< シリーズ “想い”  その 92 >

♪  師 匠  と  弟 子  ♪
【 2008.3.25 】

 もうかれこれ何年になるだろう?? 22才の時に初めて人に教え始めてからぼちぼち、・・・30年かあ〜。(長っ!)我々ジャズメンの師匠と弟子の関係は落語家のそれとは少し違うかもしれないが、生涯を通じてお互い気にかかる存在という点では同じということになるだろう。私の弟子にはNYでプレイしているもの、私同様に東京に進出してきているもの、大阪で幾人もの弟子を育てているもの、などなどもうかなりの数に登っている。直接指導してきた人数は恐らく100人前後。一回のみのレッスンから最長12年間の人までパターンは人数分ということになるが、たとえ一回であれ、長年であれ、私がいつも気にかけているのは‘生徒自身の長所を伸ばす’という点だ。それは Jazz は個性があってこそ意味があるからで、それゆえレッスンの方針には何よりも気を配る。ビート感に優れているのか、メロディー感に優れているのか、バランス感覚に優れているのか、ユニークなハートを持ち合わせているのか、不器用だが丁寧であるとか、センスはあるが練習嫌いであるとか、憧れのベースプレイヤーは誰であるとか(もっともこれはないものねだりのケースが多々あるが)、優しいタイプ、強引なタイプ、とにかく個性のバリエーションも確実に人数分ある。できる限り早い段階で資質を見抜き、その素質を伸ばすようレッスンのスケジュールを組んでいく。もちろん生徒の習いたいことの優先順位は最優先だが。

弟子(生徒)と師匠(先生)の出会いは一見偶然性が高いようだが、私は必然性が高いと思っている。運命的な出会いとかという大げさなものではないが、生徒にとっては長年にしろ一回だけにしろ、やはり大きな影響を受けるのは避けられない。事実、ちょっとした一言が一生ものになったりするケースはよくあることだ。

師匠から弟子を選ぶことはできない。中には門前払いや一回のみ又は数回のレッスンで破門扱いにしたりする師匠(先生)もいるようだが、基本的には弟子(生徒)となる人が自分の師を探し、選び、教えを請う。そこで、自分にとっていい師匠にめぐり会えるか、はたまた再度師匠探しに逆戻りするかはその時次第だが、たとえ一回ぽっきりのレッスンでも先生から学ぶことはたくさんある。生徒側から見て数回レッスンを受ければこの人が自分にとっていい先生かどうかは恐らく全員が判断できるはず。そして、この人が先生と認識できたその瞬間、師匠と弟子の関係はスタートする。生徒は‘信頼’を開始し、先生は‘献身’を開始する。あ〜、なんと美しいことか! スポーツの世界であれ、芸の世界であれ、恐らくビジネスの世界であれ、このような関係は存在するし、このような経験を持てた人は人生の喜びと判断した方がいい。それは生徒側も先生側も同じだ。先生にとって生徒からの信頼ほど嬉しいものはない。いくらでも教えたくなるし、いくらでも盗んでいって欲しくなる。それでも一回当たりのレッスンのお互いの許容量は限られているので、やはり一回一回ちりも積もればの話になるのだが。

生徒にとって大事なことは、この先生は‘いい!’と思ったら吸い取りきれるまで、盗みきれるまでついて行くことだ。もちろん生徒側の個人差と Get したいものの種類によって、数回のレッスンで終了したり、何年もかかったりはあるだろう。基準はあくまで納得するまでだ。引越しや病気など、外的な要素による中断はしかたないにしても、吸収するという姿勢は最後まで崩してはいけない。たとえ納得の上レッスンを終了することになっても、自身の研究の為の色々な分野からの吸収姿勢はその後も代えてはいけない。それはレッスン時につちかわれた大切な姿勢だからだ。

かたや先生は生徒の求めるものに対し、いずれ自身の中に当然不足を感じることになってくるのでしっかり勉強し、生徒と共に学んでいく姿勢を崩してはいけない。もちろん先生も人間なんだから限界はある。もう教えるものが無くなった時には、はっきり終了認定を言い渡すことも忘れてはいけない。生徒によっては今現在まだまだいたらなくても、この時点で独り立ちさせた方がいい場合がある。この場合終了認定とは少々違ったニュアンスになるが、生徒にとっていい方を選択することが何よりも基準になる。

生徒又は弟子、先生又は師匠、どちらの側も美しいまでの純粋な気持ちと姿勢はやはり理想だし、それを実現できている場合は素直に喜びを感じるべきだし、この場合必ずいい結果に結びついていくことだろう。ぶっちゃけ先のことは不特定だが、師匠たるもの弟子たるもの、何より目標と心構えが大切ということ以外ない。
 いい師匠が見つかることを!そしていい弟子に出会うことを!!



           S H I N T A R O