< シリーズ “想い”  その 9>

♪  あれから8年  ♪
【 2000.12.27 】

 私にとって、最高の友であり、兄貴であり、正真正銘尊敬に値する天才ドラマ−を失ってあれから8年。
よく聞く話だけど、未だに信じられなくてひょっこりどこからともなく現れそうな気になってしまう。
今までこのつらい思いを押し殺そう、忘れてしまおうとずっと努力してきた。
でもいくら努力してもそのインタ−バルが長くなる程度で結局は押し殺すのも忘れてしまうのも意味がないのにようやく気付いた。
今になってなんでここに気付かなかったのか?
要は、その逆をやる事こそ本当の意味があることを!
世紀の変わり目を迎え、自分なりの New Step を踏みしめるのに、この思いは共に持ち込み、彼を背中におぶりながら、自分が息絶えるまで、共に生きていこう!!
 《世紀末の思い》 ああ〜 勇気が湧いてきたような! きっと世紀末は人をセンチにさせるんだろうなぁ。
不安になったり、反動でさわいだり、ふざけたり、悟られない様に平静を装ったり、色々だろうな。
人間が(その昔)勝手に設定したものに、過ぎてしまえばどおってことないとはわかりつつも、わざわざ影響を受け、かなりの多数の人達がセンチになってしまう。 実におもしろい! 
まあたぶんきっと百年という時間への敬意の裏返しなんだろうと思うけど、そうだとしたら西暦1000年の年の瀬は大変なことになるんだろうなぁ。
百年に、千年に、万年の三本立てかぁ。
わぁ〜 見てみたくなった!!

皆様 新世紀もよろしくお願いします。
                               

           新 太 郎