<シリーズ “ 想い ”  その57>

          ♪
   J .C. そのA   
 
        
                      
                                              2005.4.28

            J.C.(ジョン・クレイトン)の具体的に素晴らしい所を言い始めるとかなり多く、書き
          切れるものでもないので私が思う代表的な所をいくつか上げてみたい。

            まず、ベースプレイヤーの命綱でもあるベースライン。彼のベースラインはポール・
          チェンバースやレイ・ブラウンから継承されるスタイルで一見大変オーソドックスなんだ
          が、ポール・チェンバースがマイルスバンドで即興の中でのバンド全体のバランスを見
         事なまでに見い出したBass音(低域音)の一音一音の正確さがまずお見事なまでに
         素晴らしい!!
          チェンバースのベースラインはJazz界の大革命の一つでもあるが、それを完全に理
         解すること自体がまず大変で、ジョンの出現までに一人も到達しなかったという歴史上
         の事実がこれを物語っている。ジョンはこのベースラインの再現を可能にしたばかりで
         なく、一見オーソドックスに見えるベースラインの中に時々、ハッとすような一音が交じ
         ってくるのだが、これがまた絶品の一音で、歴史を尊重しながらも古臭くなく、どこかモ
         ダンな響き,フィーリングをバンド内に提供するという神業のようなベースラインのスタ
         イルを作り上げたことだ。

          ポール・チェンバース以降、ベースラインに変化をもたらしたプレイヤーとしては、ス
         コット・ラファロ,ジャコ・パストリアスらが一味違った境地を表現したが、あくまでチェン
         バースに面と向かって対抗心を持って望んだ結果のラインであるのに比べ、ジョンのラ
         インはあのチェンバースを取り込んでしまい更に、ラファロやパストリアスのユニークな
         発想をも踏まえた上での更なる新しいテイストの積み上げに成功している所が何よりも
         私にとっては興味深い! 
          具体的に一つ(これも言い始めるといっぱいあるので一つにとどめます)言うと、コード
         のルート音を弾く時に通常テンションノートの辺りまでイメージして音を出していくのだが、
         ジョンの場合通常のテンションノートは元より、時折三段の分数コードのイメージをしっか
         り持ってのアプローチをしてくる。言葉で言うと「何だ〜、そうか」で済むように思えるが、
         三段の分数コードはメジャートライアードだけで、12(一番下の分母)×11(真ん中の段)
         ×10(一番上の分子にあたる段)=1320種類もあるのだ! これに更にマイナートラ
         イアードの方も合わせてとなると、え〜と、12(分母)×11(真ん中の段のメジャートライ
         アード)×11(真ん中の段のマイナートライアード)×10(分子のメジャートライアード)×
         10(分子のマイナートライアード)= でいいのかなあ、わ〜〜もう分かんないや〜、数
         学の得意な人、教えて下さい〜!! ま、この式で よし とした場合で、なんと145200
         種類!!!!????
          こんな膨大な数の三段コードを扱いにかかるのは殆んど自殺行為。何故なら音楽は
         一度音を出してしまうともう消せないから、出してしまった後でその話の続きはよほどの
         ノウハウがないと大ひっくり返り大会に即入ってしまう。でもジョンの三段コードのイメー
         ジの連続は大変的確で、曲中でのバランスは元より、黒人でリズムもいいし、前回少し
         紹介したように人間も素晴らしいし、歴史的背景を感じる重厚感に、類い稀な頭脳と温
         かいハートから来る実に心地いいモダンな響きは私にとってはもうたまりません!!

          あぁ〜、ベースラインの話だけでまだまだ終われないというのに、これが沢山ある中の
         一つの更に一部なんだから何という事だ〜。 まあ、それくらいスゴイ人ということなんだ
         ろうなあ。 ええい〜、今日はこの辺にしといたろっ!!

          つ    づ    く

                              S h i n t a r o