< シリーズ “想い”  その 95 >

♪  文  化  遺  産  ♪
【 2008.6.25 】

 まあ、中間報告ってことになるんだろうか、ここ半年ほど前からなんだが突如クラシックにハマってしまい(正確には7ヶ月と少々)、ほぼ毎日クラシックを聴いている。

 聴いているのはマニアックなものではなく王道的な歴史的作品ばかりだ。マニアックなものに興味がない訳ではない。ただ順序として王道からという成りゆきなだけでこれといった深い意味合いはない。ヴィヴァルディから始まりバッハ、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、メンデルスゾーン、ショパン、シューマン、リスト、ワーグナー、ブルックナー、ブラームス、ムソログスキー、チャイコフスキー、ドヴォルザーク、グリーグ、マーラー、R.シュトラウス、ドゥビッシー、ホルスト、ラヴェル、バルトーク、ストラヴィンスキー、プロコフィエフなどなど。ジャンル的にはオケもの(交響曲)が中心で、協奏曲、ソナタ、小品、弦カルなども聴く。作品面はどれも心底感服している。よくもまあここまで書けるものだなと。

 そんな中、少しばかり気になるというか可哀想というか、自分がJazzmen であることが実にありがたく思うことがある。それはコンチェルトものに見られるソリストの曲との葛藤の姿だ。私もアレンジをやっているので少々思う節があるのだが、実はぶっちゃけプレイヤーのことをとことん知り尽くして書いている訳ではない(9割以上プレイヤーのことを把握しているが100%ではないという意味で)。それだけに、書かれて渡された側は、気持ち無責任につづられた指示(譜面) に従わなければならない分、その無責任分の困難を乗り越えるという使命が多かれ少なかれ発生する。それは小品やソナタ、無伴奏ものでも同様の話だが、コンチェルトにおけるその使命は特に難題になっているように思える。私に難題と思わせているのは、これまでに何度となく演奏を聴かせてくれた歴史的巨匠たち全員がそれら全てを物語っているからで、それはまるで技量を試されているかのようにしか見えない。 プレイヤー側は使命への果敢な挑戦に意味を見いだし、ファンはその姿に拍手を送るのだろう。しかしながら、楽曲に圧倒されているのはどこから見ても明らかだ。 巨匠と言われている人は中でも‘よくやった!!’と評価を受けたからだろう、確かに熱演は認める。 しかし、見事なまでの出来栄えはこれまでお目にかかったことがない、DinuLipattiを除いては。 Lipattiは若くして世を去っているので多くの録音は残っていないが、その出来栄えはどれも感動的で何度聴いても飽きないし、聴けば聴くほど細部にいたるキメの細かさにただただ絶句するばかりだ。ソロピアノものもどれも素晴らしいが個人的にはオケとの共演のコンチェルトものが実にたまらない!‘使命’は完璧なまでに弾きこなされているだけではなく、ピアノ一本で完全にオケと指揮者を導き、さらにその共演者達と一体となってオケ内に溶け込み、それでもストリングスやブラス,パーカッションの隙間から高貴なピアノの響きが、まるで聞き手の目がくらむかの如く閃光となって放射状に勢いよく照射され、オケはもはや地上にではなく空中に浮遊しているかのように崇高な光り輝く存在になる。それでいて強引な所はいっさいなく、全てが純粋で自然に満ちあふれているのだから、もう表現できる言葉の世界をはるかに越えてしまっている。Lipatti に作品を取り上げてもらった作曲家は全員―バッハやモーツァルトといった巨匠に限らず―光栄に思わなければならない。それくらい完璧、いや恐らく作曲家のイメージ以上の出来栄えを感じるのだ。(Lipattiについて話を始めると止まらなくなるので心を鬼にしてここで断ち切ります。辛っ!) Jazzプレイヤーから見てこの状態は理想そのものだし、それはまるで、チャーリー・パーカーとルイ・アームストロングが合体したかの如くだ。

 しかし、この長年にわたるクラシック界で Lipatti 以外は悪戦苦闘を否めない。‘よくやってる!’状態はもちろん評価に値するのだが、拍手と賛辞を送ると同時にどこか 哀れ に感じてしまうのは私だけだろうか。はっきり言って作者の書き過ぎ?とさえ思えてくる。ヴァイオリンで、ピアノで、チェロで、そこまで出来る訳がないだろうと。 しかもJazz と違って集中力は30〜50分保持しなければならないのだから、もうこれは拷問かと思ってしまう。そこまでしなくても、そこまでしいらなくてもと。作者の傲慢さと人間業の限界の勉強不足とさえ思ってしまう。もちろん、王道と言われる作品はどれも実によく書けているし、ケチの付けようもないのだが、プレイヤー(ソリスト)の姿を見ると作品自体のクォリティーはどうなのかなと少々の疑問が点灯し始める。人間業の限界の拡張というのがコンセプトに含まれているというのであればまだ分からなくはないが。

 にしてもまあ50分ものネタを全てメモり、細部に渡って研究し、練習を重ね、さらに工夫を要求されているのだから我々Jazzmenから見ればたまったものじゃない。Jazzは自分の技量に合わせた音楽を展開すればそれでO.K.を頂けるんだから、こんな楽な話はない、と一瞬錯覚してしまうほどだ。事実50分もの集中力の持続なんてJazzにはない。せいぜい10〜15分。でもこれはすでに稀なケースで、大抵は長くて10分程度もしくはそれ未満だ。そして一息入れ次の曲をやればいいのだから、クラシックに比べればホント だとしか言いいようがない。それでも、実際は自分で自分の世界をいつも即興で切り開いていかなければいけないからそう簡単じぁないしぶっちゃけ結構大変なんだけど、コンチェルトを聴いていると日頃の我々の行為は手軽としか思えてこない。

 その一方で、オケものや弦カルに関しては作者のイメージとプレイヤーの表現能力が一致しているように思える分、実にスムースに耳に入ってくる。それは一人をいけにえにしてさらし者にすることもなく、極めて自然なバランスに、ハーモニーの流れと、メロディーの重なり合いが存在していることで、時が気持ち良く過ぎていく。優れたオケものや弦カルの作品はただただ作者に対しひれ伏す以外ない。お見事!の一言だ。中でもベートーヴェンやバルトークの弦カルに、同じくベートーヴェンやチャイコフスキーのオケもの(交響曲)は圧巻としか言いようがない。

 そんなこんなだが、実は私が7ヶ月と少々前にこの世界にハマるきっかけになった張本人はストラヴィンスキーで、その時の作品は‘春の祭典’だ。この作品は随分昔にCDを買っていたのでこれまでにも何度か耳にはしていたのだが、当時はまだよくわからなかった。そして十数年ぶりに聴いたのが7ヶ月と少々前のこと。その時の衝撃はいまでも鮮明だ。全身を粉々に引き裂かれ奈落の底へ突き落とされたかと思うと、その直後には天国へ招待されたかの如く至福に満ちあふれ、いい気持ちにク〜ンと浸っていたら次の瞬間にはガバッと押し倒され、圧倒され、もみくちゃにされ、それでもあくる日にはまたスイッチをONにし全く同じしうちを受け(いや請い)、それでもまた次の日には前日のダメージすら忘れ同じことの繰り返しを20日間以上続け、日に二度も三度も聴き返すことが多発し始め、もう完璧に‘春の祭典’の中毒患者になってしまった。今現在はかなり冷静に聴けるようになったが、バロックから始まり、ロマン派、印象派を経てこの音楽にたどり着いたクラシック界のこの変遷と到達(完成度)は、人類史におけるもっともリコメンドできる文化遺産だろう!!

 そんな渦中、ほんとに久しぶり(Jazzを自ら聴くのは実に7ヶ月ぶりのこと)なんだがふと気になったもんで、 ポツリ とマイルスの Cookin’を聴いてみた。これまではJazzの中での最高傑作の一つという くくり でこのアルバムを把握していたんだが、クラシックという照らし合わせることのできる相方ができたことで、Jazzがどう聴こえるのかを感じてみたくなったからだ。 するとどうだろう、彼ら5人が形成する(中でもマイルスとフィリーのサウンドメイク)Swing というフィールドが、‘春の祭典’に匹敵とまではいかないかもしれないが、音扱いという点で間違いなく肉薄しているクォリティー(正確にはタイプは違えど甲乙つけ難い)であることが解かり、ストラヴィンスキー氏がこれを聴いて ニヤッ と微笑み、二度三度小さくうなづいたであろうことを私は直感したのだ。と同時に、Jazzという音楽に込み上げてくる喜びと感動と感激が襲来し、そして心からこの音楽に感謝した。まさしく、ブラボー!! コンポーズからパーフォーマンスへという音楽的転換と移行の中でクラシック同様、ルイ,パーカーを経てマイルスが提示するこの音楽にたどり着き、その後多くのアーティストによって一気に広がりを見せたJazzもまた、クラシックの次に登場した人類史上屈指の歴史的文化遺産であることをこの時紛れもなく確信できたのはちょっぴり嬉しかったかな。ああ〜、(Jazzを)やってて良かった!!!

 もちろん、クラシックもジャズも遺産であるからと言ってこれで終わった訳ではない。新感覚のアーティストによっていくらでも次の話は出てくるだろうが、ひとまず両者共偉大な功績を残していることは人類にとって大きな大きな財産であることは間違いない。

 また何年か経ったらこの続きのクラシック談議をすることになると思われるが、その頃にはまた随分と感じ方が変わってるんだろう。にしても、まさか自分がこれほどまでにクラシックにハマってしまうとは思いも寄らなかったなあ、ホントに!

 さっ、今日は何を聴こうかな〜。やっぱガツンとベートーヴェンの弦カルあたりかな、チャイコフスキーの4番かな、ああ〜バッハの無伴奏もいいかも。ええい面倒だ、みんな聴いちゃえー!


          S  H  I  N  T  A  R  O