<シリーズ “ 想い ”  その56>

          ♪
   J .C.   
 
        
                      
                                              2005.3.28

            あれから2年余りが経ってしまったが、ジョン・クレイトンを目の当たりにしたあの時の
          ショッキングは今でも非常に鮮明に脳裏に焼き付いている! あれ以来、事あるごとに
          彼のパーフォーマンスを追っかけているが、彼ほど基本に忠実で学習熱心で研究熱心
          なベースプレイヤーは中々いない。ピアノのハンク・ジョーンズにその姿勢は似ている所
          があると思うが(できればこの二人のデュオを聞いてみたい!!)、音楽性,人間性,
          楽器を扱うノウハウに色々な楽器を操るアレンジメントなど、どれを取っても全てがスー
          パーで、しかも彼の方向性が将来の Jazz のあり方の選択肢の一つにもなってきてい
          るこの状況がまた素晴らしい!!

           Jazzの世界は1950年代や60年代の頃のような大きな流れというものはもう中々
          あり得ない。これからは本当に優れた個人の能力が活躍していく時代になってくると
          思う。決して勝手な振る舞いはせず、協調性と独立性の相反する性質を見事に融合し、
          巧みなバランス感覚で和と個性を申し分なく両方を更に強調するかのようなサウンド
          メイク。これまで数多く見受けられてきた、リーダー中心のバンドカラーとは違い、相手
          を生かし、自分も生きるというバランスセンス。ジョン・クレイトンはこれらが顕著に表れ
          ているプレイヤーの一人と言っていいだろう。彼のような姿勢で多くのプレイヤーが
          Jazzのパーフォーマンスをやればいったいどれほど気持ちのいい音になるのか、想像
          しただけでも身震いするほどだが、このようなプレイヤーになるにはそれはそれは大変
          な学習意欲と研究意欲が長年に渡ってひたすら積み重ねられないと現実味を帯びてこ
          ない。 例えばだが、20代で楽器を知り,30代で音の仕組みを知り,40代で人間性に
          磨きを掛け,ようやく50代で到来といった具合で、一口30年の下積みは当たり前。そ
          んな感覚が世間一般に広がり浸透すれば大変結構なことなんだが、こうなるとJazz
          Menの一生はまるでセミの生涯と同様に長い年月、日の目を見ない所で下積みをし、
          短い年月で自由に飛びまわるということになる。20世紀ではJazz Menのことを Cats
          と称していたが、この21世紀では Cicada(セミ) と言われるようになるかもしれない。

           話は少しそれてしまったが、新太郎一(イチ)押しのベースプレイヤー&アレンジャー、
          John Clayton を少しばかり紹介してみました。


                      S  H  I  N  T  A  R  O