte Des Kontrabasses)   

A.プラニャウスキー 著   田中 雅彦・十枝 正子・滝井 敬子 共訳

  ( Alfred Planyavsky

   全音楽譜出版社 (¥10.000

 定価が高額なのが問題と言えば問題なんですが、この本はコントラバスという名前になるまでの様々な変遷と歴史を紹介している内容で熟練者にオススメです。所々資料提示の連続でやや読みづらくなる場面もありますが、これほどまでの膨大な資料収集に敬意を表したい。著者はベース奏者でありながら、やや離れた視点からの話は非常に冷静沈着で必見です。


 「コントラバスの歴史」という本の中にも散々出てくる話なんだが、コントラバスほど難しくもっとも要求されることの多い楽器はほかにない!間違いなくフロントプレイヤーの何倍も練習し、何倍も音楽を勉強し、何倍も研究しなければならない上に、評価はいつも一定のものしかなくストレスの溜まるポジションなんだが、世の中のコントラバスに対する評価の意識改革も含め今後の音楽人生を考えさせられる有意義な一日であったように思う。

                                                           新  太  郎