“ 想い ”  <その63>
         
                            2005.10.25

                         ♪  服装 ♪
 かれこれ20数年前、NYから帰ってきて 1〜2年 経った頃の20代後半、その頃御
ひいきというかよくライブに来てくれて応援してくれていた O氏(彼は繊維関係の会社
の社長さん)に、「ささやかで申し訳ない、うちの会社の品物ですが プレゼント です。
受け取って下さい!」と紙包みを頂いた。早速目の前で バリバリ と紙包みを破いて見
た所、一着のブラウス系のシャツが入っていて、秋口だったのでそれを踏まえてか、色
はブラウン系で、タテのラインが少し入ったこざっぱりした感じのものだった。

 NYから帰ってきてからのステージ衣装と言えば、夏はよれよれの T シャツにジーパ
ン,冬はよれよれのワークシャツに同じくジーパン。まあ世間のノリがそうだったとは言
え今から考えるとそれはそれは不衛生で貧乏臭い出で立ち。(マジで貧乏でしたが・・・)
それを見かねたのだと思う、O氏がファッショナブルなシャツをプレゼントしてくれて、で
も当時持っていたジーパンとは全然と言っていいほど合わないシロモノだったので、カミ
さんと早速見合うパンツにシューズを見繕いに出掛け、一日掛けてようやく Get し、た
ぶん(O氏が)来るであろう日に パシッ と キメ てライブハウスに登場した所、お店の
オーナー,スタッフそれに仲間であるプレイヤー、みんな揃って「何 それっ!!」と言わ
れ、正直ひるんで落ち込んでしまった。でも少し経ってオーナーが「新太郎さん、どした
の? ・ ・ ・ ・ ・ でも、なかなかいいじゃない!」とフォローなのかマジなのか言ってくれ
て、これがきっかけで「ステージ衣装」というジャンルに ハマ ることになってしまった。

 演奏を始めるといつもと同じメンバーなのにどこかこっちの気分が違って、妙にさわや
かで音の聞こえ方もいつもと違う感じ(たぶん錯覚)で、おまけに思ったとおり O氏 が奥
さん同伴で来てくれて、休憩に入った所で、「いい感じでコーディネイトしてくれましたネ!
!」と、お言葉を頂戴しかなり浮かれてしまった。
 この文面を作成していると当時が思い出されいっぱい蘇ってくる(ぶっちゃけ、今、くす
くす笑ってます)が、不思議な物で味を占めたのか、それ以降以前のような  よれよれ&
ジーパン は少なくとも仕事では着れなくなってしまった。

 人それぞれ個人差はあるのは当たり前の事なんだが、衣装でサウンドを少しばかり後
押ししてくれる、この僅かながらの ヘルプ にあれから20数年経った今もすがってやって
る自分に、つい先だって プッ と吹き出してしまったという超個人的な話であいすいませ
ん!



「服に助けられるってぇ〜? そんなやつ おらへんやろう〜! チッ  チキ  チ――!!」



                                       新 太 郎