<シリーズ “ 想い ”  その59>

      ♪
  自  力  発  見   
 
        
                      
                                              2005.6.26

             一つのサウンド,一つの技術を自力で発見できた瞬間、これほど嬉しいものはな
           い! コピーをしてやっと音が取れた時や、師匠もしくは先輩から、これまで触れた
           ことのないやり方を教わったりした瞬間もかなり喜びはデカいが、‘自力’は何者に
          も勝る! 結局、よくもまあ30年近くも飽きもせずに続けてられるのは、こういう事
          がたまにではあるがチラチラと訪れるのが主悪の原因かもしれない。

            ここまでくると何てことないちっぽけな寄せ集めが今の自分を作っているのも分かっ
          てきていることだし、他のミュージシャンや、恐らく他の分野のアーティストも全員、小さ
          なパーツの集合体なんだろうから、たとえちっぽけでも一個見つかるのはたまらない
          喜びと収穫になるのは当然のことなんだろう。が、それにしても年をとってもこの発見
          の瞬間の喜びのボルテージが若い時から ずっ― と変わらないのが、また、たまらな
          い!! 人に話せるほどの事でもない、それほどちっぽけなことでも喜びの大きさは
          今も昔も変わらないのだ。

           ただ、ここで最近のやつを一つと言われても、残念ながら他人には意味がないこと
          も多々あるし、説明も不可能な事が殆んどなんでその話は控えるが、このちっぽけで
          も‘自力発見’で何故か満面の笑みがつい出てしまった人、かなり多いんじゃないです
          か?(今これを読んでくれてる人で心当たりのある方、バラしませんからその場で ハイ !
          っと手を上げましょう!!) これが例え過去の誰かがすでに発見していたことだとし
          ても‘自力’でとなるとやっぱり喜びが立ち上がってくる。

           自分だけに有効な発見,特定の少人数にのみ有効な発見,たまたま大多数の人に
          有効な発見,色々あるだろうが、どんなタイプの発見でも自力である限りそれは最高!!!

           自力発見  バ ン ザ 〜 イ !!
           I wish you come up soon 自力発見!!


                                                 S h i n t a r o