< シリーズ “想い”  その 94 >

♪  若 手 と の 交 流  ♪
【 2008.5.25 】

 

 私が20代前半のかけ出しの頃、当時30代〜50代の先輩達(当時はまだ60代のプレイヤーはいなかった)からお呼びがかかり、仕事をこなし、その都度色々なアドバイスを受けて来た。全員がまだまだこの音楽をどう扱えばいいのかが分からず模索時代だったが、それでも何かとこうだああだと言われたものだ。中でももっとも主流だったのが‘いびり’。これは効率も悪く、生産性もなく、ただただ気分の悪いものが蓄積されていくだけの実に悲しい悪循環だった。50代は40代に、40代は30代に、そして30代は我々20代にといった具合に順送りでとばっちりをくらう。それでも我々の世代ではややうすまり傾向で、当時30代の人達の屈辱に比べればそれは少しばかり軽いものであったのは事実だ。とは言え、それでも50代,40代の人達との仕事で、あのイヤミったらしい口調で何度凹んだことか!

 お互いに話し合うようなものではない。上からの一方的な‘いびり’は当時習慣的なものだったので、世の中そんなもんだという認識で日々まい進していたのだが、我々の世代から下への世代への‘いびり’に関してはほぼ消滅に近かったと言える。いや、激減したというのがより正しいか。下の世代に対してつい いびり口調 になったことは確かにあったかもしれないが、極力言葉に気をつけ、一方的ではない話をするよう心掛けた。恐らく我々の世代の次の次辺りの世代、今で言う30前後の世代は‘いびり’をまったく体験してないと思う。

 もちろんそんなもの知る必要もないのだが、我々の20代の頃の先輩方のお言葉にはデカい‘’マークがつくものが多々あった。それでもこの道20年30年とやって来ている訳で、プレイから感じるものには少なからず学ぶ点はあった。仕事も沢山したし、話も沢山した。いや、正確には話を聞かされた。もちろんこちらから質問も沢山した。その返答が いびり であるのがわかっていても。そんな中から得られるものはほんのごく僅かずつなんだが、現在はそれが積もり積もって今の自分の基盤を作ってくれているのだからわからないものだ。

 今現在は70代、60代の先輩からいびられることは全くないが、当時いびられてもいびられても悪びれず、立ち向かい、仕事を共にしてきたそんな関係が、不思議なもので今となっては貴重な財産となり人間関係も理想的な状態になっている。

 しかし、我々と我々の下の世代とではどうかということになると、それは決して理想的であるとは言えないと思えるのだ。理由の一つに、我々が30代になった頃にはこの音楽の勉強の仕方や楽器の習得のノウハウがかなりわかってきて、理詰めの話が先行するようになり、感情に訴えるいわゆるゲキを飛ばす必要がなくなった分、面と向き合って腰を据えてお互い話し込むことがなくなったというのがあるからだと思う。ただ我々にとっては、一方的な‘いびり’の習慣は根絶したかった。そこに加えて、ちゃんと説明しないとついて来ないという風潮が下の世代に訪れ、説明に時間を要し、ますますじっくり腹を割ってという習慣がなくなってしまい、そのあげくにガツンと叱られることのなくなった世代は叱られることに抵抗力がなくなり、多大な拒絶反応を示し始め、ついには説明を受ける(聞く)ことすら拒み始めることとなったように思われる。 Jazz(即興音楽全般を含む) タフ でなければ絶対にできない。こうなると仕事を頼むにも誘うにも難しくなり、さらに対話の機会は失われ、深い人間関係というものからはほど遠い環境になり、気薄な人間関係が残るのみになってしまった。確かに素晴らしい文化もいつかは衰退する。しかし、まだまだ次の予感がある世界なのにここで失速又は衰退はあまりにも悲し過ぎる。さらに追い討ちをかけるかのごとく、ここ最近の経済の落ち込みで、もう我々だけの力でというものかなり難しい様相になってきた。それでも我々の世代から30代,20代への誘いの言葉(仕事)はかけて行くべきだし今後もそのつもりだが、後輩達にも歩み寄りを求めたい。理由は、Jazzは思っている以上に奥深く、思っている以上に自分だけの経験では追いつかないからだ。歴史を知り、先人の話を聞き、その経験をふまえ更にそこに自身の個性を加味することで初めて音楽が形成され歩み始めていく。それくらい個性(パーソナリティー)はしっかりした基盤の上でしか発展していかないからだ。

 今となっては多くを語る必要もないだろう。次世代のプレイヤーには、我々の世代も含め先人たちの音から、経験から、ふるまいから色々なものを学びとっていってほしい。

 Jazz は技術や勉強方法を知っているだけではダメ。確かにそれらは何よりも欠かせないが、やはりそこにはタフな精神力とスピリッツが伴わない限り存在の意味がない。今後、我々の世代はいかに若手との交流を深め、そして共に存在の意味のある世界に向かっていくかが大きな課題となる。


             S H I N T A R O