<シリーズ “ 想い ”  その58>

      ♪
  (勢い余ってつい)  J .C. そのB   
 
        
                      
                                              2005.5.27

            こんなにもジョンのことを紹介するつもりはなかったのだが、つい手が滑ってしまい
         口火を切ると止まらなくなってしまった。

          前回、ベースラインの話の途中で中断してしまったが、優れもののベースラインは
         あくまでベースプレイヤーとしの優秀な所の一部分ではあるが、彼の何がスゴイかと
         言うと、歴史を塗り替えたベースラインを更に超える‘アレンジメント’がこれまたとん
         でもない!!
          昔、1990年だったと思うが、アメリカンフットボールの最終戦、いわゆるスーパー
         ボールでのオープニングセレモニーで歌手のホイットニー・ヒューストンがアメリカ国
         歌を唄った時の事だ。それはもう胸の中が スッー と最高に気持ち良くなるかのごと
         く、彼女の歌声が耳に入ってきたその時に、フィールド内で伴奏をやっていた総勢
         100人以上になるだろうか、ブラスバンド,マーチングバンド,ストリングスセクション
         の奏でるサウンドとそのアレンジメントの素晴らしさに度肝を抜かれすっかり耳を奪
         われたのだ!!今でもあの時の感動的な気持ち良さは忘れられないし、やっぱりア
         メリカには凄いアレンジャーがいるんだなあ〜と改めて痛感した記憶があるが、この
         時のアレンジャーがなんと、ジョン・クレイトンだったというのを知ったのがあの2年前
         のライブ。
          ただでさえ、ナタリー・コールや最近ではダイアナ・クラールなど、超一流アーティスト
         のアレンジメントを数多く手掛けてきているのは知っていたが、1990年のスーパー
         ボールが彼の手によるものだと知った時、もう私の中では彼の存在が抱えきれなくな
         り、ただでさえベースラインでビックリ仰天なのに更なる驚きで、スーパーベーシストで
         スーパーアレンジャーという前代未聞の人物を目の当たりに、もう言葉では全く説明
         のつかない状況になったのを今でも鮮明に覚えている。

          彼のアレンジャーとしての素晴らしい所は、Jazz のビッグバンドのアレンジは勿論、
         ストリングスを入れた品格のある作品もお見事に書ける所だ。ビッグバンドのアレン
         ジはカウント・ベイシーのお墨付き! ストリングスのセンスは彼が5年間クラッシック
         のオーケストラのコントラバスの主席をやっていたというこれまた信じられないような
         キャリアの持ち主から来るもの!
          これまでのアレンジャーの多くはビッグバンドかストリングスのどちらかにセンスが
         あるという人ばかりで、両方を合わせた人などこれまでのアレンジャー史上誰も出現
         していなかった。そこにJ.C.が現れた!先ほども触れたが、ビッグバンドとストリング
         スを同時に合わせたアレンジは抜群で、特にたまらないのがストリングスのJazzy な
         アレンジ!! 白人のアレンジャーでストリングスをうまく書ける人はこれまで何人も
         出てきているが、やはり基盤がクラッシックなのでどうしても Jazzy な響きにならない
         のだが、ジョンは違う! なもんで、リズムセクションとの噛み合いも良く、スウィング
         するんだなあ、これが!!

          ベースラインと同様に、彼のアレンジメントはベイシー,エリントンの王道はもとより、
         ギル・エバンスのような鬼才派のアレンジャーも外すことなく、更にベースラインの話
         の時に少し触れた三段の分数コードのサウンドをアレンジメントにもふんだんに取り
         入れている。恐らく三段コードを匂わせるベースラインのセンスはこのアレンジメント
         から来ているのだろうが、前回にも言ったように三段コードの扱いは半端ではいかな
         い! 14万種類にも及ぶ三段コードの全てを把握しているとは思えないが、気に入
         った三段コードはかなりの数に登ると思われる。

          と、まあ、くだくだと並べてしまったが、まだまだ色々あって、でもこれ以上は収集が
         着かなくなるのでこの辺りで納めるが、こんな話を思い出しながら彼の作品または彼
         が参加しているCD(レコード)を聞いて頂ければ私の一押しの感じも分かって頂ける
         んじゃないかと思います。
 
              これにて、シリーズ “ジョン・クレイトン”、おしま〜〜〜い!!!



                            S  H  I  N  T  A  R  O