< シリーズ “想い”  その 87 >

♪                      ♪
【 2007.10.28 】

 リーダーになるにはかなりの下積みが必要だ。リーダーがサイドメンに、こうしろ,あーしろ,こうやってくれ,誰それ風に,それはダメだ、と指示を出すようではJazzバンドからはほど遠い。リーダーたるもの自分が選んだメンバーには好きにやらせ、あきさせることなく、それでも自分を見失わず自分のカラーが出せるようでなくてはいけない。そこまでの技量を下積み中に養わなくてはいけないのだ。
 Jazzは何より個々のカラーのアンサンブルがもっとも重要。メンバーが一人代わればバンドががらりと変わるのは当然のことで、リーダーはどんな状況下でも柔軟な対処・対応が出来る必要がある。それでもリーダーのサウンド感を感じさせられるなら、それはとても素晴らしいリーダーで、この場合サイドメンはそのリーダーのバンドでプレイ出来る事を光栄に思わなくてはいけない。何故ならそんなバンドリーダーはそうそういないからだ。

 全員がゆくゆくはリーダーになれるチャンスがある。だが、サイドメンとリーダーには決定的な差がそこにはある。サイドメンは自分の事をやるだけでいいのに対し、リーダーは共演者を理解し、共演者の力を利用し、自身と共演者の融合点をいち早く見いだし、心地いいサウンドを進行させつつ、尚かつリーダー自身の言い分を共演者よりほんのちょっぴり増量で出し切れる所だ。ぶっちゃけ自分の事だけをバッチリやれるようになるまでにすでにとんでもない時間を要する。しかし、先ほど述べたバンドリーダーの指針(決定的な差)を踏まえた上で、日々研究と勉強を続けていけばJazzをさらに深く理解できるようになるし、やがてはサイドメンからリーダーになれることだろう。それでも確かにベーシストとドラマーのバンドリーダーは非常に難しい。ピアノ,ギター,その他のフロントプレイヤーに比べて、2倍どころか4倍5倍さらにその上の難易度がある。理由は単純にリーダー自身による曲のテーマ(メロディー)のセットアップの比率が極端に少ない所にある。今の所、バッハの時代から今日まで、音楽はメロディーが全てのカギを握っている。アート・ブレイキーのようにたまたま同年代・同世代に良き理解者・共演者がいるとそれは見事に成立するが、ドラマーとしての技量も歴史上3本の指に入るほどの腕前でないとこれまた不可能となる。大変厳しい状況だ。それでもさらなる研究でいつの日か、ベーシストやドラマーのリーダーバンドが可能になって来るのではと思うが、正直まだまだ時間はかかるだろう。

 リーダーになって初めて分かることも多々ある。そう簡単にサイドメンで十分な下積みがあるからと言って、すんなりリーダー合格とはいかないのも事実。リーダーをやりつつリーダーになる為の技量を身につけるも良し、一旦バンドを解散しサイドメンでもう一声下積みをして、その後に再チャレンジというのもいいだろう。方法はどうであれリーダーの条件を満たすまでには色々な経験をしなければいけない。勿論、パーソナリティー的に向き不向きがあるので全員がリーダーになっていく訳ではないが、リーダーを目指してみるというのは少なからず大きな財産が必ずやって来る。

 たった一曲ブルースのテーマが出来るだけでものすごく大きな喜びがやって来るこの音楽。それ以降も自分次第でどこまででも大きな喜びが絶える事がない。勿論、喜びをゲットする為には努力以外ないのは当たり前だが、その努力も量,質,キャリア等にきちんと比例して報われるという法則があり(あくまで音楽的に報われるという意味で有名になれるとか大金持ちになれるというのではない)、これも金銭面で恵まれない世界ゆえの精神面での幸福感を神様は与えてくれているんだろうが、サイドメンでいい経験をして、いいリーダーが少しでも多く出現することを願っている。

 

 

新     太     郎