< シリーズ “想い”  その 85 >

♪  自  分  の  た  め ♪

【 2007.8.28 】

 どうもこの年になってなのか(この書き出しはもう何回となく多用しているが)、最近次
世代の為に何を残せれるか? という視点から私自身の次の目標なり練習内容なりが
設定されて来ているように思われる。以前はもっと‘自分のために’が100%だったの
に、これからいよいよ大切な時期に差し掛かってくる世代のプレイヤーに何を示せれる
か?をつい考えてしまうのだ。もちろんそれがほぼ自動的に自分のためにもなってくる
んだが、最初の出所が‘自分のため’ではないのだ。

 目指すはただ一点のみ、即興演奏を可能にする為のノウハウのゲット。でも、これが
限りなく手ごわく、忍耐と修練、経験に個性の味付けが不可欠となってくる。目指すもの
がたった一つという実にシンプルな話なのに、なぜこうも何十年もかかるのか?時折り、
自分の能力のふがいなさに落胆したり、つい辛いものから逃げ出したくなったり、実際
逃げ出してしまったり。そんな逃避が更に自分に追い討ちをかけ、余計に時間を食って
しまっているのも事実。でも、これも人間の成長には必要なインターバルと、いいように
解釈し、再度ギアーを入れた時にできる限り新鮮な気持ちでリスタートを切れるようにし
てきた。しかし、このリスタートも近年‘自分のため’にだけでは、気持ちを切り替え新た
な心持ちでスタートするのが難しく、ぶっちゃけ満足なリスタートが出来ないでいる。

 そんな中‘自分のため’にだけではなく、より確かなもの、より質感のいい状態、そして
僅かでもこれまでにない新しい切り口の組み込みなどを軸に次世代へ渡してはどうかと
思うようになって来た。私もしくは私たちの世代のプレイヤーから、何を引き出し、何を取
り込み、何を切り捨てるかは残念ながら全て次世代にゆだねられている。だから、今やっ
ていることが誰にも受け継がれずに終わってしまうというケースも当然出てくるだろうが、
できる限り多くのサンプル,諸例を残すことが重要だと考えるようになってきた。

 音楽家にとって‘即興’が キマる ことは最大の喜びであり、ある種それは奇跡であり、
文化であり、やがては歴史となる。 かつてバッハやモーツァルトも音楽作りは即興が大
部分を占めていた。時代は移り変わり、今はジャズプレイヤーがその部分を受け継ぎ受
け持っているが、これも100年後にはまた違う新しい分野が取って代わって即興重視の
音楽作りをやっていることだろう。もちろん我々ジャズメンもクラシックの恩恵はかなり受
けているのは言うまでもない。300年前の知恵が今もなお生き続け、受け継がれ、今後
も引き継がれる。私たちはただその 一橋渡し役 なのだ。そしてその 一橋渡し の中に
Something New を含ませてバトンタッチができれば質感は間違いなく向上し、文化は
受け継がれ、歴史は積み重ねられていく。

 たった12種類の音程に拍数を加えただけの世界なのに、無限大の可能性が潜んでい
るという、まさしく神秘と言うにふさわしいジャンル。少しの変化でまったく様変わりするし、
一見何でもありのようだが 感性 というジャッジメントで全てが仕切られている。しかもこ
れが言語を越え国境を越え、世界の人々を結び付ける 力 まで兼ね備えているという優
れもの。それだけに、音楽作りのノウハウは精度が要求される。

 日本はまだまだ音楽の世界では発展途上国。それゆえ次世代のプレイヤーには少し
でも私たちの話に耳を傾けてくれることを切望するし、できることなら受け継いでいって
ほしい。確かに自力は基本なんだが、自力だけでは相当大変なものがあるし、それに
費やす時間も半端ではなくなる。恩恵は正直有難い話だというのも間違いのない話だか
らだ。

 結局この話、なんだか お願い になってしまっているようだが、私自身話を聞きに来ら
れた時に話が出来るようになっていたいのだ。とまあ、とうとうそんな思考回路になって
来てしまったんだなあ、これが。 あ〜あ、何だかすっかり年食っちまいやがったぜぇ〜。
(おいおい、なんでそこでいきなり江戸っ子になんねんなあ〜!)



                                  新    太    郎