< シリーズ “想い”  その 71 >

♪  W  B  C  ♪

【 2006.6.25 】

 私個人的にはまだまだ興奮冷めやまぬ感じなんだが皆さんはどうなんでしょう? 今
年 3月 に行われた初のワールドカップベースボール WBC(ワールドベースボール
クラシック)初代チャンピオンに我々日本がその座に!! しかし、勝負というものは
ぶっちゃけ 時の運で、2次リーグ進出国全てに優勝のチャンスはあったと思う。
 1次リーグの数試合を除いてほぼ9割方の色々な国々の対戦を見ていたんだが、
とにかく久し振りに野球の真剣勝負を見ていて、当然のことながらサッカーのワール
ドカップに通ずる、同様の緊迫感がずっーと試合終了まで続き、TV放送に完璧に釘
付けになってしまった。(オリンピックもそうなんだが、スポーツは国旗を背負うとほん
とに 心 を打つ代物になる!)

 1次リーグが終わった時点では、これはもしかするといけるかもと思っていたのだが、
皆さんもご存知の通り 韓国 に見事にやられてしまいどう見ても敗退だったのが、時の
人 ミスター誤審 の出現でこの大会の流れがかくも芸術的にコーディネイトされ、何と
もはや日本にとっては笑いの止まらない事態が転がり込み、そのまま最後まで行って
しまった!(バンザーイ、バンザーイ!!)

 日本の優勝には心から祝福するし共に喜びを感じるんだが、何よりも嬉しかったの
は、日本選手がこのスポーツにおける ち密なまでの奥の深さ を世界に示せたことだ。
 これまでのほとんどのスポーツ界の常識は、まず身体能力の優位性だ。しかし日本
チームはたった二人のメジャー選手、しかもさほど大柄でもないイチローと大塚両選手
がいるだけの世界レベルから見れば大変小粒のチームだ。ところがこれが一旦ゲーム
が始まると相手投手の剛速球や鋭い変化球にも力負けすることなく、内外野手の肩の
弱さを感じさせることもなく、バッテリー間に関しては全く別次元・高次元の配球術。随
所に感動的なシーンを何度となく見せてもらった。とにかく全員の野球に対する視点の
深さ(ある意味高さ)に驚きだ! アメリカメジャーリーグが決して世界最高のものだと
は言えなくなったと、NYタイムス始め全世界共通しての見解となったのも大変喜ばし
い!!(例えば、「ベースボールより野球が正しかった」−NYタイムス−)

 この大会を見ていて最も印象に残ったのは、‘視点の深さ’が身体能力のハンディ−
を完全に克服し、それを裏付ける技術の高さがチームを機能させるという点だ。
 今だから言ってしまうのかもしれないが、勝てて当然の結果が単に出たということを
言い切ってもいいと思う。それくらい日本の野球は優秀だった。日本のプロリーグの
中心選手及び日本のプロリーグからメジャーに渡り活躍しているプレイヤー達は皆、
とてつもなく素晴らしい! 十分世界に通じ、世界をけん引できる位の所まで到達して
いる。本人達が思っている以上に優れているように思えてならない。ただ、メジャーで
はパワー主体のベースボールだから日本人選手の持ち味であるち密さがチーム内に
大きく機能するという状態はやや少なくなるが、このような視点の深い選手がひとたび
集結するとチームはとんでもなく変身し機能し始める。その証しが今回の WBC 優勝
なのだ。

 となると、少しうぬぼれかもしれないが、野球以外の分野でも結構イケてる人達が実
はたくさんいて、世界も自分も共通してそこまでは思っていなかったこれまでと違い、本
人がもう少し視野を広げ自分に自信を持ち、確かな技術の手ごたえを所有していれば
世界も自分も共通しての同様の評価に変化してくるのではないだろうか?と思えてくる
のだ。勿論、だからと言って 思う だけでワールドチャンピオンになれるほど世界は甘く
ないが、近い将来色々な分野(特にスポーツや芸術)で世界をけん引していくポジション
になっていくことはもう決して夢物語ではないように思う。
 パワーに負けないだけの ち密さ,視点の深さが私たち日本人にとって最大の武器で
あり、今後それぞれの世界に貢献していくことへの切り口になるであろうことを予感させ
る今回の WBC の優勝。 何か大きな流れの始まりを感じるんだがなあ〜!!



                   新    太    郎