< シリーズ “想い”  その 91 >

♪  Big Wave  ♪
【 2008.2.25 】

 今さら5年前の話をしてもしようがないかもしれない。しかし、今でも あの 光景は鮮明だ。2003年11月中旬、岸トリオでロシア公演を行った時に極東四都市での公演全てが同じ反応だった。これは、ここ数年よく話に聞くようになったヨーロッパ各国各地域での現象そのもので、どうやら西洋圏の人々に共通の習性と言えるかもしれない。

 何より言えることは、一般の方々の音楽の理解度が非常に高いというより異常に高く感じることで、そのマジョリティーから来る反応・判断は素晴らしく正確で早い! 日本では比較的大阪の聴衆の反応が早いがロシアはそんなもんじゃなかった。例えば、東京が通勤特急の反応の早さだとすると、大阪は新幹線。ならロシアはリニアモーターカー辺りかと想像されるかもしれないが実体はそんなもんじゃない。ぶっちゃけジェット戦闘機並みの早さと勢い、さらには力強さまで感じる、それくらいケタはずれな反応スピードなのだ。おまけにその判断たるや実に正確!ピアノ、ベース、ドラム、楽器に関係なく平等に評価が下される。

例えば、ソロの内容が いまいち だと当然これはパラ・・・、パラ・・・、パラ・・・、の程度の反応の拍手でしかない。そこそこだとパチパチパチパチ、まあまあだと口笛付きの拍手又は喝采。しかしこれがめちゃめちゃいい出来だと会場のほぼ全員が何かの号令でもあったかのように一斉に立ち上がり口笛に拍手喝采はもちろん、ブラボーの連呼付きでしばらく立ったまま拍手を止めようともしないのだ。ここまでの反応は日本ではまずない。何よりソロの出来栄えに対しての自分の判断と聴衆の方々の反応感が全く同じなのにびっくりする。それは、私から見た場合のピアニストやドラマーのソロの内容の感触でも聴衆の反応は全く一致している。恐れ入るというよりおそロシア。(いけない、ついうっかり。失礼しました!)

 日本で日頃ライブをやっていて、自分自身の感触で結構いい感じでソロがやれたとしても、多少拍手が増量される程度でジェット戦闘機まではいかない。おまけに日程のほとんどが二日間連続公演だったので、初日の評判が市民に瞬時に広まり、二日目の最終日は会場の外まで溢れるほどの超満員になる。日本だと二日連続で初日にいい演奏をしても、その噂が口コミで広がり二日目にたくさんの聴衆が詰め掛けるなんてことはまずない。むしろ自分だけの楽しみで伏せておくきらいすらある。残念ながらこの辺が日本で音楽をやっていて少し寂しさを感じてしまう所ではあるが、西洋圏ではやればやっただけの反応が比例してあるのに対し、ここ日本ではへたをするとやってもやってもぬかに釘状態で中々響いていかないケースがほとんどだ。

 これは、昨年の暮れに聞いた話なんだが、ここ1〜2年前からアメリカでは東西を問わず異常にライブ音楽を求める動き,流れが発生し、どこのライブハウスもほぼ満員状態が続いているという。理由は、ここ20年打ち込みに、コンピューターミュージック、ラップミュージシャンやDJなどによるサンプリングを多用したアプローチなど、機械を使用したものが横行し人々がそれに飽き飽きし、やはり昔ながらの生身による楽器そのものの扱いによる音楽を求めているからだそうだ。

 日本は何かにつけアメリカとリンクされている結果、流行や志向性が数年遅れでやって来る傾向がある。アメリカに限らず、確かに西洋圏の人々は音楽がないと営んでいけないという根本的な体質と習慣があり、日本の人々には西洋圏ほど市民レベルでの音楽の理解,音楽の必要性がやや乏しい感があるが、このすでにアメリカで発生しているビッグウエーブが数年遅れでもいいからここ日本にやって来ることを心から待ち望みたい。そして一日でも早く、日本でも口コミで二日目にどっと聴衆が押し掛けるような習性になってくれれば。

                               新  太  郎