<シリーズ “ 想い ”  その62>

      ♪
もっとも多かった質問にお答えしますが、果たしてこれが
        正解かどうかは分かりません。 ただ、30年の経験から
        導き出した一つの方法ではないかと思われるので、‘投
        げ掛ける’ということで一発発言することにしてみました。
        質問の内容は「リズムはどう勉強すればいいのですか?」
 
        
                      
                                              2005.9.26

             日本人にとってリズムは難問中の難問! これまで多くの先輩方や後輩達を見て
            来て、どう見ても殆んどの人がてこずっている。

             色々と理由は考えられる。日本古来からの和風のタテのりのリズムはまず避けた
            い。でもってこの国に海を越えて伝わって来ているのは大きく分けて、まずなんと言っ
            ても黒人のプレイヤー達による粘りの効いたドライブ感溢れるスウィング感を感じさ
            せられるリズム。それと白人のプレイヤーを中心とするクラシカルな多少伸び縮みが
            加わったやや軽めのスウィング感のリズムの2種類だ。 私自身もそうだったし日本
            の多くのプレイヤーの殆んどがそうであるように、まずこの2種類のタイプのリズムを
            どう理解しておけばいいのか?これに何よりも時間を費やしてしまう。人によっては
            30〜40年、短い人でも10〜15年は自分の中で治めるのにかかっているように見
            受けられる。

             当たり前の事だが黒人のタイプのリズムは非常に魅力的だ。単純にかっこよく且つ
            スウィングする! しかし、ビル・・エバンスを始めとする白人プレイヤーでも‘見逃せ
            ない’ミュージシャンが多く排出している歴史上の事実から、自分はどちらのタイプを
            学べばいいのか、と、つい考えてしまう。残念ながらここで悩まない人はよほどの学習
            不足かはたまた100年に一人の大天才くらいなもので、恐らく皆この項目は避けら
            れないはず、多かれ少なかれ。

             リズムはどう学べばいいのか? これほどでかい難問は他にない。Jazz がクラッ
            シック音楽と決定的に違うのは、スウィングしているリズムの中での即興演奏だとい
            うこと。この‘スウィング’を学ぶのにとにかく道は長い!! とてもじゃないが一言で
            は済まされないし、一つや二つの練習方法で済む訳もない。

             まず言える事は、楽器のコントロールをかなりの所までグレードアップする必要が
            あるということだ。 具体的に言えば、‘芯’のある音色作りと音の立ち上がりの発音
            の正確さを身につけなければ次には進めない。これを習得するだけでも何年も掛か
            る。ボーカルも含めて弦楽器,管楽器,打楽器、いずれも変わらず大変な作業だ。
 
             クラッシック界は10代後半〜20代にコンクールで選ばれデビューはしていくものの
            一人前になるには20〜40年を費やし平均的に還暦前後になると聞くが、近年Jazz
            界も完全にその方向に向かいつつある。先ほど言った技術を身につけ、更に自己
            のスタイルまでとなると20〜40年かかっても何ら不思議ではない。レコード会社に
            ピックアップされデビューしてくる10代後半のプレイヤーはいるが、残念ながら彼らは
            一人前からはほど遠い。

             さて、話を戻さないと。先ほど述べた技術の習得が出来たら次に始まるのが日本
            人にとってはとっても恥ずかしい感触を強いられる行為をすることだと思うのだが、
            身につけた音色と発音を思いっ切り自分の思うポイントで試してみること。実はこれ
            が結構キツイ!!(精神的に) 何故なら殆んどの人がトンチンカンなリズムの状態
            になってしまうからだ。でも、だからと言って直ぐに諦めてはいけない。逆にここまで
            来ればもうしめたものなのだから。
             小型の録音機材でいいからその思い切って出した音を録って聞けばいい。その時
            必ず遅れていたり,走っていたり,ぐらぐらだったりしているので、ここで自身の長所・
            短所を知り、自分の好みと思われる方向に修正していけばいいだけのこと! この
            作業は一旦へたくそになってしまう期間が訪れるのでどうもしり込みしてしまいやり
            づらいのだが、そこを勇気を出して前向きにトライすればここでの修正は音色作りと
            発音の正確さを身につけることに比べればかなりの短期間で済む。

             大きく分けて2種類のリズムの話をしたが、実際には南米系,アフリカ系,インド系,
            アジア系といくらでもリズムの種類は存在する。が、共通して言える事は深い部分で
            全て‘共通した’パルス(ビート)があるということだ。このパルスに気付きさえすれば
            後は 黒 だろうが 白 だろうが 茶 だろうが 黄 だろうが関係ない。自然に自分の趣味
            と本能で治まっていくポイントが見つかり、そこでの音楽表現が可能になり、スタイル
            の確立につながり、それこそ楽しみを持って人生を歩んで行けると思う。と言いたい
            所だが、一度は出来てもその頃には既に体力的には間違いなく下降線に入ってしま
            っているので、折角覚え,見つけたポイントを逃さない為にも、ここら辺りで体力作り
            又は維持を敢行しなくてはいけなくなるのがこれまたダメ押しのムチ!
             でも、ここまでやれればきっと末永くやれると思う。また、長年に渡ってプレイ出来る
            喜びという味わいもやって来ることだしちょっとばかりキツくて辛いけど、やっぱやって
            おいた方がいい!

             とまあ、ぐだぐだ言ってきたがこれ以外の方法でリズムをゲットするやり方があるなら
            教えて頂きたい。(マジで心から)
             とにかく音色作りと発音,次に勇気を持って音を出し,それを修正していく,この作業
            (プラス exercise )が一番確かかな。


             この世界に入ってまもなく30年近くになるが中々前には進まない。でも、こうなったら
            逆に少しずつでも前進感のあるのが楽しみになって来て、この辺りは天才のプレイヤー
            にはない喜びかも。       



            S H I N T A R O