< シリーズ “想い”  その 86 >

♪  ち ょ っ と 分 か り 辛 い か も し れ ま せ ん が ・ ・ ・ ・  ♪
【 2007.9.25 】

 どうやればリズムは良くなるか、という質問ほど多いものはない。
もちろんその背景には手に負えなくて摩訶不思議で実態が中々つかめないからだろう
が、ぶっちゃけリズムの説明は難しい。説明を聞いたからといっても、さっとできるほど
易しくもない。
 簡単でいいから コツ を教えてほしいという依頼は何度となく受けてきたが、簡単な説明
がまず難しいのだ。適当にその場をにごす程度の事を言って済ましてしまう人は随分多い。
しかしそれは取り違える可能性はかなり高くなる。そこで今回は何やら訳のわかんないよ
うな話をしてしまうが、こんな説明もあるということで触れてみてほしい。


 まず、リズムは 空間 にあることを認知しなければならない。それは、水平軸だけでも
いけないし垂直軸だけでもいけない。縦・横・奥行きの3次元空間内を意識することが
まずは第一条件。縦ノリだけでは当然良くないし、横に流れ進んで行くイメージだけでも
いけないからだ。次に、リズムは時間(テンポ)と共に移動するので、時間軸を加えた4
次元を認識し、さらに表現(タッチや発音)軸を組み込むことによって初めて リズム は
設定される。つまり、全部で5次元の感覚が必要となってくる。空間をテンポと共に移動
し、強弱をつけることによってメリハリの効いたリズムが出るという訳だ。

 しかし、この5次元が認識できたからといって終業ではない。人間の感覚は見たり,聞
いたりしてから脳がそれを判断し行動に移すまでに 約 0.1秒 かかると言われている。
そこで、バンド内で人のやっているのを聞いてから音を出そうものなら、確実に 0.1秒
前後の遅れが生じるのでしっかりとテンポにのっとってジャストのタイム(平たく言えば、
‘ここっ!’というタイム)を予測し、そこに音を入れなければ結局はリズムは出ない。ここ
では予測の為のそれまでの足跡(そくせき)の記憶と分析が不可欠となる。予測が完了し
たら、後はイメージ通りの音をそのタイミングにほり込むだけだが、それでも予測と違う
結果が現れることがある。この時、その違いはすぐ次のシーン(次の拍)で修正または変
化という工程になる。違ったからといって慌てる必要はどこにもない。違いを修正したり、
違いを利用して新たな展開に持ち込むのも有りだし、違いを素直に受け入れ小細工なし
にすぐに気持ちを切り替えてリスタートするのも将来的には大変意義深いやり方だ。この
ように、違いは違いで受け入れ、色々な手段を即興で楽しんでいくのもこれまたJazzの
楽しみ方の一つだ。この違いは即興演奏ではある程度の%でレベルに関係なく必ず発生
するので、こういったものを アクシデント と呼んでいるが、基本的には8分音符であろうが
16分音符であろうが、ソロの場面でもバッキングの場面でも、一拍一拍が基本で一拍進
行するごとに、予測→プレイ→確認→違いがある時は修正または変化→そして分析した
結果の次の予測→、という作業をすることになる。もちろんこれらの作業は一拍内で全て
を完了するのが望ましい。一拍内で完了することで分厚く充実した濃い内容のものになる
からだ。そして次の一拍でも同様の作業を繰り返していく。予測通りの音が次々に入りか
けたら、この時リズムに関してはとりあえず基本の部分で終業となる。後はいかに修正と
変化を少なくしていくかだが、この問題はハートが全てを解決してくれるだろう。

 この一拍内での作業、一見人間業じゃないような話に聞こえるが例えば、車の運転で
前を見てミラーを覗き歩道や四つ角からの突然の進入に警戒し、手はハンドルにウイン
カー、足はブレーキにアクセル、おまけに同乗者がいれば話まで付き合う。こんなことを
同時にやってのけているんだから、この一拍内の作業は決して途方もない話ではない。
現にアメリカやヨーロッパの多くのプレイヤーがごく普通にごく自然に日常やっている。た
だ、道具(楽器)扱いと音扱いが車ほどすぐにはできない話ではあるが日本のプレイヤー
はこの一拍内の作業の認識は高める必要がある。この辺りが発展途上国である現状で
もあるが、そうとんでもない話ではない。そして5次元の認識に一拍内作業を加えたこれ
が‘Swing’というリズムの根幹と言える。

 これらはかなりハイレベルの話なんで初心者のプレイヤーには、まずは演奏する楽し
み,楽しさを味わっていってほしいし、その後さらに次の楽しみへと進み、ゆくゆくこれら
のことを考え,試していけばいいと思う。曲に触れ、アンサンブルを楽しみ、聴衆を前に
演奏する喜びをまずは堪能してほしい。そして、徐々にただ触れるのではなく、ただ合奏
するのではなく、工夫と苦労をちょっぴりしょい込みながら歩んでいくと、これはとても素
晴らしいミュージックライフになるのは言うまでもない。

                        ☆

 ここで、話ついでに更にマニアックな話。これは、私の理論で大変恐縮なんだが、リズ
ム(のイメージ)は 球 体 であると言える。球面上を自由に飛び回り、好きなコース取り
でライン(リズム)を描く。この球体は空間を時間と共に移動するが、常に表現は球体の
表面上でとり行われる。 このようなイメージで聞けばハービー・ハンコックの複雑なシン
コペーションも全て理解できるはずだし、シンコペーションのはめ込み方もかなり容易に
なってくる。
 球体 にたどり着くまでには色々な足取りと試行錯誤があったが、球面上でのリラックス
感と自由さは中々いい。黒人のプレイヤーがリズムに対してどんなイメージで捕えている
かは実際のところ分からないが、恐らく本人達は具体的なイメージは持っていないだろう。
理由は勝手に自然にやれてしまうからだ。それくらいアフリカを発祥とするリズムの世界
での経験と蓄積から来る優位さは言葉に置き換えられないほど深くDNAに書き込まれ
ていると言える。それでも、リズムの感じがいい白人のプレイヤーに、多くの黒人プレイ
ヤーはやはり球面上で play していると言える。日本人の場合は黒人,白人に比べてま
た違ったニュアンスのリズムになるだろうが、球面上でやっている限り、彼ら(黒人やいい
リズムの白人のプレイヤー)の言わんとすることが瞬時に理解され、こちらがやってること
に対する反応も瞬時に返ってくることは間違いない。後はお互いが助け合い、お互いが
相手の動きを利用しあい、あるいはお互いが反発しあうことによって‘Swing’というリズ
ムはさらにさらに深みを増し、楽しみと楽しさは倍増する。

                        ☆

 いつもそうなんだが、こうやって音のことを言葉に置き換えているがこれほど難しいもの
はない。何故なら本来言語に置き換える必要のない世界だからだ。全ては 音 で分かっ
てしまう。ただ一つ、何度も言ってしまう残念な話が、日本人の多くは 音語 に対して食わ
ず嫌いな所があるということだ。理屈抜きに聞き入れてしまえば簡単なのに つい 構えて
しまう。恐らく、目に見える物を優先するからだろうが、耳で見える(理解できる)範囲は目
よりも遥かに深い所まで到達しているということをもっと知るべきだと思う。目は口ほどに
物を言う、と言うが音色は的確に本音が分かる。

 さておき、今回は(今回もかな?)かなりマニュアックな話になってしまったが、これが今
現在の私のリズムに対する把握段階で、今後また違う話になっていくか、さらにバージョン
アップになるかは全く分からない。結局よくある無責任な話ということになってしまうが、個
人的には今の所これで一つの決着はついているように思っている。
ただ、残念ながらドラマーはここからまだ先がある。単にデカイ音を出したり、シカケの
合いの手を入れたり、fill in でバンドを誘導したりだけではない。むしろそれは、自分自
身が‘Swing’を Keep するのは当然の上で、共演者全員をそれぞれの共演者自身の技
量以上の Swing感 に仕立て上げるのが最終目的であり本筋の作業になる。これについ
ては更なる探求と研究が必要になるが、音階がない分この分野に集中できるばずなので、
是非ともその領域まで踏み込んでいってほしい。


 とまあ、こんな具合だが か な り 分かり辛いですよね。結局はこの辺りのことまでが実
践できるようになって初めて今回のこの話は分かって頂けるんでしょうが、‘音語→言語’
ほど難しいものはありませんね。こんなこと書かない方が良かったのかなあ?


             S   H   I   N   T   A   R   O