< シリーズ “想い”  その 7>

♪  ここ一番  ♪
【 2000.8.29 】

 ここという時、ここという日 例えばレコ−ディングの日とかコンサ−トでのフィュ−チャリングの時間とか,こんな時こそ普段でありたい!
よくよく思い返してみると何もない時の自分の中での時の流れ方は実にスム−スなのだ。でも,ここ一番何かと思ったが最後,力は入るは,流れは悪いは。
 これって要するに時の過ごし方の問題で,強い思いが発生すると,血管の中に突起物(例えばできもののようなもの)が現れ血液の流れがおかしくなるのと同じように,時の流れというのはやっぱりスム−
スにいつも流れているのがもっとも健康的で,その時の周りとの状況,状態もやっぱりいい。
レコ−ディングに向かって体調を整えてとかこの曲でこれをやってやろうとか,変に準備をしたり,準備が整い過ぎたりすると結果はいつもよくない,もしくは,まあよしとするかみたいな所で終わってしまうケ−スがあまりにも多いのだ。
遠い先の思い(夢のようなもの)は大変いいことだが,目の前の思いはあまり強く持たない方がいいんじゃないか,そんな気がしてきた。 だからここ一番の・・・とかこの日の,あの日の・・・とか思うんじゃなくて普段通りその日,その瞬間を向かえ,その場面に接してその時を過ごしていければいいなぁ,と最近思っているんだけど,どうなんだろう?                                

                                         新 太 郎