< シリーズ “想い”  その 88 >

♪  円     熟  ♪
【 2007.11.25 】

 

ほとんどのプレイヤーがそうなんんだが、優れたプレイヤーほど顕著に現れる円熟味。大体60を少し越えた辺りの年齢だろうか、何やら得体の知れない変化が始まりいわゆる 円熟 に向かって行く。

 仕組みはこうだ。楽器を始めて平均的に約40年ほどのキャリアの間にさまざまな楽器の技術(一つ一つ小分けすれば軽く は越す量だ)に演奏経験(これも一つ一つ数えたら楽に は越すだろう)から来る音楽的アプローチのノウハウその他、色々な要素が何を基準かはわからないが、何かと何かがくっつき始めそれまで単体での蓄積だったものが融合を開始し、それはまるで太古の昔、海中で飽和状態になったアミノ酸が電気的エネルギー(雷)によって合体を始め、さらに合体と合体が合体し、やがてタンパク質が形成され、それも飽和状態になり、さらなる生命への誕生につながっていったかの如く、幾万もの技術と幾万もの経験が、ある時は技術と技術、ある時は技術と経験のように多種多様な形で融合・合体を繰り返し、いずれは一つの大きなかたまりになって統合されていく。この統合は、自身のアイディアや希望ではなく極めて自然な経過の中で進行する。そして、この統合こそが 円熟 という訳だ。

 円熟味が出てきたり円熟間近になって来ると聴衆やファンの方はもうたまらない!!抱きしめたくなるほど愛してしまう事もあるだろう。 しかし、、、50代以下の我々同業者にとっては実は大変厄介な現象でもあるのだ。というのは、それまで膨大な量とはいえ一つ一つ単体で垣間見れてたそのプレイヤーの技術や経験から来るノウハウなどが多種多様に融合・合体してしまうことによって、どのような技術なのか、どのようなノウハウなのかが非常にわかり辛くなるのだ。ましてや円熟味をぐん と感じられる所まで来られてしまうと、元々あったそれぞれの個々の話が判別出来なくなり、いいのは分かるが いわゆる 盗む ことが出来なくなる。それでも時間をかけて何度も何度もその円熟したプレイを聞いていると、そのうちに一つ一つが見えてくるかもしれないが、あくまで推測の領域に留まるためにそれは ほぼ 絶望に近い。それくらい難しい! もちろん円熟していくプレイヤーを責めるなんてことは出来る訳がない。それはとても素晴らしいことだからだ。だが、現実は円熟されてしまうと、もうそのプレイヤーから勉強させてもらったり盗ませてもらったりは至難の業になってしまう。


 そんな訳で円熟されないうちに、注目しているプレイヤーには何度も足を運び、時には話をさせてもらったり、話を聞かせてもらったり、もちろん共演は数分間で膨大な資料を頂けることになるのでダントツで効率的だが、とにかくどんな形であれ直に接し、触れ、そこから一つでも多くの技術やノウハウをゲットする必要がある。ただ、この行為,作業がこれまた大変! でも、考えたり、ちゅうちょしている暇はない。一日延ばすと確実に一日分円熟の扉に近づいていってしまうからだ。時間はあるようでない!!

 例えば、ジョン・クレイトンやジェフ・ハミルトンのような優れたミュージシャンは、あと数年すると円熟の扉に手を掛けてしまう。そうなると彼らから学び取ることが徐々に難しくなってしまう。聞くなら今、学び取るなら今。これは国内の優れたプレイヤーにも同様に言えることで、特に我々50代は同年代の優れたプレイヤー達と一度でも多く共演し、少しでも多く彼らから学び取らなくてはいけない。勿論40代以下のプレイヤーにおいてもそれは同様の話だが、お互いとは言え50代のプレイヤーはあと10年もしないうちに円熟の扉を目前にしてしまい、たとえ新しい技術の開発や発見のペースが衰えなくても、自分の中のパーツとパーツが自分の意志とは別の所で融合・合体を始めてしまう為、それはたった今発見したばかりのことでも、すぐさま例えば30年前の何らかの技術と結合又は融合してしまい、やはりどんどん円熟味を推進継続してしまうのだ。

これまでの素晴らしい先輩方を見ていると、それは自分の意志通りに体を動かし、体制を整え、思うようなサウンドメイクをしていくのではなく、自然に身を任せるかの如く進行していくようで大変うらやましい限りではあるが、こちらサイドとしては何度も言うように、学び取るなら60ちょい過ぎ辺りまでのプレイヤーからでないともろもろ のゲットが非常に難しくなる。特に50代の優れたプレイヤーは 技術 にしろ ノウハウにしろ、質も高く量的にも宝庫であると同時にそのお宝も引き出し易いのでなおさらだ。

 そんな訳で、円熟した巨匠を追っかけるのもいいが、実は巨匠寸前の優秀なプレイヤーこそもっとも注目しておく必要があると言えるのだ。芸術の世界で円熟は集大成作りであると同時に、円熟し切った(大きな)単体はそれぞれの世界での偉大な財産であり、歴史上では文化となっていく。人類社会にとってそれは大変素晴らしいことではあるが、そうなる前に手を打っておきたい。音源(レコードやCD)を聞けばいいじゃないかと思われる人は大勢いるだろう。しかし、ライブに比べ再生モノはそのプレイヤーの3〜4割程度のものしか情報量として垣間見れないのでひもとくにも限界がある。同じ時空で時を過ごし、空気を共有し、一切漏れることなくじかにそのプレイヤーの全貌に触れる事こそがベストであることはもはや説明の余地はない。なような諸事情なもんで、そのようなプレイヤーが現在進行形でしかも50代なら、なおさら頂ける間に頂いておきたいのだ。



       S   H   I   N   T   A   R   O