< シリーズ “想い”  その 90 >

♪  ???  ♪
【 2008.1.25 】

 とびきり若いミュージシャンには直接的に関係のある話ではないかもしれない。しかし、30才以上のプレイヤーにおいては多かれ少なかれ かかわり が発生し、それは年々重要となる。

 音の質感を向上させるという点で楽器の練習ほど即効性なものはない(当然の話だが)。しかし、これがなければ火がつくものもつかないのは明白だ。これは、将来的(一生涯と言ってもいいだろう)において音質や音色を決定づけていくもので、これまで何度となく述べてきたことだが、自身の音色を把握し、その音色に見合った音楽を展開することによってJazzはプレイが大変スムースになり心底楽しめるようになる。つまり、自身の音色を持つということは、自然で、力強く、スピーディーで、かつスペース感を生み出す原動力になる。そんな訳で、一見間接的ではあるが意外にも直接的であると言ってもいいくらいの重要な話だ。

 音色の第一の源は、持って生まれた自身の体型,体格。これは全員が生まれもった固有の基盤で天性のもの。それに対して後天的な、生まれてからこの方触れてきた、感じてきた全てのものに対する経験、これが第二の源だ。そして、この第二の源が音色並びに音質を選択・決定していく上で大きななカギとなる。

 オギャーと生まれて親元を離れるまでは自分のコントロール外のことになるケースが殆んどで、音色は自然に決定されてしまうが、親元を離れ自立してからは、自分の支配下でいろいろな経験をチョイスできることで音色に選択肢が発生する。この時、ただやってくるものだけに触れていくのも一つの人生スタイルではあるが、あえて自ら乗り出し、分別し、触れ、感じ、心に書き留めていくという経験の積み重ねにより、個性的な自身の感性の基盤が形成され、そこから自然に自分の音色が育ち、熟成していくという実にありがたい変貌システムがあるのだ。ぶっちゃけ、選ばず何にでも触れていくことでも感性形成は行われるが、先行投資()も発生するだろうが、少しの工夫と考慮を入れることにより、感受性の質感がさらに上質に変化していく。要は触れていくもの、接していくもののチョイスが問題となるという話だ。

 前置きがめちゃめちゃ長くなってしまったが、例えば食事の際にいい感じの食器でいただくとか、しょっちゅうじゃなくてもごく数回でもいいだろう、季節がら同じリンゴを食べるにしても少し値のはる上物と言われるリンゴを口にしてみるとか、椅子を調達する時に椅子の歴史の長いヨーロッパものにしてみるとか、服や車などたとえ買わなくてもとりあえず日頃からいいものを目にし、手にし、触れていくという機会を持つことで、世間(人々)がそれらを評価する理由や値打ちを知ることで、自分の心の奥深い所にある感受センサーを呼び起こし、養い、形成されていく。確かに足を運んだり、実際に購入したりで、¥は少々必要になるが、後々それらが音になって必ず返ってくる!

 無理はしなくていい。出し惜しみをほんの少し控え先行投資のつもりで、いいもの、さらにいいものへとステップアップしていくことで、自己形成が促進され、自分自身の芽生えが作動し、音楽の話口(はなしくち)がスタートしていく。この時、(自分の)音色はすでにオートマティックに目の前にやって来ているので、後は努力を絶やさず、質感を向上させることで、自分のやりたい音楽が明確になってくるだろう。いくらいい素材でも原木・原石のままではもったいない。少し気を配り、時間をかけ、いいものに触れ、いいものを知ることで原木・原石は輝き始める。

 楽器の練習以外のものに触れることによって練習不足が発生し、技術の低下を懸念する人もいるだろうが、自分に必要な技術を身につけることがもっとも重要なことで、不必要な技術の習得に時間を費やすのはあまり意味がない。確かに技術で救われることもあるが、根本的に不必要な技術は一時的にしか過ぎず聞き手の心には届かない。それより自分に必要な技術を身につけていくことの方がはるかに意味があり、そこには夢も発生してくる。ただ、何が自分に必要かを知るのに自己形成がなされてないと何も始まらない。そこで自己形成の為の今回の話、という訳だ。

 何からでもいい、少しずついいものに触れて行くことで必ず道は開ける!!


新   太   郎


 年を取るとこうやって自分に言い聞かせていかないと何も始まらない。でも、もうこれ以外の方法を見つけるのが難しい。どうやら50代は言い聞かせの10年になりそうだ。