< シリーズ “想い”  その 69 >

♪   米    食   ♪

【 2006.4.25 】

 松井選手がニューヨークヤンキースに入団して今年で4年目。今年も彼の活躍に期待
するばかりだが、彼がヤンキースに入団して1シーズン目を終えた所で(この年の彼の
活躍は日米の関係者及びファンから見て期待どおりもしくはそれをやや上回る働きぶり
だった!)、シーズンを振り返ってのインタビューの席で食事の質問に、「なるべく‘米’を
食べるようにしています。やっぱ日本人なんで米が一番力が出るんです!」と答えたシー
ンがあった。私の中では、肉よりも米という彼の話にやや戸惑いと驚きに疑問まで付け
てかなりの量の ??? マークが頭の中で点灯したのを今でもよく覚えている。

 疑問好きの私はさっそく次の日から試食に入った。特に朝食,昼食時のパン食を抑え、
ライス中心のメニューに切り替え約1ヶ月。そして疑り深い私は次の1ヶ月間はパン食中
心に戻し、さらにその次の1ヶ月は又ライスといった具合に交互に食べ分け、半年後以降
は2ヶ月サイクルに切り替え更に3ヶ月サイクルまで手を伸ばし今日までいろいろ試して
きた。
 で、ようやく2年ほどの期間によるサンプル収集の結果、どうも松井選手の言ってたこ
とは私には当てはまるようで、米を中心の期間の方が力感があるように思える。

 ヨーロッパやアフリカの人達が肉食でがんがん力をつけ筋肉質で見事なまでの体を作
り、ベースボールに限らず様々なスポーツ界でその身体能力は遺憾なく発揮され、その
姿,印象は我々日本人(東洋人)にとって脅威と言っても過言ではない。 イチロー選手
のように特異的に突出した才能に卓越した技術があればこれはこれで脅威でもあり、私
たちにとっては喜びでもあるのだが、松井選手は(才能はもちろんあるんだが)典型的な
努力家だ。体はメジャーに行ったとたんに一まわり大きくなり、筋肉質も厚みを増した。
これも彼の言う食事からの体作りで、今では確かにあのバカでかいメジャーの選手たち
の中でも見劣りしない。まあ、私たちミュージシャンはスポーツ選手とは少し違うのだが、
私の2年間ではあるがこのデータは多少の役に立つのではないかと。そこで、どなたか
同じように試してみて2年後にその結果を聞かせてくれるとそれはかなりのモノになって
くると思われるんだが、どなたかどうですか、たメシ食い!(い、いけない、やってしまった
!)  (エヘン!)これは別にダイエットではないので苦痛は伴わないし、健康的な話だと
思うんですが。

 大昔にこのコーナーで、硬いパンが脳に刺激を与えるんではないかという話をしてるん
ですが、もしかして米食は健康面,体調面,精神面においていずれも優れているので、硬
いパンをかじるより効果的な可能性があるかもしれないとの推測感が芽生えてくる。どの
みちもう少し時間が経たないことには何も分かって来ないんだけど。


 ここ50年、人類の歴史は特に物質面で急速な変化を向かえているけれど、体内のDNA
は50年ではそうそう簡単には変わらないし、やっぱり体に合った,DNAに添った考え方は
外せないんじゃないだろうか。後はこれで体に合った音楽がやれるようになればもう言うこ
とはないんだが、そ、そっ、そこがぁ〜〜〜 ・ ・ ・ ・ ・ 。



                                   新   太   郎