< シリーズ “想い”  その 96 >

♪  現  実  と  将  来  ♪
【 2008.7.27】

 昨年の6月のこのコーナーでも取り上げた一件だが、あれからどれくらいの変化があったかというと、約一割のお店で全面的な駐車場代のバックアップをしてくれるようになり、約七割のお店で格安パーキングの情報を提供してくれるようになった。格安と言っても徒歩でアベレージ20分前後離れた場所にあるもので、金銭的には20%ほど安くなるというものだ。確かに、関係者の間でかなりパーキング問題の認識が浸透して来たとは思う。しかし、ギタリスト、ビブラフォン奏者、それに我々ベースプレイヤーにはまだまだ重くのしかかる大きな問題である事に変わりはない。そこに追い討ちをかけるかの如く登場したのが、ガソリンの高騰だ。政府は一時的なものだという認識でしかないそぶりで全くの逃げ腰状態。もちろん、我々(ギタリスト,ビブラフォニスト,ベーシスト)だけが被害にあっているのではないのは分かっている。運送業はもちろん、漁業関係者達にも完璧に直面した問題となっている。

 ピアニストやドラマー、それにフロントプレイヤー達は、ほぼ電車での移動手段にシフトチェンジした。しかし、我々ベーシストは道具が道具なだけにそうはいかない。それでも、もうどうしようもなく若手ベースプレイヤーの中には電車で楽器を持って行くようにしたものの、込み合う電車の中で乗客に「こんなデカいもの持ち込みやがって」と蹴られ、あるものはラッシュで押し潰され楽器を失う事態になっている。結局しかたなく車に逆戻りなんだが、これってベースプレイヤー受難の時代ということなんだろうか?だからと言ってこれを仕事発注人であるピアニストやフロントプレイヤーに経費の一部を要求というのも簡単な話ではない。理由は、我々の世界はそれほどリッチではない、ということだ。もっとも無理のない経費捻出は、来店して頂くお客さん方に一人¥100程度のカンパをしてもらうのが一番だと思うのだが、何故か店側はこれを拒んでいる。¥100の値上げはそれほどまでに客足を損なうものなのだろうか? しかしながら現実は待ってくれない。今度はこの四月から軒並み物価上昇の波が始まり、今月からはさらにギアーがUPした。これらのしわ寄せがいずれ弱者に襲い掛かってくるであろうことは簡単に想像がつく。こうやって話はどんどんすりかわっていく。

 それでもやはりベースプレイヤーにとって大変なご時世に突入したのは紛れも無い事実であることに変わりない。この先どうなるかはわからないが、かなりの数のドラマーの仕事はすでに激減しているし、ベースプレイヤーはガソリン代と駐車場代を捻出する為にアルバイト等の別の仕事を余儀なくされ、その為に練習もできず音楽的質感は下降し、ひいてはバンドもスウィングからはほど遠くなり、やがて客離れということにつながっていく。せっかくおもしろくなりつつある世界なのにここで終わっていくのかもと思うとつい悲しくなってしまう。我々の世代はまだしも、これからの若い世代に辛い時代がやって来るようだと、これはもう苦痛でしかない。それでも、たくましく生き抜くことができたなら、これはとんでもなく素晴らしいものになるのは間違いないだろうが、そこまでたどり着くには相当な覚悟と忍耐が必要となる。

 ぶっちゃけこんな想いのコーナーは書きたくない。しかし、現実は無視できない。今は、どの職種も大変なんだが、何とかJazz界は生き残っていってほしいし、今のこの苦しみが遠い将来においていい思い出となることを心から願うばかりだ。今はただ、自分達が出来ることを一つ一つやっていくしかない。5年後、10年後、できれば30年後のプレイヤー達に少しでもより良い環境を残していってやりたい。

                新   太   郎