< シリーズ “想い”  その 66 >

♪私にとって 40代 は基本の大切さ,大事さを痛感させられた10年間だった♪

【 2006.1.25 】
 今年、いよいよ次なる大台を向かえてしまうのだが、思い起こせばこの10年、色んな
事で上手くいかない原因を探り、考え始め、そして考えれば考えるほど、探れば探るほ
ど、どうあがいても‘基本’のやり直しに行き着いてしまうというハメになってしまった。そ
れまで少し甘く見ていたり、やってきているつもりが実はヤワな代物(技術的な部分)で
あったり、曲の理解の浅さやちょっとしたタイミング,タッチなど言い始めるとキリがない
んだが、どう転んでも行き着く先は大元の基本の見直しにたどり着いてしまう。 結局、
一からやり直しをやらざるを得ないことにやむを得ず自己了承し、なんと地味で地道な
日々が始まったことか!

 30代は色々なものに触れ、色々なものに気付き、片っ端からガツガツ挑戦しダメ元でも
おかまいなしの10年間だった。ついでに言えば、20代はそれこそ楽器を始めたのが20
才になる少し前だったこともあって何が何だか何もわからない、ただ‘若い’だけの10年
間。何が大事なのかもわからない,何が好きなのかもわからない,何が面白そうなのかも
当然わからない。奏法も我流で始めたので26才の時にNYでレッスンを受けるまでは全く
楽器のことも分かっていなかった。今から思えばよくあれでギャラを頂いていたなと少し恥
ずかしくなるくらいだ。
 そんな20代の下地経験から、何からでもいいとにかく自分で色々と実体験をと始めたの
が30代。メロディーとコード進行の関係,コードチェンジ,作曲,アレンジ,タイムやリズム
に関すること,奏法の技術面,アンサンブルワークの色々など、思い付いた順番で試し,考
え,反復し,改良を加えてやっていき、良しっ!と思って40代に乗り込んでいったのだが、
こともあろうにようやくという時に‘何たるか’がちらちらと分かり始め、結局は基本に後戻り
という始末!

 40代は甘くなかったなあ〜。何が甘くなかったって、20代は全く周りは気付かない,30
代は気付いてはいるが気にはしない,しかし40代になると周りを無視する訳にはいかなく
なってくる。恐ろしいまでの周りの視線に戸惑いとプレッシャーを感じてしまい、何よりも思
いも寄らないとてつもなくでかいハードルがやって来てしまった。

                          ☆

 今後も恐らく基本をやっていくのは避けられないだろうが、これから訪れる次なる10年は
一体どんな10年になるんだろう。不安でもありワクワクでもあるのは言うまでもないが、一つ
希望を言わせてもらうとすれば、やっぱり思いがけない,思いも寄らない何かに出くわすこ
とかな。想像も付かないような想定外が訪れそこで立ち往生するハメになってしまうのか、は
たまた幸運にもそれを乗り越えることが出来るのか、もうバクチ系のノリだけど、またそれを
待ち望もうとしているのだからバカというかマニアックというかどうも40代で味を占めてしまっ
たのかもとつくづく思ってしまう、あれだけ痛感している基本がまだまだだというのに。

 もう確実に残りの方が少ない人生。次の10年をたっぷり楽しめるように、今度流れ星を
見た時にはお願いしとかなくっちゃ!!

  When I wish upon a star 〜 ♪



            S   H   I   N   T   A   R   O