< シリーズ “想い”  その 67 >

♪音  楽  的  視  点♪

【 2006.2.25 】
 一瞬ちらっと思えただけの話をするのは大変恐縮なんですが、長年思っていた <
音楽的レベルが浅いはずの子供達の歌声は何故あんなに気持ち良く耳に入ってきて、
レベル的にかなり深い(高い)はずの巨匠の不調時の音は今一ピンと来ないのはなぜ
?> という勘案事項のメカニズムが少しだけ垣間見えたような気がするんです。
 これは初心者の人がぎこちないにもかかわらず精一杯のプレイをしていると好感が
持て、ベテランが流暢にさらりとプレイしてもさほど素晴らしさを感じないような状態の
時のことと同じ現象で、もう一発付け加えるなら、5年前の自分自身の音楽への造形
の深さがある程度にもかかわらず割といいプレイの録音が残されていたとして、今現
在は5年前に比べて明らかに視点がより深く,より高度なプレイをやっているにもかか
わらず若干の油断(油断をするつもりなど毛頭ないのだが)でプレイすると、やはりさっ
ぱりいい感じになって来ないのと同じ話。

 この現象は要するにそのプレイヤーの音楽観の視点の深さに沿ったプレイが出来る
かどうかが問題で、それが出来た時はいい感じで出来ない時は今一つの感じになる(
当たり前のことだが)。 もし仮りに現時点の深さよりさらにプレイ中に僅かでもより深い
ポイントで音楽をやれた時には、自分自身も共演者も聴衆も、その場にいる全員が驚き
と感動を覚えるほどの時を過ごすことになるだろう!もしかすると歴史的名盤はこんな状
況下で出来てしまうのかもしれない。(長嶋茂雄氏の天覧試合でのサヨナラホームランも
当時の長嶋選手の技量を超えた所での出来事だったのかもしれない。驚きのメカニズム
とはそういうものではないかと思われるのだ。ちょっと例えが古いですが)
 逆に現時点での深さに対してほんの少しでも浅めのアプローチをしようものならトタン
に Swing感 もなくなり盛り下がる一方になってしまう。要はプレイヤーは音楽的視点
の深さにマッチしたプレイをしない限り、Swing もしなければいい感じにもならないのだ。
だから音楽的に知識・経験の少ない子供達でもその時点での音楽的視点のポイントで
歌ったり演奏したりすると、それは大変好感の持てる状態になる! しかも子供の場合、
いつ聞いても好感触だ! これは、子供はいつでも手抜きなしで目いっぱい集中して音
楽に接しているからで、だからいつもいい感じでいわゆる Swing している状態になると
いう訳だ。
 ぶっちゃけ、音楽的視点が深くなれば深くなるほど手抜きなしの目いっぱいの集中力
を保つことはより大変になってくる。深い音を出し且ついい感じの状態というのは相当量
のエネルギーを必要とするし決して簡単ではない。

 音楽は年齢・キャリアに関係なく感動を与えられるチャンスがある。 裏を返せば、たと
えキャリアが抱負でもダメな時はダメで、決していつも優位とは言えないのだ。ただ、巨匠,
ベテランが音楽的視点の深さにマッチしたプレイをした暁には、ただただ絶賛に値する拍
手を送るばかりになるのは、これまでも時折目の当たりにして来た事実ではあるが、Jazz
は即興演奏であるが故にベテランと若手の組み合わせは、ややベテラン有利とは言え殆
んど対等で、それはどんな状況下でもそうであると言える!若手は物おじする必要はない
し、ベテランも若手相手だからといってなめているとイタい目に遇う。

 
 とまあこんな所までのメカニズムがついこの間ほんのチラリと垣間見えた(マジで2秒間
ほどの出来事((ていうか出来心?))です)んだが、だからと言ってすぐさまいい対応法が分
かった訳でもない。(申し訳ないっス!)
 このメカニズムへの対応のノウハウを得るには10年先になるか寿命が先になるかは分
からない。ただ、少々、いや結構、う〜んやっぱかなりかな、先になるのは間違いなさそう
な予感であることは確かかな。

 ということで、今日のまとめ!!  
「音楽は、若手もベテランも巨匠も初心者も皆対等。ただお互いベストを尽くすのみ!」は、
はっきり分かったということですかね。(ちょっと待ってぇ〜、それって結局これまで言われ
てきたことちゃうのぉ〜?)
 とは言え今回の話、私本人がはっきり分かっているほどこれを読んでくれている方々に
とってははっきり言ってよく分からないですよね。  (すびばせんねぇ〜〜〜 ・ ・ ・ ・  )



                                      新 太 郎