< シリーズ “想い”  その 6>

♪  拍手  ♪
【 2000.7.28 】

もう半年ほど前の話で大変恐縮なんだけど、今でも印象深いので書くことにしました。
 ある専門学校の発表会での演奏で行ったんだけど、その会場になったホ−ルで、我々の演奏の前に、先生の一人が「拍手の仕方」を教えますのでやってみて下さい、と会場に座っている生徒達に向かって話をし始め、
    「もっと細かく早くたたいて!」 「もっと」 「もっと」 「もっと!!」
 舞台の上でその拍手を聞いていると、雑で荒削りな拍手が、瞬く間にサイババが出すビブウティの粉のようなパウダ−状のとても心温まる響きに変わっていったのです。
「そう、そんな感じが拍手です。拍手にも色々あるということを知っていって下さいネ。 では素敵なライブを聴きましょう!」 先生の締めの言葉はとても感動的だった。
 拍手一つ 日本人の心の表現というより表現する方法、手段そのものの扱い方を知らないのだなぁと、自分も含めて痛感した瞬間でした!

根岸先生どうもありがとうございました。
                                

                                         新 太 郎  

P.S. 気持ちよくやらせて頂きその上半年遅れのお礼、誠に申し訳けありません。(根岸先生へ)