< シリーズ “想い”  その 77 >

♪ 当 た り 前 の 重 要 性 ♪

【 2006.12.23 】

 プロミュージシャンにとって‘営業’とは、日頃追求している音楽ではなく一般的な要求
の元での音を出すことによって日頃より多めの報酬を得る仕事のこと。 Jazz メンにとっ
て、この響きはあまりいい印象がない所に、殆んどのプレイヤーがサイドビジネス的にし
か考えていない。大半が つい 手抜きをしてしまう。ところが、実はここに大変な落とし
穴があるのだ。
 一般的な要求とは、「これまでの歴史上に登場したお決まりの定番フレーズ」 や 「耳な
じみのあるパターン」、「上位を占めるリクエスト曲」 や 「一世を風びした大ブレイク曲の
演奏」等だ。ほかにも細かな話が山ほどあるが、これらを ナメテかかる と痛い目に会う。

 殆んどのJazz メンが日頃追い求めているサウンドはみな大変高度なものであることは
ほぼ全員が認める所。しかし、高度がゆえに中々実現化してこない。日々、それぞれが
さまざまな努力を展開しているのだが、5年経ち10年経っても形になってこない。それど
ころか きっかけ すらないのが現状だ。ようやくだが10年,15年とやって来ると、とりあ
えず何かが足りないことに気付き始める。ところが、それが何であるかはこれまたそこか
ら何年も経たないと具体的に見えてこないのだ。

 これは私自身の経験であり、私と同年代及び我々の大先輩である世代を含めたほぼ
全員のプレイヤーの共通した認識の話として、『 営業が出来なくて、自己のサウンドの追
求はあり得ない。』 噛み砕いて言えば、「 高度な自己のサウンドを目指す前に、一般的
でさほど難易度も高くない‘営業’が、さっと あさめしまえ にやれないで高度なものが出来
る訳がない。」、ということだ。
 それは、基本的な楽器をコントロールする技術であり,基本的な音楽(曲)のサウンドメ
イクであり,定番の中に隠された重要な音楽感、等々だ。ドラムのハイハット一つ、ベース
の 2 Beat 一つ、ピアノのお決まりのヴォイシングに、ホーンのお決まりのオブリガートな
ど、みなどれもシンプルで難しそうに思えないし、すぐにでもやれそうなんだが、これがよく
よく聞いてみると思っている以上にとんでもない。

 私の場合、20代後半になってこれが以外にもかなり手ごわいことに気付き、それからは
自分の追及を一旦中止し、しばらく過去の音源を片っ端から事情聴取した。やはり、タダも
のではなく、どれもシンプルで洗練されているのだ。沢山の要素を一つの音に集約し、簡素
化し、実にスッキリ見事に解決している。沢山の要素は当然のことながら複雑な状態になり
がちだ。しかし、これをびっくりするくらいシンプルにまとめ上げるこのセンスがなかなか素
晴らしい。一、二度練習すれば大体のことはやれるし、技術的にも簡素化を考えてのやり
口は今後の各々のサウンド創りにも ヒント になりうるという点で欠かせないものになって
くる。勿論、中には何度やっても難しいものもあるが、余りの自然さに難しそうに聞こえない
のが、これまたにくいし当時のプレイヤーの質の高さも痛感させられた。事実、実際にやっ
てみて、中々手ごわく何度練習してもうまく出来ずに痛い目に会った記憶は今でも鮮明だ。

 当たり前のことは当たり前にようにやれること。次に、その中から集約され簡素化された内
容を見抜くこと。‘営業’は以外にあなどれない! 



                         新  太  郎