< シリーズ “想い”  その 68 >

♪ドカン、バシャン、・ ・ ・  ベキッ・ ・ ・ ,○×□▲?=%# ・ ・ ・ ・ ・,
    パープーパープーパープー・ ・ ・  ,ファッ○ ユー! ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ♪

【 2006.3.22 】
 24時間いつだって騒音 と もめごと の絶えない街ニューヨークにも、遅い春がようや
く訪れた。

 いつものように近隣(ネイバー)のもめごとの罵声で起こされ、しかたなくシャワーを浴
び、パンにミルクにベーコンエッグにフルーツを一品という西洋社会ではごくありきたな
朝食をたいらげる。 部屋の中は昨日のライブから帰ってきたそのままの有り様で、し
ぶしぶだらだらと片付けをし始め、ザクッとあらゴミ程度の掃除を済ませ今日の予定を
確認する。外はすっかり昼下がり。天気もいいし買い物がてら散歩に出掛け、街の空
気をたっぷり吸い込み、公園やストリートでのミュージシャンや大道芸人達に小銭を投
げ込み、陽が傾きかけた頃アパートへと足を向ける。 隣人のスパニッシュやアフリカ
ンに挨拶を済ませ部屋に戻ると、ベースが「やぁ〜!」と語りかけて来る。

 「O.K.ベイビー 〜、 今日もブルースからいくよ!!  ♪  〜 ♪ 〜 ♪ 〜 」



(約25年前のニューヨーク実生活より)
                             S H I N T A R O