< シリーズ “想い”  その 81 >

♪  ク ラ シ ッ ク    か ら    J a z z  へ ♪

【 2007.4.25 】

 これまで、クラシック と Jazz の体位的な話は世界中でそれはもう語り尽くせないほど
言われてきている。 実際問題この星の歴史において、音楽部門ではクラシック とJazz
の出現はあまりにもデカい出来事だ。しかしながら歴史は歴史。やはりクラシックあって
の Jazz であり反対の順番はあり得ない。これは生物が海から陸へ上がったのと同じ
で、陸上生物から進化して海中生物にはならない。そしてまさしく海から陸への転換期
には大変な試行錯誤が執り行なわれたのと同様に、クラシック から Jazz へは膨大な
失敗例が存在したに違いないことは簡単に想像がつく。
 海の生物が えら 呼吸をメインスタイルにしていたのに対して陸上の生物は 肺 呼吸
だ。クラシック と Jazz にも共通項は大量にあるものの、決定的に違うものがそのには
ある。そしてその変化はやはり「進化」と言えるだろう。

 クラシック から Jazz への最大の変革はコンポーザー主体からプレイヤー主体への
移行だ。クラシック界の巨匠で名前をあげるとなるとベスト10は全てコンポザーになる。
しかし、Jazz 界の巨匠のベスト10は全てプレイヤーなのだ。もっとも16世紀にすでに
レコードが発明されていたなら、バッハやモーツァルト、チャイコフスキーも皆、実はとん
でもないプレイヤーだったということが証明できたかもしれないが、ぶっちゃけ人間の能
力は全てを備えているわけではない。ガーシュインやコールポーターがプレイヤーとして
名を残していないようにコンポーザーはコンポーザー、やはりプレイヤーではない。ただ
クラシック界はこのコンポーズがあまりに秀作で、プレイヤーは出来る限りコンポーザー
の意図をくむ形のプレイングアプローチになっているのに対し、Jazz 界はコンポーザー
が意図しなかったような世界を個性溢れる巧みな演奏手法で‘自身’を表現してしまうと
いうプレイングアプローチになっている。 これが音楽作りにおいてクラシック と Jazz の
決定的に違う、いわゆる えら呼吸 と 肺呼吸 の違いに相当する点だ。

 クラシックではメロディー,フレーズ,ハーモニーがとても重要な要素なんだが、Jazz
では Swing 感というエネルギー場の中での一つ一つの音符そのものの表現方法、つ
まり‘音あつかい’がとても重要な要素となっている。例えばだが、四分音符で「ミ」とい
う音符が、ある一連のメロディーの中にあったとして、Jazz プレイヤーはこれを「ミ―」
と言ったり、「ミッ」と言ったり、「ミ〜〜」と言ったり、「ン ミ―」だったり、コンポーザーの
意図する世界ではなく(もちろん意図する所は百も承知の上で別のアプローチを試みる
というのが前提であるのは言うまでもない)、プレイヤーの独自の意図や息吹きを吹き
入れるという手法だ。 この‘音あつかい’のセンスそのものが Jazz フィーリングであ
り、Jazz というタイプの音楽をクラシックから脱皮させ進化させ決定づけさせた要因に
もなっている。Jazzはメロディーを十分把握した上で更に、一音一音の‘音あつかい’を
工夫することで成立していると言っていいだろう。そしてこれを最初に ガツン と決めた
のがルイ・アームストロングであり、そこからレスター・ヤング,パーカー,マイルスと、
次々に新しいバリエーションが登場し、こんにちの Jazz 界が形成されているという次
第だ。

 Jazz を学んでいくにあたり、とかく いいフレーズ というものを求めがちになるが、メ
ロディー,フレーズに加え、この一音一音の‘音あつかい’はJazz を習得していく上で、
絶対に外せない大項目となる。ぶっちゃけ少々メロディーが崩れても一音の音あつか
いにセンスを傾けると、この時点で大へん Jazzy になるのは明白だ。ただ、音あつか
いは当然のことながらそう簡単ではない。十分な楽器の技術の習得に メロディー,フ
レーズ,ハーモニーの理解が不可欠だ。残念ながら「進化型」は直ぐにはゲット出来な
いのがつらい所。それだけに、Jazz は奥が深いと言える。

 まるで DNA の種の存続欲望が、生物を海中から陸上へと上がらせたと同様に、人
間の音楽欲がクラシック から Jazz へと音楽作りに活路を見いだしたのはもはや歴史
上の事実で私個人の話ではない。そして、この一音一音の‘音あつかい’こそが現在の
音楽作り の生命線であり、この生命線の学習は Jazz をたまらないものにしてくれてい
る。



 (う〜む、今回も熱く語ってしまった。。。 それにしても年々 からくり ばかり解明
  出来てきているが肝心の実効・実演が追いついていかないのが何と言っても私
  の課題なんだなあ〜、これが ・ ・ ・ ・ ・ 。)


                S  H  I  N  T  A  R  O