< シリーズ “想い”  その 70 >

♪  光   源   体  ♪

【 2006.5.25 】

 ミュージシャンとは楽器という触媒を用いて反応させ自分を表現する種族。 楽器は
いわば太陽のような‘ 光 源 体 ’で、ミュージシャンはその光源体から放たれる光を
さえぎることによって影を創り、その影によって自分の存在を人々に認識してもらう。影
は音で、影の創り方で音が決定され、音楽が形成される。 影をコントロールすることが
我々の仕事であり、影のコントロールの仕方がすなわち スタイル となる。

 とまあ、何だか分かったような言い回しをいきなりしてしまったが、どうも最近やけに
何かと考えを廻らす時に自然的なものにくっ付けたり&関連を持たせたりと、自然派的
思考パターンになりつつあるように思えてならない。(確実に 年のせい もある程度否め
ないのは事実だろう!)

 昔、映画 −ラウンドミッドナイト− の中で、巨匠デクスター・ゴードンがサックスを頭上
に掲げて聴衆にご挨拶するシーンを何度も見かけ、実際の本人をNY(ヴィレッジバンガ
ード)で見た時も同様の行為をステージ上でやっていたのをかなりはっきりと覚えている
のだが、あの行為を‘光源体(楽器)’に感謝を込めてと思うと今の自分にとって、全ての
つじつまが合ってきて、決して大げさに‘受けねらい’でやっているのではなく、ごく自然
発生的にそうさせているんだと確信をする。 となると、こちらもベースを掲げてとなるの
だが、いかんせん楽器がデカ過ぎてもちろん不可能なんだが、この年になってきて自然
な‘感謝の気持ち’なんだろう、自分自身が光源体である楽器に素朴に素直に感謝して
しまう。― この光があるからこそ自分がある!― とまあこれまでのアーティストによく
あるありがちな話になってしまうんだが、自分もそんな定番のパターンにどうも入ってし
まったようだ。

 楽器は無尽蔵に光を放ち続けてくれる。その光をさえぎり、音という影でプレイする。
影はどうにでも創れる。それだけに影の創り方は難しい!失敗すれば悲しい結果が
待ち受けているし、上手くいけば最高にいい気分。それは微妙であり繊細かつ大胆、
そして深遠でもある。


 楽器の存在への感謝。何だか切っても切れなくなってきたなあ〜!!


             S   H   I   N   T   A   R   O