<シリーズ “ 想い ”  その61>

      ♪
  理 想 的 な バ ン ド 作 り   
 
        
                      
                                              2005.8.26

          昔の Jazz Men、特にフロント(ホーンプレイヤー)は、たとえそれが仕事であったと
         してもメンバー(リズムセクション)に何も言わずに始め、それに対応してくる 又は し
         てくるであろう仲間を求めセッション(仕事であっても実質はセッション)に明け暮れてい
         た。

          1940年代はそんなジャムセッションの血気盛んな時代で、ミュージシャンはこの新し
         いタイプの音楽の模索の為にある種、客が楽しんでいようがいよまいが、お構いなしに
         プレイし仕事をこなしていた。
          当時のホーンプレイヤーの多くはメンバーに曲名は言わない,Key も言わない,テン
         ポも言わない、で、それもぎっしり詰まったオーディエンスの前で唐突に始め、次から
         次へと同じ調子でステージを進めるもんだから共演者は探り探りの連続で、ピアノも
         ベースもドラムスも確信が持てないままにプレイし続け、恐らくそれはもうかなり耐え難
         いサウンドになっていたに違いない。 ところが、そんなホーンプレイヤーがこのメン
         バーでやろうと心に決め、ぶっつけ本番で始めたバンドの多くが一ヶ月程度が過ぎた
         辺りから がぜん 噛み合いスウィングし始めると聞く。

          ジャズミュージシャンにとって言葉での要求が全くない所に自身の判断のみでプレイ
         し、そしてアンサンブルを共築していくのは 最高の喜び!! 恐らくそこにはリーダー
         でさえ予期せぬ方向でサウンドが成立したケースは少なくないと思う。そんな状態で出
        来上がっていく、何より自然発生的な状態は最も理想的なバンド作りと言えるのだ。

         ルイ・アームストロング,エリントン楽団,パーカー,ディジィー,マイルス,MJQ,コー
        ルマン・ホーキンス,ソニー・ロリンズ,ブラウン&ローチ,カウント・ベイシー,ビル・エバ
        ンス など、歴史上に輝く彼らのサウンドの全てはこんな小さなジャムセッションの一歩か
        らスタートし、自然な成り行きと磨きに磨き抜かれた結果、時代を超え長く人々の心に
        留まる作品を残している。
         例えばだが、マイルスの4部作の中の一曲でピアノのレッド・ガーランドがバラードの
        イントロを弾き始めるのだが、マイルスがすぐさま口笛を鳴らしそのイントロを制止し
        「ブロックコードで!」の一言でガーランドが再度イントロを瞬時に Set し直すのだが、こ
        れがまた堪らない優れもののイントロで、更にそれに答えてマイルスがこれまた絶妙な
        タッチでメロディーを奏でていくこの有名なシーンは、僅かながら言葉は交わすもののそ
        れまでのお互い多くを語らないという基本的な習慣基盤があるからこそ、あのようなたっ
        た一言で心に染み渡る空間を生み出し、Jazz という音楽が見事に成立していく素晴らし
        い瞬間をほとばらせ、この時クラッシックやその他のジャンルの音楽には絶対にない、
        打ち合わせなしのアートが誕生することになる!

                                 ☆

         今年で引退を表明しているテナーサックスの巨匠ソニー・ロリンズは自己のグループ
        のメンバーを選んでいく際に必ずオーディションを行うのだが、近年でさえも最初に話を
        した1940年代のスタイルそのままに、ローリン(ソニー・ロリンズのニックネーム)が構
        わず吹きまくり、ついて来るプレイヤーが見つかるまで次々にテストし、対応してくるプ
        レイヤーもしくは少々の時間が掛かってでも対応しようとしてくるプレイヤーを雇ってい
        くという、言わば伝統的な手法をやり続けてきている。
         リズムセクションにとって何も知らされないで対応するなんてことはそうそう出来るもん
        ではないが、そこを出来るようになるまで勉強し努力することで、‘対応’が出来るように
        なれば今度はリーダーであるフロントプレイヤーがそのメンバーからインスパイヤーされ、
        更にサウンドは変化をし輝きを発し始める。   
           <やっぱ、Jazz Band はこのやり方でないと何も始まらな〜〜い!!> 
         ただしこの時、フロントプレイヤーがメンバーからのインスパイヤーを受け入れず、拒否
        又はメンバーに対して否定的な態度を取るようでは、絶対にいい音楽,いいバンドは誕生
        しない。ここが Jazz のいい所でサイドメンの判断がリーダーを上回る事はしばしば見受け
        られる。


         ただ残念な話、近年の事実として世界的にこの手のやり方は殆んど影を潜めている。私
        自身こういう所にJazz界の非活性化の原因の一端を感じられずにはいられないんだが、
        言葉なしのやり取りというのはほんとに大変でハンパな努力では成し得ない!!  だから
        めっきり減ってしまったんだろうが、大事なやり方,基本的なやり方は、もう黒人がとか白人
        がかとは言ってられない時代に入って来ているんだし、この音楽を手掛ける以上、全人種
        でしっかり受け継いでいかないと! しかし、問題なのは‘影を潜めている’理由で、1940
        年代の頃は一ヶ月,一年単位で周り(オーディエンスやクラブのオーナーなど)がじっくり見
        守ってくれていたのに比べ、現在ではバンドが出来てくるまで少なくともオーディエンスは待っ
        てはくれない。ここが何と言っても大ネック!! 我々プレイヤーにとってオーディエンスの前
        でプレイすることは真剣勝負の場そのもので母なる海のようなもの。地球上から海が無くな
        ると生まれてくるものは極端に限りが出てくるであろう、だからこそそんな‘海’があればと
        思うのだが、何か海に代わるものを探さなければならないんだろうか?考え始めるとキリが
        ない。 ただ、今回‘理想的’と唄うということ自体、実は実現がかなり困難ということの裏返
        し。
         あ〜、困ったもんだ〜〜〜、・ ・ ・ ・ ・  。



                 S  H  I  N  T  A  R  O