<シリーズ “ 想い ”  その55>

          ♪
   比  例   
 
        
                      
                                              2005.2.25

            Jazz の上達法のもっとも確かでもっとも早いのが、Session。 一回一回を「何故
          ?」という疑問で埋め尽くし、Session が終わったら次のSession までその「何故?
          」についてもんもんと考え,試し,トレーニングを積み重ねる。そしてまた次のSession
          でも同様に「何故?」を看板に掲げて演奏に望む。 こんなような姿勢で一回一回の
          Session を経験していくのが一番!
           そこで、<お言葉>
               ― Session を共にしてくれる player は自分の鏡と思え! ―
          そうすれば自分の姿がどうなっているのかが次第に分かってくる、良い所,悪い所。
          ぶっちゃけ仕事になると自分を100%さらけ出すのはほぼ不可能。どうしても回りの
          バランスやステージ上での流れを優先させざるを得ないのが現状。だが、Sessionは
          そうではない。ほぼ100%試す事が出来る。そして、この‘試し’が共演者にどのように
          影響を及ぼし、どうこちらに跳ね返ってくるのかを観る。これが重要なんだが、このよう
          な Session を数多く経験するのが Jazz の上達の一番いい方法(今の所)。そこで
          得られた自分に不足しているもの,自分に必要かもしれないこと、などetc を個人練習
          の中で試行錯誤し、そしてその技術の為の反復練習をやっていけばいい。
 
           これまで多くの方々を見て来て、おおよそだがプレイヤーの技量は Session 回数
          にほぼ比例しているように思える。 ザァ― とだが1000回未満は初級、1000〜
          3000回は中級、3000〜5000回は上級、5000回以上は達人。まあ適当と言えば
          適当な数字なんだが、大ざっぱに言ってこれ位の仕分けが成立しそうな気がする。一
          回というのは一日と言ってもいいかもしれない。一回につき約 5〜10 曲前後かな、あ
          まり細かな数字を並べても意味をなさないのは承知の上だが、1000回という数字は
          年間200回のSessionを想定して約5年。5000回以上は約25年になるんだが、
          じゃ〜25年やってりゃ〜みんな達人かと言うとそうではない! 初めに言ったように
          一回一回の Session の内容度がそこで問題となってくるのだ。だから数だけではなく
          内容を伴った数(経験)にどうやら比例してくるというお話。

           ふとこんなことを思ってるうちに「何故?」黒人のプレイヤーは若くして優れたプレイ
          ヤーが沢山出てくるのだろうと思って、この回数の話に当てはめてみた。
           日本のプレイヤーの年間200回は週に4回程度のSessionという仮定なんだが、
          これまで何人かの黒人プレイヤーと話をしてきて、その多くが10歳前後に楽器をいじ
          り始め、12〜13歳から友達とのSessionが始まり、朝から晩まで親が止めに入る
          までやってるそうで、学校が終わったらそれこそ晩メシを挟んで寝るまでやるとのこと。
          そうすると一日に20曲前後、へたをすると30曲分ほどの経験を7daysほぼ毎日、
          High Schoolを卒業する頃までやることになる。となると、年間300回と安く見積もっ
          ても(なんだか関西人みたいな喋り口)、一日が日本人のプレイヤーの少なくとも2倍
          量(曲数)になっているので、2回(一日分)×300回(年間)×7年(12〜18歳として)
          で、なんと4200回! 日本のプレイヤーが20〜25年かけて経験する回数を既に
          20歳前に経験済みということになる。(合点!!)まあ、皆が皆やり続けるとは思えな
          いが、そこにプラス黒人であるというリズム感の天性が加わるんだから当然優秀な人
          材が多く排出してもなんら不思議ではないことになる。

           話はかなりそれてしまったが、一回一回を丁寧に疑問(「何故?」)を持ちながら経験
          していく、やっぱ Jazz はこれが一番かな、と思う。後は色々な人との出会い,仲間・
          師匠・応援してくれる人を大切にやっていけば、Jazz Men の人生は結構ええ人生でぇ
          っせぇ〜、いやほんま!!(いきなり関西人になりよりましたが)。ただ、稼ぎは ・ ・ ・ 、
          比例して来ないんだあ〜、これが ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・。  残念っ〜!!!


                                              新    太    郎