< シリーズ “想い”  その 74 >

♪ 酒 飲 み 比 率  と  Jazz  界 ♪

【 2006.9.25 】

 近年、恐らくだが我々の世代を境に酒をたらふく飲む所謂オーバードリンクのタイプが
ぐっと減ったように思う。原因は色々ある。まず、飲酒運転が出来ない、オーバードリンク
による体へのダメージがどう見てもデカ過ぎる、飲まない連中からの冷たいまな差しから
来る盛り下がり感 、などなど。 ステージ上で明らかに酔っ払って ろれつ が回らない状態
でのプレイに対して昔なら聴衆側からの容認があり、いやそれどころか更に「もっといけ〜
!」などと叱咤激励まで頂ける、そんな習慣性があったが、今はそんなプレイヤーをお客
さんの方が許してくれるほど甘くなくなってしまったのも大きな原因の一つだ。

 お酒を飲んでのプレイがいいはずはない。ぐでんぐでんに酔ったあの状態を共有する
ことが喜びだったひと昔ふた昔前に比べて、現在の聴衆は完全に質感を優先している。
もちろん人間だし、たまの ハメ はずしは大目に見てくれるだろうが、共演者自体が全員
飲んでというシチュエーションもどうやらほぼ絶滅した。その為に共演者側からも当然の
ことながら質感重視の方向性になり、益々オーバードリンクのタイプのプレイヤーは激減
している。お酒は大好きなんだが様々な点でセーブが入りお付き合い程度で納めている
プレイヤーが主流になってきた。

 確かにこの現象は歓迎されるべきものなのだが、残念ながら手放しにという訳にはいか
ないのがいかんともしがたく、歯がゆくでもあり、もどかしい所でもある。というのは 酒 にも
効果があるからだ。ドランカーの飲酒時は確かに厄介で手がかかり認める訳にはいかない。
しかしながらそんなドランカーも飲酒時以外では実に物事を大きく捉え、Jazz の即興演奏
に欠かせない大きなスパンを見事に感覚として keep し、その行動と言動は中々の説得力
を持ち、将来の展望にも勇気付けさせるという不思議な効力を有しているのだ。

 近年の Jazz 界は国内外を問わずに実に健康的だ。もちろんその健康感はプレイ上大
変重要なのは言うまでもない。しかしながらそこには以前に見られた魅力的な豪快さ,大き
さというものが消えかけているのだ。酒を飲まずに大きく物事を捉えるノウハウが世に登場
すればそれは何の問題もない。それどころか、そうなれば想像も出来ないほど凄い世界に
なるであろうことは簡単に想像がつく。(想像も出来ない事が想像がつくとは少々変だが、
この場合の言い回しとしてはこれ以外にないのでご理解のほどを。) しかしながらそんな便
利なものが登場してくるとは想像し難いことは簡単に想像がつく。(もう ええっちゅうねん!)

 ちょっと話の論点が逸れそうなんで逸れる前に話を戻そう。とは言え何を言いたいのか少
しばかり訳が分かんなくなってきたぞぉ〜。(ヤバッ!)
 そうそう、つまりだ、オーバードランカー を容認はできないが全否定もできない。しかも、先
のことを思うとオーバードランカーの役割もまんざら捨てたもんじゃない。それだけに我々の
世代も含め、今後のJazz界の少々の不安感をいだいてしまうということなんだ。酒を飲まず
して可能な豪快さのノウハウを見つけることがこれが以外にも急務!! Jazz 界もこんなこ
とになろうとは、サッチモやバード,マイルスなどの時代のジャズメンには想像も出来なかった
に違いない。(もうその先はええでぇ〜〜〜!!!)

 ブレーキがかかった所で、お後がよろしいようで!!
チャカ チャンリン チャンリン チャンリン チャンリン ♪〜  (ええ〜?! これって高座
だったんですかぁ〜〜、そ、そっ、そんなぁ〜 ・ ・ ・ ・ )


                                    新   太   郎