< シリーズ “想い”  その 93 >

♪  名   盤  ♪
【 2008.4.25 】

 マイルスの Someday My Prince Will Come、コルトレーンの Blue Train、ビル エバンスの Waltz For Debby、ショーターの Ju Ju、少しさかのぼってチェンバースの You’d Be So、更にさかのぼってライオネル ハンプトンの Star Dust。もちろんサッチモの Love Is Here To Stay。ああ〜、どれをとってもなんと素晴らしいことか!!もちろんこれ以外にも しびれる アルバムはまだまだある。CDで聞くのではなく、レコードで聞くと素晴らしさは倍増する。いや倍増どころではない、何倍も感激と感動を覚える。

 世に と評されるアルバム。何がすごいって、先にあげた面々のアルバムタイトルになっている曲のそれぞれのリーダーのソロがどれも抜群の出来栄えで、さらに言えば全体的にというよりアルバムタイトルになっている一曲が中でも飛び切り優れているだけで実は となってしまっている点だ。もちろんほかの曲もいい出来なのだがアルバムタイトル曲はモノが違う。つまりそれは、Jazzは何よりもアドリブの出来栄えが問われるという証しでもある訳なんだが。

 一言にアドリブと言ってもはっきり言ってピンキリだ。名 を世に出した巨匠でさえいつもいつもという訳にはいかない。もちろん巨匠といわれるプレイヤーや一流といわれるプレイヤーは日頃から比較的素晴らしいアドリブを聞かせてくれるが、名 級のアドリブソロはそう簡単には出てこない。恐らく構成力がいいとか組み立てが上手いとか楽器が自由だとかという問題ではない。もうそこには何の説明もできないくらい、ただただ感謝をするだけになってしまうほどの理屈抜きの超越感の世界が存在するのみ。耳に入ってくるだけで周りを忘れ、時が立つのを忘れ、ひたすら奏でられるソロプレイに耳を傾けるだけになる。プレイヤーにとってもっともあこがれる状態だ。しかしながらアドリブプレイというものは演奏中も演奏後も、実はほとんど覚えていないのだ。うる覚えはある。こんな感じだったかもというのもある。しかしワンピースが思い出せないだけでそれはまったく別ものになってしまうし、たまたま歴史的なソロがやれてそれをたまたま録音していて演奏直後に再生を聞けたとしても、ハートの状態を100%思い出すことは絶対にない。つまり二度と同じものはできないということだ。それだけに手放しのソロができる、そしてそれを録音することができるということは、間違いなくジャンボ宝くじの一等を当てるよりはるかに確率の低い話で、残念ながらこれを追い求めるのは少々 いきり過ぎ ということになってしまう。ではと言って目標を下げるとこれまたキリがなくなり、すぐさま怠惰な日々を送ってしまう結果になるのは明白だ。目標というものは高ければ高いほど、自分が今何をやっていけばいいかというのが鮮明になる。人生は道のり。目標に到達することより、目標に向かって一生を過ごすことの方が本筋だろう。それはやはり過程(道のり)がおもしろいから。どこまで進めるか、歩めるかは二の次で、大きな目標を指針に人生プランを考え、苦しみも楽しみに変えつつ、あせらずひるまずひたすら続けていくしかない。はっきり言って後はまぐれでもいいからいい出来栄えのアドリブが実現化することを夢見てやっていくだけだろう、自分の理想を信じて。


 名 を世に送り出してくれた全てのアーティストに心から感謝!!!
(いかんなあ〜、どうも爺臭くなっていくのが加速気味だなあ〜)


                   新  太  郎