< シリーズ “想い”  その 84 >

♪ ベ ー ス プ レ イ ヤ ー か ら の 切 実 な る 希 望  ♪

【 2007.7.26 】

 ベースという楽器はこの世に存在する楽器の中で屈指のメロディーに不向きな楽器。
だからその分、ベース以外のメロディー可能な楽器のプレイヤーには つい ゆだね
期待してしまう。勿論ベースでメロディーを取れる曲も何曲かはあるし、強引にベースで
メロディーをというのも日常ちょくちょくあるんだが、ぶっちゃけピアノやギターに比べ は
るかに表現能力に限界があり、ましてや管楽器などと比べたらそれはもう雲泥の差。
それだけに日頃からいいメロディー、もしくはいいメロディー感を求めてしまうし、メロ
ディーにはとても敏感になる。

 メロディーの勉強は例えば、よく知られたスタンダードでさえ一曲をモノにするのはそう
容易ではない。ストレートメロディーの習得に始まり、メロディーフェイク、フィルインに可
能な範囲のテンポ設定による多種多様なバリエーションを経験して初めて全体像がつか
め始める。しかし現在、残念なことにこの入り口付近で納めてしまう人、終わってしまう
人がほとんどで、メロディーそのものの把握をするまでに至らないプレイヤーがプロ・ア
マ問わず非常に多い。

 メロディーと言われるものには全て独特の空気感(もしくは かもし出す におい のよう
なもの)が必ずある。メロディーに付随するオーケストレーションは当然重要だが、この
空気感を把握しない限り、その曲をプレイし、enjoy することは難しいものになるのは言
うまでもない。少々話が道草状態になるかもしれないが例えばそれは チェンジコード で
も言えるだろう。空気感を知らずに数学的に当てはめただけの チェンジコード は当然
の如く不自然になり、Soloにおいても空気感をたずさえていないチェンジコードではどう
やろうが全て同じようなアプローチにしかならず、即興音楽にあってはならない単調感が
即やって来るという結果になってしまう。チェンジコードのアレンジメントも細心の注意が
必要なのだ。

 歴史的に名盤と言われるアルバムでプレイしているミュージシャンや巨匠と言われる
アーティストは皆この空気感を良く知り、その上で音楽を展開している。だから一曲一曲
に味わいがあり聞き応えがある。道草ついでに少し極端な例になってしまうがこんなケー
スもある。 ジョン・コルトレーンが代表作の‘My Favorite Things’で、ガー
シュインの
But Not For Me を取り上げているが、ジョンはこの曲の空気感をしっかり把握する事
によって、数学的には一見無理すじに見える自身のコルトレーンチェンジをはめ込み、
テーマもソロも見事に But Not For Me の空気感の中でプレイしている。 この融合は
実に歴史的感動モノで、テーマのユニークなメロディーフェイクのラインに始まり、音数
の多いソロ、そしてエンディングに至るまでどこを切ってもやはり But Not For Me
 で、
まさにブラボーの一声だ! 

 空気感の勉強は簡単ではないが、初めに述べた全体像が見えてくるまでのプロセス
以外に、スタンダードであれば歌詞を参考にするのもかなりの手掛かりになる。とにかく
漠然と眺めた時にぼんやりと少しずつ見えてくる。そして慣れてくると今度は徐々に鮮明
に感じ取ることが出来るようになる。

 テーマのメロディー以外にも、リフ,2ndリフ,モチーフ,ベースライン,ドラムのシンバ
ルレガートなど、ぶっちゃけ何にでも空気感は存在しているし、存在させることができる。
例えば、有名な2ndリフなんかはテーマのメロディーとはまったく違うラインで表現してい
るにもかかわらず、同じ空気感を存在させている所にその値打ちがある。

 物質感のない漠然としたポイントの話の連続で中々内容すら分かりづらいとは思うが、
こんな話だとどうだろう? 
 ミルト・ジャクソンの名曲 Bag’s Groove は、テーマの最初の2音でこの曲の全体の
空気感(におい)というものが見事に表現されている。だから、この曲は最初の2音がと
ても重要で、この2音における空気感が把握できさえすればこの曲のテーマの歌い方は
ゲットできたも同然と言える。何故なら、この2音以外の所も全てこの空気感の中で奏で
ればいいだけだからだ。 もう一曲、ベニー・ゴルソンの名曲 Whisper Not もテーマの最
初の2音でこの曲の空気感を決定づけている。この二曲、ほとんど同じようなメロディー
の立ち上がりなのだが、そこから出てくる空気感は全く違う。この辺りのことに気付けば
空気感というものがどういうものなのかが分かって頂けるんではないだろうか?

 曲にも難しい曲とやさしい曲がある。コード進行的に難しいケースも確かにプレイヤー
にとっては難関ではあるが、これに関しては時間的な問題と言えるだろう。それより、な
んてことないようなメロディーラインの曲でもやたらやりにくい曲があったりするのは、そ
の曲の持つ空気感がことのほか特殊で、以外に把握と持続が難しいという理由からだ。
要するに、曲の難しい、やさしいは空気感が分かり易いか、分かりにくいか又は特殊か
どうかで決まるという訳だ。もし、この空気感がさっぱり分かってないとなると、それはい
つまで経ってもいい感じにはなってこないし、やさしい曲でさえ難しい曲をやってるのと同
じような状態にハマってしまうことになる。この難しさから脱却,解放される為には何より
この空気感を知るよりほかはない。


 はっきり言って今回は他力本願の話だが、こんな訳でベースプレイヤー以外のメロデ
ィー楽器担当のプレイヤーにはこのことを強く希望,熱望する次第なのだ。もちろんリズ
ムセクション側のベース,ドラム,ピアノやギターのバッキングも空気感の把握がある上
でのプレイを心掛けなければならないのは必須だが、後は単純にフロントとリズムセク
ションの共同作業があれば、音楽は最高に楽しい!!



           S   H   I   N   T   A   R   O