< シリーズ “想い”  その 79 >

♪  夢 の ま た 夢  ♪

【 2007.2.25 】

 
 ‘Swing’とは常に フレッシュで生き生きとした状態 。ベースの1拍1拍のビートは<Sw
ingの誕生>であり、ドラムのレガートは<瞬間Swing成長強壮剤>。ピアノのバッキング
は<衣装>であり、その成長したSwing感に衣(ころも)を着させ、フロントはその衣装を
自由に選択し、まとい<自由奔放に振る舞う>。
 
 過去の優れたバンドはみな、こんな感じだった。 実に理想的なんだがそうそうお目にか
かれない。Jazz の全盛期の頃はこんなバンドが当たり前だった。だからこそ Jazz は世
界中から絶大なる評価を得、こんにちに至っているのは疑いのない所だろう。しかし、現
在はそんな優れたバンドは世界中どこを探しても一つもない。理由は気が遠くなるほど大
量にあるだろうが、一番の問題は「どうして現在のプレイヤーはいつもフレッシュな気分で
まっすぐ音に没頭できないのか?」 だ。

 ある意味、現在のJazz界は国内外を問わず、完全に飽和状態に陥ってしまっていると
言っても過言ではない。となると自然界の大法則からいけば、飽和状態は突然変異を誘
発し新たなステップへと向かうことになる。それはもはや Jazz とは言わないかもしれない
が、そこにはどんなプレイヤーが登場し、どんなバンドが登場して来るのだろうか? こん
なことを思い巡らし始めると逆に何だかワクワクして来る。そこに自分がいるとすればこれ
はもう 夢のまた夢 だ。ただ、こんな無責任な発言をすること自体、少々年を取ってしまっ
た ふし を感じてしまう所が少し寂しいところではあるのは事実だが ・ ・ ・ 。

 仮に飽和状態が訪れ突然変異へ移行可能になったとしても、下記のアプローチ条件は
やはり外せない。それはその上での変異にこそ意味があるからだ。

 ―  突然変異へのアプローチ条件 ―
@ 何ものにも捕らわれないフレッシュな気分で音楽に望むこと。
A 楽器のマスター度は正直そこそこ必要だ。 ―  そこそこのマスターとは自分自身の発
  音を所有していることと、音を空間内(この場合の空間内とはプレイをしている部屋・箱
  <ライブハウス等の>・ホールなど、音が影響を及ぼす範囲内、それと瞬間瞬間の移
  り変わっていくフィーリングフィールド内、の両方を指す)に響かせれること ― 
B 回り(共演者及び聴衆と、それらから発生する空気)を冷静に把握していること。 


 言い出せばキリがないが大ざっぱに言ってこの3項目があれば楽しみな突然変異は十
分可能性があるように思える。ただ残念ながら、楽器をマスターするのに数年〜十数年、
それ以外は感性の問題なので コツ さえつかめば思ってる以上に短時間で把握できるか
もしれないが、この3項目を モノ にするのはそう簡単ではない。それでもはっきり言い切
れることは、突然変異は間違いなくプレイヤーを全くフレッシュな気分にさせてくれるという
ことだ。そしてそのフレッシュな気分・要素は間違いなく音楽をSwing感あふれるものにし
てくれることだろう。

 ノーベルが簡単な三つの素材を混ぜ合わせることによって火薬が開発され世の中を一変
したように、ビル・ゲイツがとんでもない思考と努力でコンピューターを開発し、その後どん
どんと可能性を拡大しているように(例えば、DNAの解析はコンピューターなしでは考えら
れない)、音楽がどこまで世の中に大きく影響を及ぼすかは分からないが、新しいステップ
というものはどんな分野でも、思っている以上に力強く、そして何よりも魅力的なのだ。後は
同様の思いを寄せる者同士が集結することで音楽の場合、突然変異の為の準備は整った
ことにな〜〜〜る!!


 あぁ〜、今日はなんだか一方的に都合のいい夢を見てしまったなあ〜!


                   S H I N T A R O