< シリーズ “想い”  その 89 >

♪  バ ッ キ ン グ の 心 得  ♪
【 2007.12.25 】

 

Jazzのみならず音楽全般において 役割 という点では大きく分けて二つある。それは、メロディーを取る側とそれをバックアップする側だ。ソロピアノにおいては右手と左手といった所だろうか。クラシックのソロピアノにおける楽曲の殆んどは実に見事に書かれているし、右手と左手の関係が見事なバランスとコンビネーションを生んでいる。

 基本的にメロディーは動かし難いしろもので、どんと真ん中で構えていると言っていい。それに対しメロディーをバックアップする側はありとあらゆる手段を講じ、主役であるメロディーを生かす手法をとる。それはつまり、メロディーを生かせれるかどうかがポイントで、メロディーを生かせられないバッキングはもはやバックアップとは言えない。

 ジャズのリズムセクションにおけるバッキングも全く同じ話が言える。リズムセクション全員でメロディープレイヤーを支える時、リズムセクション内の誰かがメロディーを取っている時、ドラムやパーカッションのソロの時においてはソロ終了時のメロディープレイヤーにバトンを渡す瞬間の入り口での受け応えなど、さまざまな形態はあるものの、いずれにおいても主役(メロディー)を引き立てさせる又は浮き立たせることが何よりも優先される。その上で、メロディーに絡んだり、メロディーを軸にサウンドを積み重ねたりするケースが存在するが、これは大変高度な技術で、一歩間違えば100%ノイズになってしまう。基本であるバックアップとは、メロディーを浮き立たせることが確実に出来るようになって初めて、次の段階の高度な技へと進んで行くというのが順序だ。

 ところが残念なことに、確実にバックアップできるリズムセクションのプレイヤーが日本にはごく稀にしかいないという事実がある。特にピアニストは皆無に近い。これは、フロントプレイヤーである管楽器奏者の日頃からの悩みで、ほぼ全員が口を揃えて和音を把握しているピアニストがいないことを指摘している。本来ならこの件に関しては、管楽器奏者がピアニストに対し、どうあるべきかを指導すべき事柄で、この観点から言えば管楽器奏者の代弁をしてしまっていることになるが、厳しく言えば、ピアニストは自分で自分の事に気付かない限り自分の歩んで行くべき自分の道は到底やって来ないし、それどころか基本すら分からないままで生涯を終えることになるだろう。

 そんな訳で具体的にと言っても難しい切り口になるが、現在日本のピアニストの殆んどは、ごくありふれたマニュアル通りのヴォイシングしかしないのが現状だ。マニュアルはあくまで基本的な話で実践は少々違う。3度や7度の音がいつも必要とは限らないし、頭やサビをいつも強調する必要もない。いかにメロディー(又はソリスト)を浮き上がらせるか、いかに引き立てることができるかがもっとも重要で、その時の対応は確かに膨大なまでの多種多様性があるのは事実だが、それこそがピアニスト(和音操縦士)の仕事であり、腕の見せ所でもあるのだ。 と、ここまではまともな音楽的な話なんだが、ほんとに残念なのは多くのピアニストにとんでもない心の問題がある、ということだ。それは、(管楽器奏者やベーシストなどに)指摘されたり批判されたりした人には、それ以降その人とは絶対に付き合おうとしなくなる所で、ひどいケースでは、あんなヤローに仕事なんか絶対にあげない、などとみんなの前で怒鳴りちらすことさえもあるくらいで、音楽家はみなピースフルなのでそんなシーンを見るとついすくんでしまい、次から音楽の話ができなくなる。現実はピアノの88鍵からなる平均律のピッチに他の楽器のみんなが合わせてくれているのに、まるで自分にあわせろと言った具合の態度になるこの事態・現状。まず、ここの根幹を理解しなければ恐らく日本のピアニストはいつまで経っても音楽が分からないままでいることになる。和音を操ることがピアニストの仕事であり、操ることによってバンドが生き生きしてくる状態を作ることが大切な基本的な作業にもかかわらず、現状は新芽を摘んだり、バンドを失速させたり、せっかくいい感じになりかけて来たメロディーにフタをしてしまうような状況まで作り、さらにその状況すらつかめてない。そして最悪なケースでは自分が目立つことだけしか考えていない。ソリストの現状はいつもアンカンフォタブル-Uncomfortable-なままだ。もちろんベースプレイヤーのベースラインの不適合感やドラマーのアンバランスなダイナミックスにストレスを感じる方が大きいケースは十分想像がつくが、メロディー(ソリスト)にもっとも近い所で絡むことのできるピアノのバッキングがそんな状況下でも柔軟に対応出来るようになるとバンド,サウンド(響き),さらにはスウィング感までもががらりと変わる。それだけにピアニストには心の問題から心底再構築していって欲しい、と思うのは私だけではない。むしろピアニスト以外の全員と言っても過言ではないだろう。

 何やら話が予想外の展開になってしまったが、ピアニスト以外のプレイヤーがピアニストに対してこのように感じた又は感じている人はかなりのパーセンテージにのぼるのは明白で、確かに自分以外のパートに不満を抱くケースは色々な場面で出てくるだろうし理解もできるが、ピアニストのそれは少し話が違う。あまりにも方向性がソッポを向いてしまっているのだ。わかっちゃあ〜いるが練習不足で出来ないとか経験不足で出来ないとかというものではない。自分は出来るがベースやドラムにじゃまをされて出来ない又はやってられないと判断している。ぶっちゃけいい腕前のピアニストがいると、少々メロディー(フロントプレイヤー)が歌わなくとも、少々ベースが非力でも、少々ドラマーがスウィングしてなくても、ピアノのバッキング一発で瞬時にバンドはスウィングしてしまうのだ。Jazz界に限らず日本の音楽界の質感の劇的な変化はピアニストが握っていると言っても過言ではない。それだけに一人でも多くの心身ともに謙虚で健全なピアニストの出現を我々は待ち望んでいる。

S H I N T A R O