< シリーズ “想い”  その 82 >

♪  駐 車 監 視 員 ♪

【 2007.5.25 】

 悪夢のような交付発令から1年が経過した。この1年間で多くの美味いラーメン屋が店
を閉め、多くのジャズベースプレイヤーが大変な事態になった。発令 から1〜2ヶ月経っ
た頃から約半年間の間にライブハウス,ジャズクラブ等のお店のオーナー直々に交渉し
て廻った。自分自身の為というより全てのベーシスト,全てのギタリスト,全てのビブラフォ
ン奏者、さらに次世代のプレイヤー達の為に話を持ちかけた、何とか対策をと。年間を通
して比較的よく出演するお店20数軒のオーナーに、「ベースプレイヤーにとっての駐車場
代はピアノの調律と同様に、音が出るまでの必要経費であり、それは基本的にお店側が
持つべきものではないか? 勿論ギタリストにビブラフォン奏者のそれも同様だ。」、と。
 余裕のあるお店からギリギリのお店まで色々ある。だから交渉はそれなりに巾を持た
せたつもりだ。全額を要望したお店,せめて半額をという話,はたまた来店のオーディエ
ンスに一人¥50〜¥100の駐車場代カンパ願いの提案等々、色々なバリエーションで
話をさせてもらった。もっとも ドけち で有名なオーナーには残念ながら言わなかった。
そういうオーナーは交渉時期をあせらず、回りの変化に同調していってもらうのが一番自
然だと考えたからだ。

 色々なことを言われた。ベースプレイヤーごときに カンパ は考えないとか、ベースはピ
アノと違ってメインではないから駐車場代は出せないとか、ひどい所ではベースをやって
る方が悪いなどというオーナーなんかもいてびっくりした。当然そんなオーナーのお店に
は二度と行けなくなった。いきなり強く言うのではなく徐々に踏み込んで失礼のないように
細心の注意を払って言ったつもりだったが。
 一度で引き下がるのではなく二度三度と話を持ちかけ、一年経って対策を取ってくれた
のはたったの3軒。じゃあと言ってその日に駐車場代をポンと出してくれたのはいいが、
それっきり一回ポッキリで、以後忘れたのか結局は出す気がないのか、こちらとしては能
力的に可能であろうと判断したお店のみに話を持ちかけているので、出したくても出せな
いのではなく、この場合ただ出したくないということなのだ。

 一回当たり¥2.000〜3.000 のパーキング代。当然仕事を多くこなしているベーシス
トほど経費は相当なものになる。平均的に月に3〜5万円という経費が発生し、年間の
トータルだと生活レベルからいってかなりの圧迫になっている。それでも多くのお店では
相変わらず何の手立ても考えようともしない。このままではベーシストにギタリスト、ビブ
ラフォン奏者までもが大変な苦労の元で音楽生活を送っていかなければならなくなる。
ただでさえ Jazz界 は大変なのに。

 一年経った今、今後この状態が改善されないとなるとベーシストは一人また一人と廃
業に追いやられていくのは確実だ。今の時点でベーシストがぐっと減ってしまうような状
況になるということはどういうことになるかというのを誰もまったくシュミレーションしてい
ない。それはいずれベースなしの音楽になってしまうということだ。ベースがないというこ
とは当然ほとんどのケースでドラムはない。今後はピアノとフロントプレイヤーのみによ
る音楽しか提供できなくなる。そんなバカなことがと思っているオーナーはかなり多いよ
うだが。

 西洋人はシュミレーションが好きで日頃から何かあると色々と想定してそれの対処法
を試行錯誤し始める。一方、東洋人とりわけ日本人はどうも現実的にそうなってからで
ないと腰を上げない習性がある。今回のこの事態も、ベースがない音楽がいかに貧相
かということを分かっている人は非常に少ないということなのだろう。貧相な音楽がどう
いうものなのか? それはの奥行きや広がりが一切なしのワンテイストの音楽になると
いうことだ。


 この駐禁制度はいたしかたないにせよ、多くのオーナー達には落胆せざるをえない。
それでも一軒、また一軒と考慮が始まっていけばいいのだが。もうベーシストからのみ
の要求では動かなくなりつつある。事態は思っている以上に深刻なのだ。
 一年前の‘発令’によって、今回ベースプレイヤーに対する扱いが露出した。今後、こ
れまで通り、変化がないとなると大変嘆かわしいの一言に尽きることになる。我々ベース
プレイヤーは心してかからないといけない。世の中甘くないのは重々承知だが、今回の
対応,応答は正直心底悲しい。



                   新      太      郎