< シリーズ “想い”  その 75 >

♪ ベ ー ス プ レ イ ヤ ー か ら 見  た 各 セ ク シ ョ ン ♪

( 前   編 )
【 2006.10.25 】

 Jazz にも色々なやり方があるのは大変結構なことだ。これまでの歴史上の巨匠達が
やってきたことをまねることなく自分たちの独自性の追求はもっとも理想的であることは
認めるしそういうものなら全身全霊をかけて後押しもしたい。しかしながら、アメリカで始
まったJazzが100年以上の年月を重ねてきた今、歴史が物語る事実、そこから確立さ
れてきた 基本 というものを無視して歩むというのはかなりの リスク になるのは間違い
ない。それでも100年200年後には何らかの形が芽生えてくるかもしれないが、これは
物理の大法則に通じることと同様で、その大法則を無視してアインシュタインのような相
対性理論はありえないのと同じ。そればかりか近年の物理学,量子力学の世界は明ら
かに太古の昔から受け継がれてきた法則(基本)をしっかり受け継ぎ、その上に発想,
創造が重ねられ新しい法則(例えば  ひも理論  のような)を発見し次世代へとつなげて
いっているように、音楽界、とりわけJazz界はこの代々からの恩恵を更に発展させてこ
そ本当の進化じゃないかと思われる。というより、現在の人間の次元ではそれでしか進
めないと思うのだ。今から 1億年も経てばこれは全く違う次元,理論,法則,基本が確立
されていることだろう。しかし今は今。今のやり方でしか進めないのだ。やはりこれまでの
大法則は受け継ぎ、その上で更なる新しい基本につなげていくべきだと思う。

 そこで、めちゃくちゃ前置きが長くなってしまったが今回は我々ベースプレイヤーから見
た各セクションの傾向を述べてみたい。当然のことながら、これはすざましい反論を頂く
のは避けられないだろう。しかしながらベース以外のパートのプレイヤーの多くは本人が
思っている以上に自分に没頭するあまり自分のことに気が付かないケースをよく見受け
る。それはベースというポジションがまず周りを見てからのアンサンブルワークに参加する
という基本始動があるために見えてくることで、傾向というより事実と言った方がいいかも
しれない。
 さっそく本題に入っていきたいところだが本題に入れば話は単純明解で直ぐに終わって
しまう。それくらい基本中の基本の話だ。

 全ての話に共通だがこれらのことは私がこの30年間この世界で接してきたことによる事
実で、数名のベテランベースプレイヤー(日本では みな 屈指のプレイヤーだ)とも殆んど意
見の相違はなかった。恐らく大半のベテランベースプレイヤーからは同じような話が聞ける
はずだ。ただ、説明上手でなかったり、ベースプレイヤーに多く見られる‘気配り’から中々
断言をしないプレイヤーもいると思われるので、その点は了承して頂くほかはない。


                          ☆

    ― ピ ア ノ 編 ―

 ピアノという楽器は当然のことながら和音楽器。しかし日本の殆んどのピアニストは自分
のソロパートにおけるシングルトーンのラインの方に重点を置いているように思う。メロディ
ー(ソロを取っている人)のニュアンス、ベース&ドラムスのリズムの進行状況からくるフィー
リングフィールドの状態、その他細かな要素などを全て踏まえたところの和音が必ずそれ
ぞれの場面場面に存在する。それはケース by ケース非常にバラエティーに富み、細心の
注意を要する。だが、どうも殆んどのケースでありきたりな和音(ヴォイシング)が繰り返さ
れるばかりで、その瞬間瞬間の工夫感はあまり感じられない。その為にせっかくのベース
&ドラムスが築いているバンドのスウィング感を失速させるばかりか、強引に自分よがりな
しかも音楽とは言い難い世界にみんなを引き連れてしまうケースが実は多発している。こ
のことをなげいている管楽器奏者が多いのも事実だ。 その瞬間のメロディーのニュアン
ス,フィーリングフィールドにもっともフィットした和音,タッチ,タイミングをちゃんと見抜き、
この楽器の特性を最大に利用したヴォイシングコントロールを意識することこそがピアニス
トとしての基本的な音楽参加への基準であると思う。この解決はとにかくメロディーの学習
と把握に集約されるだろう。そう簡単ではない。しかし、これはピアニストとしての大法則な
のだ。


    ― ド ラ マ ー  編 ―

 何と言ってもドラマーの音楽参加基準はバンドをスウィングさせることだ。フロント,ピアノ,
ベース等のセクションのプレイヤーが奏でるサウンドを‘さらに’スウィングさせること。しか
しながら残念なことに、殆んどの場合この反対になってしまっている。でもだからと言って
あきらめてはいけない。多くの日本のドラマーの弱点はハイハットだ。切れのいいハイハッ
トの音色の取得と、4 Beat における2拍目4拍目でのプレイスメントのタイミングとタッチ
(発音)の学習があればこれはかなり一気に解決されるはずだ。ハイハットが「パシャ パ
シャ」言ったり、気の抜けたような弱音で常にやっている限りそれは 解らない。まずは切れ
のいい シュッ シュッ というような鮮明な音色(発音状態)をゲットすることで活路は開か
れると思う。ハイハットは非常に繊細なタイミングを競う世界。極端な話、百分の一、千分
の一秒の間の隙間に入ってこそ初めて根幹であるスウィング感の始動につながる。その
隙間も切れのいい音色をゲットすることで自然に解決されると思う。ピアノの和音の大法
則のゲットに比べればかなり易しいはずだ。勿論、これを皮切りに、一つ打ちの重要性の
再認識やベードラのベリーソフトタッチによる4つ打ちの基本の意味合いも根底から理解
できるようになると思う。  単純に言ってしまえば、ドラムはスウィングしなければならない。
オーケストレーションの学習がない分、ほかの楽器に比べて遥かに質の高いスウィング感
が要求されるのは当然のことであり、またそれは十分可能だからだ。



                   TO BE CONTINUE



                S  H  I  N  T  A  R  O