< シリーズ “想い”  その 76 >

♪ ベ ー ス プ レ イ ヤ ー か ら 見  た 各 セ ク シ ョ ン ♪

( 後   編 )
【 2006.11.25 】

 ― ギ タ リ ス ト 編 ―

 ギターの和音(ヴォイシング)はピアノのそれに比べて最初っから非常にシンプルなの
で、ピアノのようなヴォイシングの取得というよりやはり、4 Beat における 四つのカッ
ティングのスウィング感が重要になる。残念ながら、近年ギタリストが四つを切る機会(
シーン)が激減している。そんな中での学習は大変難しいものになってきているのだが、
それでもこのカッティングの習得は はずせない。世界的に見ても、いいバランス,いいス
ウィング感のカッティングをするプレイヤーはたいへん少ない。それだけにリズム楽器で
あるという原点からその根幹である四つのカッティングはものにしてほしい。
 ベースラインの動き,ドラムのハイハット,ピアノのヴォイシング等に細心の注意を払い
ながらの作業は当然のことながら易しくはない。しかし、僅かに耳に入ってくるギターの
カッティングのテイスト感は 4 Beat を極上の状態に引き上げる効果がある。まずは、ギ
ターにしか出来ないことをやるというのは大法則以外何者でもない。


   ― フ ロ ン ト 編 ―

 多くの日本のフロントプレイヤーはリズムセクションから発生するリズムのタイプを体内
に取り込む気持ちがまず希薄だ。殆んどのプレイヤーがリズムセクションに不満を持ちつ
つ始めることが音楽を難解にさせる原因となっていると思う。もし、欲しいリズムのタイプ
があるなら、まずは見事に言語で言い切るか、音を出して説明するのが順序。しかし現状
は、言語で言えない、音で表わせない、が殆んどだ。それらが出来ないのであれば、今か
ら言う大法則を身に付けることが先決となる。もちろんリズムセクション側への技量不足
に不満を感じ、投げやりになるのは理解できるが、それはフロントプレイヤーとしての正し
い姿勢,あり方とは言えない。ピアニストが和音(ヴォイシング)からの学習をしなければな
らないのと同様に、フロントプレイヤーはこのことから学んでいく必要がある。それが、今か
らの話だ。
 まずは、どんなタイプであれその時発生するリズムセクションの波動をキャッチし、それを
取り込み、その上で共に音楽を開始し、その後共に喜びを感じるポイントに共演者を誘導し、
最後は いかした 一言(フレーズ)を言ってソロのバトンタッチをしていく。このことがまずは
フロントの基本基準だ。一言余分かもしれないが、今の話がすでに実践出来るプレイヤー
は、恐らく言語でも言い切れるし、音での説明もやれるはずだ。
 我々の世代も含めたベテランプレイヤーを中心に、「リズムセクションに乗っかって、・ ・ ・
・ 」という話をする人がいるが、これはまったくの履き違えで、乗っかるのではなく、溶け込
むことが最優先となる。いくらいいリズムセクションでも、この話を履き違えているフロントプ
レイヤーとは残念ながらバンドは絶対にスウィングしない。ただ、いいリズムセクションは‘く
み取ってくれる’のでその時のフロントプレイヤーは大変やり易く気持ちがいいだろう。しか
しながら、客観的な聴衆側から聞くとそれはやはりスウィングしていない。余分ついでに一言
付け加えるなら、そんないいリズムセクションには心から感謝し、大切に扱ってほしい。

 ほかのセクションに比べてかなり厳しい要求になるが、フロントプレイヤーはバンドにとって
けん引車のようであり、しいてはJazz界にとっても大きな財産になる。そのような自覚を基盤
に歩んでいけば、プレッシャーもキツイだろうが得るものはデカくなる。 もうこれはくどい領域
だろうが、最後に一言言わせてもらうなら、フロントプレイヤーの大法則の習得はピアニストの
それに比べてかなり易しいし、ベースプレイヤーのそれよりも易しい。ぜひ、習得してもらいた
い。バンドは、Jazz界は、フロントプレイヤーの手にゆだねられている。


   ― ボ ー カ ル 編 ―

 唄の場合、とにもかくにも英語の発音に集約される。th,r,l,v,f 等の発音に単語のイント
ネーションの学習が最優先となるのは言うまでもない。 近年、アメリカに数年以上の滞在をし
て帰国してくるミュージシャンは大勢いる。なので、かなりしっかりやらないと学習不足は瞬時
にバレてしまう。ぶっちゃけシンガーの場合はアメリカでのある程度の滞在経験は必要かもし
れない。理由は、現時点での日本国内での英語の習得にはかなりの時間がかかる上に発音
の質感もあまり期待できないからだ。なんと言っても言語は馴染むことが一番!ただ、言える
のは国内では無理ということではなく、よほどやらないといけない、ということだ。
 それらに加えて、ピッチ、リズム、それにフロント編で述べたリズムセクションに溶け込む基
本基準、そして歌唱力が必要になってくる。恐らく、全てのパートの中でもっとも時間のかかる
パートであることは確かだ。 逆に、英語がネイティブな人の場合はもっとも時間のかからない
パートになるだろう。


   ― ベ ー ス 編 ―

 最後に何と言っても我々ベースプレイヤーの話なんだが、正直これはベース以外のセク
ションのプレイヤーからの話があるのがもっとも望ましいだろう。必ず、ベースに対する不満
はあるはずだ。リズム,ピッチ,音圧,ベースライン,その他恐らく大量の細部にわたる書き
切れないほどの項目に。
 ベースプレイヤーにとっての大法則と言えば、リズム,ピッチ,音圧、それに何と言っても
ベーシックなベースサウンドの提供だろう。しかし、これ以上の話は今回のタイトルからして
先ほど述べたとおりベーシストがベースを語る訳にはいかない。 理想は、それぞれのセク
ションから見た自分のセクション以外のセクションに対しての話がそれぞれにある、だ。そう
することによりこの話は完全なものになる。ただ、少し変則だが バンド編 としての話はもう
一つあるかもしれない。それはベースプレイヤーの選び方だ。通常、バンドにとってもっとも
最後に考えるセクションはベース。 マイルスやコルトレーン,ジャズメッセンジャーズに数あ
る名高い歴史上のバンドの殆んどはベーシストが最後に決められている。歴史上でなくても
バンド作りの手順はどうもそのようだ。<このメンバーにどんなタイプのベーシストがフィット
するか?> バンド作りの最後の決め手となるのはベースプレイヤーの選択にある。 逆に
言えば、ベーシスト選びを誤るとバンドはいつまで経ってもよくならない。長年に渡って日本
のバンドはこの点を軽視する傾向がある。 タイプの差はあってもバンドにフィットした いい
ベースプレイヤー を選んでいるバンドはやはりいい。勿論、ベーシスト以外のプレイヤーが
 良い という条件の元での話だが。


                           ☆


 言い始めると切りがない。しかし、バンドの見張り番,ご意見番であるベースプレイヤーか
らの今回の話は少し立ち止まってでも熟考してみてほしい。 これまでも何度となくこのコー
ナーで発言してきているが、これらは‘出来ること’が使命というのではなく、‘出来るように
目指すこと’が何よりも大切で、今回長文に渡っての以上のようなことを 心掛ける ことが
現在の日本のJazz界には大変重要なことになると思うのだ。 プロ・アマ問わず、これらの
重要な基本(大法則)を解決していくことがまずは第一歩。事実から目をそむけたり、現状か
ら手軽に逃れようとするのではなく、全員の問題として歩み始めていく大変いい機会・時期で
はないかと思う。
 一見きびしい話のようだが、きびしさの中から染み出てくる心の温かさこそが真のハート
ではないだろうか。そして、その‘ハート’こそがみんなが求めるものであり、そこに Jazz
があるように思う。


                   新      太      郎