< シリーズ “想い”  その 72 >

♪  中  間  報  告  ♪
(まあ、独り言だと思って読んでやって下さい。)

【 2006.7.20 】

 理想的な即興演奏をするにあたって重要なのは、play中での余裕! これがないと
結局は集中もリラックスもない。技術的な裏付けによる 余裕,経験面から来る 余裕。
自分自身に元々備わっている音楽的センスを生かすにも、この‘余裕’がない限り、思
い描くような即興演奏はない。

 まず経験面からいくと、やはり何と言っても一回一回のライブをどう扱うかだ。 少し
前の“想い”のコーナーで少々触れたんだが、レベルや経験の差がそのままその日の
パーフォーマンスの出来には(間接的にはある時もあるが)直接的には大すじ関係ない。
 いいプレイヤーとやると引き上げられ楽しくやれ、格下のプレイヤーとやると足を引っ
張られると言う人がいるが、だからと言っていいプレイヤーとの日はいつも最高のプレ
イが出来、格下とではいつもダメな演奏になってしまうとは殆んど言い難い。冷静に見つ
めると、一日くらいでは激変はまずない。となると先ほど述べたように、どんな人とやれ
ども、その日の自分のパーフォーマンスを冷静に判断し,考え,指針を立て,目標を持
ち,練習メニューを作成し,明日へと向かって行く、この ちり集め のような作業が結局
は経験値を上げる最大の要因となるのだ。
 一回一回のライブに何の反省もなく、ただ楽しいからといってやっていくだけは、最初
のうちはいいのだが頭打ちは必死。一回のライブあたりの経験値が大きい小さいで10
年経てばこれはかなりの差になるのは言うまでもない。経験面の余裕はこうして養って
いくほかはない。

 次に技術面の余裕だが、これは何でもかんでも練習すればいいというのではなく、や
はり一回一回のライブで発覚するいい面・悪い面をどう扱うかで練習メニューが決定さ
れる。自分に必要な練習をやらないことには、Jazzでもっとも求められ、自分にとっても
最大の楽しみである‘独自のスタイル’に到達も出来ないし、向かっても行けない。自分
のみの切り口(スタイル)の所有はJazzでは最大の武器で、これさえあれば巨匠とやっ
ても、臆する事もなければ、引けを取る事もない。それが極端にユニークなスタイルであ
れ、しぶい系のスタイルであれ、スタイル対スタイルに優劣はない。こうなればいつもどお
りに、どんな人達とやろうが、対等な気持ちで音楽に望め、この対等感が余裕を産む。
結局は技術面,経験面共に一日一日一回一回の過ごし方の積み重ねとなる。

 1940年代〜50年代にかけては、Jazz界は大きな一つの方向に向かっていた。60
年代は少しバラけたとは言え、まだまだ選択肢が視界内だった。しかし現在では選択肢,
スタイル共に膨大な数と範囲に変貌しているために、それらにフィットしていくための構築
は昔ほど短期間では無理なのだ。それこそ向こう300年は現れないであろうくらいの大
天才以外は数十年は覚悟しなければならない。となると、また話の蒸し返しだが一日一
日の ・ ・ ・ ・ ・ となってくる。

 技術面での余裕の話の続きだが、全楽器に共通して取得しなければならないのが何
と言っても‘発音’。 音が立ち上がる瞬間の‘あの’なんとも言えない まばたき よりも遥
かに短い時間に一瞬だけ訪れる、それでいてそのあとの残響音にも影響を及ぼしてしま
う、最小かつ最大の演奏上もっとも重要な要素がこれだ。 ポン と立ち上がってくる感じ
の中に、美しさ、鋭さ、暖かさなど、ありとあらゆる要素がこの中に含まれてくる。この発
音のことを‘タッチ’と言う人もいるが、もちろん正解だ。
 発音の良さ、発音のコントロール力があると、まずリズムの面での余裕が生まれ、フ
レーズ面ではかなりの自在感が訪れる。 世に‘いい音’と言われるのはこの発音状態
の良さのことを言う。
 
 練習の方法としては、まず音の立ち上がりの‘瞬間’への意識を高め、その上で鮮明な
立ち上がりを追求・研究する。一瞬の世界だがこれが案外手ごわい! 次に手掛けるの
が、楽器だけが響いているのではなく、その場の‘はこ’、すなわち部屋であったり、ホー
ルや会場など、その場に存在,共有している空間内の空気をもしっかり振動させ、全体を
響かせるという方向性を配慮していくことだ。この感覚も演奏において非常に重要で、プレ
イヤー同士のバランス感覚,(バンドもしくは個人の)音楽が向かって行く方向の動向察知
や聴衆への配慮感などに結び付く、これまた思っている以上に手ごわく、手の抜けないポ
イントとなる。残念ながら易しい項目は一つもない。だからこそ、いいものは素晴らしいのだ
が。

                           ☆

 とまあ、またしても分かったような ウンチク を並べてしまったが、これらはあくまで芸暦
30年を経過した段階での私の中での中間のまとめにすぎません。 ま、年齢的にも大台
になり、ぼちぼちうるさ型への役割転換期にも差し掛かってきている頃だろうしと思い、膨
大な人達の、膨大な数のHPの中の、これまた膨大な量の内容項目の中のほんの片隅の
このコーナーに今回書き記しちゃいました。ただ、このコーナーについてよく言われるのは、
プレイヤー以外の人には何が何だかさっぱりなようで、その点に関してはほんとにすいませ
ん。心よりお詫び申し上げます。それでも当コーナーの方向性が変わることはないと思いま
すが。
 という訳で、この場をお借りして重ねてお詫びさせて頂きます。(と言いつつ めっちゃ一方
的ですね!!)

 それにしても、Jazz(即興音楽)はおもろい!!最近 なんだか 自分ができないことが
苦痛ではなく、できるようにと向かうプロセスの行為自体がどうも面白くなってきてしまって、
そう思って過去の巨匠達の演奏も たま に聞いたりすると、同じような点で もがいているの
を発見したりして、やっぱ人間だったんだぁ〜と思うと、これまた楽しくなってきて。別に人の
不幸を楽しんでいるのではなく、この場合は共有感を楽しんでいるんですけどね。

 更にひとことでしゃばると、即興音楽の 面白さ と 楽しさ を伝えていけるようになれた
ら最高かな!?! ナンチャッテ、・ ・ ・ ・。 (あっ、いけない、こんな風に思ってしまう
とまた重い荷物をしょってしまうことになる〜〜〜。 ま、いいっかぁ〜〜)


S H I N T A R O