< シリーズ “想い”  その 83 >

♪  調  子  が  い  い ♪

【 2007.6.25 】

 スポーツ選手にしろ我々ジャズメンにしろ ‘調子がいい’ ということは一体どういうこと
なのか?

 こういうことって、いつも自分中心に物事を捉えがちだが、実は ‘調子がいい’ という
のは錯覚で、それは進路(この場合プレイをしていく先という意味)がただクリアーなだけ
ではないだろうか? 日頃は何かと障害があったり、急に進路の妨げがどこからともなく
発生したり。それでもって、今日は上手くいかないと思ったり、今日はなかなかいいと感じ
たりしてしまっているような気がする。

 ミュージシャン同士のかかわりの話でいくと例えば、大きなものが近づいてくると必ずそ
の前兆(余波)のようなものがあるのと同じで、小さなものはその前兆を感じ取り、それが
自分より大きい(この場合 よりサウンドしているプレイヤー をさす)と分かると、すっと道
をあけたりゆずったりする。その結果大きいものの方は進路がクリアーになり、まるで何
でもかんでもまかり通りその結果 ‘調子がいい’ と思ってしまう。こう見るのが正しい見方
かもしれないのだ。
 一方で大きなものが道をゆずるケースもある。この場合いくつかのシチュエーションが
考えられる。 かわいそうで お慈悲 で道をあけてあげる場合,可愛くて気に入って道を
あけてあげる場合,いつもゆずってもらっているのでたまにはと お返し で道をあけてあ
げる場合,祝い事か何かでクローズアップするために道をあけてあげる場合、などなど。
この時、小さいものはその行為に対して感謝して進むのか、もうけたっ!と思って進むの
か、不思議に思いながら進むのか、こちらの方も当然色々ある。
 要するに大きいからといっていつも道をあけてくれるという訳ではなく、大きいがゆえに
道をゆずる時もあるのだ。この時、小さい方が ‘調子がいい’ と思うのはほとんどのケー
スで大きいものが道をゆずってくれていると考えていい。

 ただ、問題はどちらが大きくてどちらが小さいかだ。こればっかりは正直分からない。例
えば、大きい小さいは実力のあるない以外に、人間が大きいか小さいか、はたまた江原さ
んじゃないけど霊的にデカいか小さいかも入ってくるだろうし、音楽的に優秀なプレイヤー
が必ずしも大きい存在とは言えないのだ。当然 、下っぱがいつも小さいとも限らない。今
日 ‘調子がいい’ と思うのは道が自然に開かれているのか、それとも何かの配慮でゆずっ
てくれてることで開かれているのか。これは実に微妙な 力関係 で直ぐに判別の付く代物で
はない。ただ、間違いなく一つ言えるのは、 ‘調子がいい’ は進路がクリアーで前進し易い
という物理的な環境にあるということで、その環境は自力でセットするのではなく他力又は
人的配慮ですでにセットされていると考えられるということだ。

 とまあ、こんな風に考えると ‘調子がいい’ というのも 能天気 ではいられない。一言付け
加えるなら、力 が付いてくると ‘調子がいい’ 日が確実に増えるのは確かで、だから日々
精進していくんだけど、それでも ‘調子がいい’ は100%自分の実力と思ってしまうと、そ
れは ちと早合点である と言えるような気がする。

 話をややこしくし過ぎたかなあ〜? でも、体調を崩しているのにいい感じでやれる時が
あると思えば、体調万全でもさっぱりな日がある、この説明をするのにこうでも考えないと
理由が見つからないのだ。そう軽く流せるようなポイントではないように思うんだが。プレイ
ヤーの皆さん、どうですか?



                                  新   太   郎