< シリーズ “想い”  その 65 >

♪     懸   念     ♪

【 2005.12.26 】
「 メロディーを学ぶこと 」 それはミュージシャンにとって最も重要な項目だ!

 メロディーからは、オーケストレイションを知り,リズムを知り,ハートを知り,表現手段
の糸口を知り,そしてムード(空気感)を知ることが出来る。

 曲集をひも解き、ある曲を何度かさらってみると、それだけで数多くのことを学び取る
ことが出来る! が、しか〜し、 、 、 Jazz 独特のリズム,表現手段の糸口,ムード(空
気感)は曲集からでは限界があるのだ。 そこで登場するのがこれまで長い年月世界各
地で録音されて来た音源達だ。 特にアメリカの1930年代後半〜70年の間に録音さ
れた音源(レコード)は良質で、そこには巨匠,巨人の足跡がふんだんに残されている。
名盤と言われるものでも数百枚、優良な作品となると数千枚に及ぶ膨大な量だ。それら
を耳にするとそれはもう考えられないほどの量と種類(リズム,表現手段の糸口,空気
感)が収録されている!

 しかし、近年 CD の登場で我々プレイヤーはそれらの過去の重要な音源から多くを
学び取るチャンスをはく奪されている。 理由は曲集から得るのが非常に困難な Jazz
のリズムのニュアンスと表現手段の糸口の手掛かりという二大重要項目のギッシリと満
載された「空気感」が、レコードにはくまなく収録されているが CD では殆んどカットされ
てしまっているということだ! ぶっちゃけ、今のCDのクオリティーが百倍アップしても恐
らくそれはまだ半分以下の解決にしかならないだろう。
 レコードでは肉付きのいいリッチな音がほぼ損なわれることなく聞き取ることが出来る
が、同じ作品でもCDになると骸骨とまでは言わないが、肉を削ぎ落とし、妙にスリムな
音しか聞こえてこない。これは大多数の方々の意見が一致する所! しかし、我々の世
代も含めてだが次世代のプレイヤーの殆んどはCDからの学習ということになってしまい、
肉付きの部分 すなわち「空気感」の中に大量に存在するリズムのニュアンス,表現手段
の糸口,Jazz Feeling 等が非常に学び取りにくくなってきてしまっている。

 クラッシックやジャズの生音重視の音楽はこの肉付き部分の「空気感」は命綱と言って
も過言ではない。過去の巨匠,巨人が残した偉大な財産を無にすることなく、更に発展し
た音楽を創造していく為にも絶対不可欠なこの空気感! しかし、今の音源(CD)にはほ
んの僅かしか混入されていない。これでは最終目標であるメロディー感を出すまでに膨大
な時間を費やさなくてはいけなくなり、果たして50〜60年でやれるのだろうか? 人間の
寿命の方が短いことになってしまい多くのミュージシャンが志し半ばにしてという結果でし
かなくなってしまう。近年メロディープレイヤーがめっきり減ってきたのも CD の普及という
理由は否めない、と思えてくる。


 つい先だって7〜8年ぶりになるだろうか、家で久々にレコード(マイルスのカインド・オブ
・ブルー)を聞いた時にこんな大きなショックが走った。

        「 なんだ こりゃ!  この空気感!!  ヤバイ! 
         すっかり見落としていたよ〜〜〜!!! 」 
                           

                 S  H  I  N  T  A  R  O