< シリーズ “想い”  その 73 >

♪ は た あ げ♪

【 2006.8.25 】

 どうも プロ・アマ を問わずアンサンブルワークにおいての指針の ズレ を感じてしま
うケースがぬぐい切れない。日本のプレイヤーの楽器を問わず年齢を問わず、この点
に関して履き違えている人,少し軽視している人,まったく気が付いていない人など、
音楽の基本構造を踏まえず単なる個人の、しかも好みの状態・世界を共演者に押し
付けるケースが多発している。これは最近始まったことではなく、日本の長い歴史の
中で未だ修正されていない少し残念な項目だ。近年各楽器の技術面のおいては、か
なり世界水準に近づいて来ているのは言うまでもない。ようやくこれから本腰を入れて
手掛け,学び,経験を積んで行く、そんな時期なのかもしれないが、これはまるで先の
サッカーワールドカップでの日本代表チームが技術はあるがチームとしてまだまだ機能
していないのと同じ様な話で、これも歴史と言ってしまえばそれまでなんだが、よりスリ
リングでより広がりがあり、それでいてピースフルでありソウルフルであり温かさがあり
やんちゃでもある、Jazz という音楽のほかに例えようのない奥行きを感じさせ、この
音楽の存続理由の一つと言っても過言ではない、そんな項目の話だ。

 これまでよく耳にするのが、フロントプレイヤーがある事柄、例えば しかけ やら コード
チェンジやらのアレンジ面にリズムのタイプや音量バランスなどをリズムセクションに要
求し演奏に入っていくのだが、ぶっちゃけそれがまったくの単にカラオケ状態で、フロント
プレイヤーひとりが気持ちいいだけでリズムセクション側はさほど面白くもなく、逆にスト
レスをいだくような話があるがこれはもっとも一般的だ。次にほぼ同様に一般的なのが
フロントプレイヤーを軽視又は無視し、リズムセクションの誰か一人又は全員がその場
のフィーリングフィールド(いわゆる‘空気’)を何も感知せずに音を出してしまい、折角の
メロディーラインをズタズタに無駄にしてしまうケース。これもまた多い。
 こんなことが戦後間もなく入ってきたこの音楽がこの日本ではこれまでずっと殆んど改
善されることなく歩んできたという点に関して、さすがに当事者の一人として落胆せずには
いられない。特に我々の世代も含めたベテランプレイヤーにとっては考え方・発言・行動
を改めて行かなければならないのは言うまでもない最優先事項だ。そして若手は一日で
も早くこのことに気付き、後は基本指針に則って音楽を展開していって欲しい。

 私自身20数年前に New York に在住の頃、もっとも叩き込まれたのが、≪ リズムセ
クションはフロントプレイヤーを浮かび上がらせ、フロントプレイヤーがより自由に、よりや
り易いようにサウンドをセットアップしなければならない。そしてフロントプレイヤーはそん
なリズムセクションのセットアップに応え、バックで支えてくれる連中全員を楽しませるとい
う方向でプレイしなければならない。それが音楽の基本だ!≫ 、というのを何度となく言
われ実際にそれを心掛け、トライし、経験を積み、感触をつかんでやってきた。このリズム
セクションのフロントプレイヤーへの心配りとフロントプレイヤーからのお返しである、リズ
ムセクション側がワクワクドキドキ、はたまたおもわずグッ・・・と涙するようなサウンドの展
開力というものがあって始めてこの音楽が何故‘即興’を重要とするのかの意味がよく理
解出来るのではないかと思う。フロントプレイヤーの中でも特にボーカルはリズムセクショ
ンに  おんぶにだっこ  ではなく、サポートへの感謝のお返しとして最大級のハートで歌い
上げることが不可欠だ。言っておくがこれはレベルの話ではない。もちろんボーカルの場
合、言葉のハンディーは理解できる。しかしハンディーがあるからこそ、そこに目標意識を
持つことができ、かなり具体的なラインも見えてくるはずだ。

 言うは易し行うは難し。当然のことながら簡単な話ではない!しかしながらこのアンサン
ブルワークの基本指針、日本のプレイヤー全員の共通課題項目として掲げていくことは
いよいよもって必要に迫られていると思う。Jazz の本質を知る為にも。
 言うまでもないだろうが、この方向性で物事を見つめ、学び、進んで行く、そのことこそが
もっとも重要で、出来たからどうの出来ないからどうのという話ではないことは確認しておい
てもらいたい。いつの日か出来るように日々努力する!! これしかない。


 う〜ん、しかしやっぱ Jazz は地味だなあ〜。でも、出来るようになるといくらでも  ド派手
にやれるんだがなあ〜。  まっ、この辺は本人の考え方ひとつですかね。




                   S H I N T A R O