< シリーズ “想い”  その 78 >

♪  関 西 と 関 東  ♪

【 2007.1.25 】

 関東に移り住んで はや 10年。振り返ると結構 ほぉ〜 とびっくりすることがある。まず
は10年前に引っ越した頃、携帯電話はまだまだ珍しかった。(当時、関西で携帯電話を
持っていたミュージシャンはほんの4〜5人だけ) 私の場合、引っ越す3ヶ月前に たまた
まハガキでクイズに応募したのが当選となり、ハガキ代の ¥50 で携帯電話をゲット。
当時はまだまだつながりにくいし、留守番電話のサービスがあったくらいでメールも何もな
かったが、東京でやると決まった時期に転がり込んできたので思い出は色濃い。
 後、パソコンはウインドウズ95が出た頃で、ようやく始まった感じで、ネットやHPの感覚
も殆んど無かった。ただ、関東に来て感じたのは、携帯にしろパソコンにしろ、関西に比べ
て普及率が高い(これは世間一般の話ではなくミュージシャン仲間での話)のには結構驚
いた記憶がある。日頃めったに振り返らないだけに、振り返ると10年でこんなにも変わる
ものかと、そこには大なり小なりの驚きがある。

 そんな中、関東での生活が始まり新しいスタートが切られた訳だが、何よりも驚いたの
が Jazzメン の音楽的アプローチの違いだ。西と東でこうも違うものかと 心底 面くらった。
例えばだが、ジャムセッションなんかで関西では ソロ はある程度納得がいくまでたっぷり
やってバトンタッチをしていくのだが、関東では みな大人 というか、2 or 3 コーラスでソロ
を終えていく。正直何を言いたいのか分からない,パーソナリティーも分からない、迷惑を
かけてはいけないという気持ちは理解できるが、そこまで自分を押し殺すこともないのにと
思ったものだ(当時、こちらが3コーラス以上のソロを取るものなら アッ という間に白い目
で見られ一変に孤立してしまった)。 ジャムセッションだからこのような振る舞いかと思い
きや、仕事を少しずつ頂いていくに連れ、ジャムセッションの振る舞いがそのまま仕事の
ステージでも繰り返されていて、習慣 というか しきたり というのか、関西と関東では根本
的な所でこうも違うのかと、正直落胆気味の痛感をしたのを思い出す。
 選曲(スタンダードや著名なジャズメンのオリジナルなど)に関しては10年という長いスパ
ンで見る限り、地域の はやり で多少の差はあれど、それほど大きな差はない。何が違うか
というと、音楽作りの手法が違うのだ。勿論、これはどちらがいいとかという問題ではない。
ぶっちゃけ、それは甲乙つけがたい。単に、登りつめて行く道筋が違うだけのことなんだが、
10年住んでみて思うことがある。

 先にも言ったように、関西では自分の言い分を主張し、やれるまで何度も何度も試みよう
とするのに比べて、関東では周りを気遣い、自己主張は控えめにしステージそのものが一
貫してスムースに進行するような点を心掛けながらプレイをする。この違いが生むものは、
関西流では自己形成とボケ・ツッコミの下地から来る即興同時進行性習慣を生み、関東流
では高度な楽器の技術と共通項の統一性を生む。どちらも Jazz をやっていくには必要不
可欠なものだ。
 10年前の時点では両者に はっきりとした違いがあり、相互交流感もほぼ皆無だった。し
かし、現在では針の穴ほどではあるが若干の交流が始まりつつあり、関西人は少しずつ
関東人を理解し始め、関東人は関西人を少しずつ理解し始めている。それでも まだまだ
文化の違い,感覚の違い,道筋の違いは歴然だ。

 海外の著名なプレイヤーが来日する度に思うのは、日本全国、西でも東でもしっかり受
け入れられ、受け止められ、評価され、のちには愛される所までいくことだ。著名なんだか
ら当然だろうと思われる方は多いと思うが、この時私の目に映るのは、自己主張にテク
ニックの素晴らしさに、お決まりだが見事なまでの共通項の弾きこなしのスムースさだ。こ
うなると日本のプレイヤーの低さをつい感じてしまうのだが、よくよく見ると実は大差に劣っ
てはいない。ただ、丁半駒が揃っていないだけ。そしてその駒はちゃんと関西と関東に存
在していて学習は十分可能であるということだ。言えるのは、学習するのに関西だけでは
不十分,関東だけでは不十分、ということになる。

 非現実的な話で、まさかの大昔の 参勤交替制度 じゃないが、例えば西の人間は東に、
東の人間は西に、それぞれが3年間ずつほど移り住めば学習を始めるのに十分な糸口
がつかめ、それぞれが補い合い、しいては両方のいい所を取得し、海外の著名なプレイ
ヤーにも ひけ を取らないような音を出せれるんじゃないかと想像している。更に無責任に
言わせてもらうと、東西のスタイルを学んでしまえば国内のみならず世界でやれる可能性
も十分出てくるだろう。勿論当然のことながら現実問題、実行となるとそれはかなり大変だ。
しかし、この両者の 違い とそれぞれの 良さ の理解は思いっきり重要で、これらを意識し
ながら歩んで行くのと意識せずに行くのとでは大違いになるのは言うまでもない。それだけ
に‘学べ関西人に、学べ関東人に!’をスローガンに掲げてみたい。もしかすると、関西と
関東以外の地域出身のプレイヤーの方がこれらをゲットし易いかもしれないが。

 さておき、このスローガン、はたしていかに〜〜〜?!?


                 S  H  I  N  T  A  R  O