<シリーズ “ 想い ”  その54>

     ♪
   ミ  ク  ロ   と  マ  ク  ロ   
 
        
                      
                                              2005.1.28

            一番きついのが、ひどいPA屋さんと仕事をこなさないといけないい時。

           二番目に辛いのが、聴衆がやたら騒がしい時、又はその逆で聴衆があまり Jazz
           を知らず 、ずっ〜〜と、し〜〜んと静まりかえっている時。

           三番目に悲しいのが、ひどいチューニングのピアノで演奏しなければならない時。

           四番目に残念なのが、どうやっても音が交じらない音場(おんば)の時。

           これは殆んど関係ないが、しいて言えば五番目。ただやっぱり盛り下がるのが、
           全くスウィングしない player と演奏する時。

           六番目はおまけだが、突発的なアクシデントに見舞われた時。



           楽器って針の穴を通す、いや現在ではそれ以上の精度の高い技術を追求しなけれ
          ばいけない反面、上記のような場面に対応できるだけの大胆さ,大まかさ、もしくは
          ひとくくりにできるマインドコントロールが player には要求される。

           この ミクロとマクロ の両方をバランスよく保ちながら演奏できれば言う事はないん
          だが、世の大法則である‘無常’からすると二度と同じシーンはないので常に対応し切
          れるのは不可能なんだが、残念ながらこれも悪びれず随時の対応策の試行錯誤を怠
          ってはいけないんだな。なんだか禅問答のようで、その昔コルトレーンが信仰色の強い
          Jazz を展開していたのもどこかうなずけるような気がするが。

           アートって全て同じことなんだろうが、これまでの歴史に登場してきた技術,道具,
          シーンなど、知りうる全てを取り込み,消化し、自身のセンスと閃きでコーディネイトして
          いくのがまずは目指す所。できればそこから更に新しい技術,道具をあみ出し、新しい
          シーンを開拓できれば、それは願ったり叶ったりの値打ちあるアートになるだろう。が、
          こんな事は少々長年やってくればかなりの人はこの事に気付き,考え始めるのは当然
          でありごく自然な姿。問題は Jazz が爆発的に進展していた50年前と今とでは、知りう
          る技術,道具,シーンの数があまりにも膨大になり過ぎて、取り込むにも消化するにも
          とにかく時間がかかるということだ。かと言って少し取り込みを減らし気味にしようもの
          ならトタンにペラペラの音楽にしかなってこないのがすぐさま見えてくる。となると知りう
          る全てとなるのだが、冒頭のようなシーンを代表とする様々な Situation への対応を
          踏まえつつの技術の向上はかなり大変!!!

           最先端技術の世界の話で、分子→原子→ニュートリノと限りなく小さなものが解れば
          解るほど、限りなく大きな全貌が見えてくるというのを聞くが、この頭脳集団の方々の話
          をとりあえず信じて進んで行くしかないのかなあやっぱり、・ ・ ・ ・ ・ ・ 。


           新   太   郎