< シリーズ “想い”  その 80 >

♪  わ ら を も す が る ♪

【 2007.3.25 】

 この年になってくると集中力を保つことは切実な問題になってくる。これまで、色々やっ
てきた。まず、単純に体力をつけること。これはかなりのポイント性を持っている。ハード
な体力アップは逆に体を壊すのでそれなりなんだが、基本的にジョギングは中々いい!
食事に気を配るのも勿論重要だ。 若い頃は 肉 中心で丁度よかったが、最近はなるべ
く野菜中心にシフトチェンジしている。睡眠は当然なるべく取る。これらは誰もが思いつき
実行できることだ。後、最近の脳トレゲームもそこそこ感触はある。しかし、それでもじわ
じわの衰えからか、もう一声 何か?、とついなってしまう。

 そこで登場したのが冬場(正確には秋〜春にかけて)の「ほんのわずかながらの薄着」
だ。ただし、これは風邪をひいてしまうという重大なリスクにトイレが近くなるというおまけ
付きなのが問題。なのであまりオススメはできないのだが、理論的にはいかに体内の血
流を活発化させるか? というのが始まりで、しっかりあたたかくするよりほんのわずかな
がら薄着にすることによって体が体温UPの為の血液循環を促し、脳ミソ内にも血液を活
発に送り込ませるという手法だ。体のバランスを取るために、その分就寝時はキモチあっ
たかくして寝るのは不可欠。ただ恐らくお医者さんには、そんなバカなことは止めといた方
がいい、と言われるのはほぼ避けられないだろう。しかし、実際にこれを微妙なタッチで
行うと、演奏時の気分的なハリキリ感が少しいいように思えるのは私だけなんだろうか?
中でも最も効果感を感じるのは、自宅から仕事場に向かう車中での車内温度をこれまで
より0.5〜1℃ 下げ目に設定するのは ご自慢のタッチ だ(関西ではここは つっこむ と
ころです。では、ここで関西支部の田中ヒロシさん、田中ヒロシさん、模範例を一つ上げ
てもらえますかぁ〜? 「○×▲%¥□◎↑#♭、・ ・ ・ ・ ・ ・ 。」 ハイ、ありがとうござ
いました〜)。 (すいません、どうも話の流れがおかしくなってしまいましたね。では気を
取り直して。)2005年の秋〜春にかけてと2006年の秋〜春のにかけてのたった2シー
ズンのひ弱なデータなので大して説得力はないかもしれないが、私にとってはちょっとした
マイブーム。特にこの冬は温暖化のあおりで関東では冬とは言い難い代物で、かなり情
けないデータではあるが、それでも効果はまんざらでもないと思えるのだが。

 今回の話、我ながら情けない話でこんなささいなことをこんなにもクローズアップしてまで
言うことはないだろうが、年々の衰えに逆らうべく着実に わらおもすがる 方面にアップデ
イトを求めてしまう自分がどうしても食い止めることが出来ない。年は取りたくないが年と付
き合っていくしかないので色々とアレやコレやとやらざるを得ないのが現状だ。

 本音を言うと、この手合いの話を色々な人とかわして意見交換できるようなコミュニティー
を望んでいる。同業者で同年代、さらには同体型という限定になると仲間を見つけるのは
至難の業になるだろう。それでも、これはプロ・アマ関係のない話なんで、「こんなのもある
よ!」、というようなアイディアがあれば喉から手が出るほど投稿して欲しいかぎりなんです、
ホントに。 


 情けなや ああ情けなや 情けなや〜♪ (おそまつ!)        新  太  郎


 P.S. 問題は夏場なんだよなあ〜、・ ・ ・ ・ 。 ま、これから考えるとするかぁ〜!


                          ☆


 今回の協力者 : 田中ヒロシさん<関西支部> (ノーギャラでありがとう)